1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. せん妄のスタンダードケアQ&A100>
  4. せん妄が発症するとき,身体に何が起こっているのですか?

2019年12月29日

せん妄が発症するとき,身体に何が起こっているのですか?

『せん妄のスタンダードケア Q&A100』より転載。
今回は、せん妄発症時の身体状況について解説します。

せん妄が発症するとき,身体に何が起こっているのですか?

せん妄が発症する際は,身体の中で薬剤による影響や内分泌の代謝異常,低酸素血流障害など,生理学的な変動が起きていることが多くみられます.
また,感染などの炎症反応による神経伝達物質の代謝異常もみられます.

〈目次〉

せん妄発症時は生理学的な変動がみられる

せん妄を発症する患者さんの身体の中では,薬剤の影響のほか,内分泌の代謝異常,低酸素,脳血流障害など,生理学的な変動がよくみられます.

その背景には,加齢や疾患の影響による予備能の低下が挙げられます.腎機能や肝機能も含め,予備能の低下により,電解質の異常,血糖の変動,体温の変動,睡眠薬の投与などが,たとえわずかであったとしても,その変化に対して補正する力が低下しているため,生理学的な変動が脳に大きな影響を及ぼし,意識の変容をきたすことになります.

 

炎症反応もせん妄発症の原因と考えられる

また,感染,骨折や受傷,あるいは手術後の創傷治癒といった過程で発生する炎症反応により,神経伝達物質の代謝が変化することが報告されています1, 2)

そのような神経伝達物質の代謝異常が,意識の混濁や,過剰な興奮の原因ともなります.

 

薬剤による影響でせん妄が発症することもある

薬剤による神経伝達物質への影響では,抑制系のGABA(γアミノ酪酸)が減ってバランスが崩れ,興奮性のドパミンの作用が強くなる状態がつくり出されます.

 


[文献]

  • 1)van der Mast RC et al:Is delirium after cardiac surgery related to plasma amino acids and physical condition? J Neuropsychiatry Clin Neurosci 12(1): 57-63, 2000
  • 2)van der Mast RC et al:Serotonin and amino acids : partners in delirium pathophysiology? Semin Clin Neuropsychiatry 5(2) : 125-131, 2000

[Profile]
綿貫 成明 (わたぬき しげあき)
国立看護大学校

*所属は掲載時のものです。


本記事は株式会社南江堂の提供により掲載しています。

[出典]『“どうすればよいか?”に答える せん妄のスタンダードケア Q&A100』(編集)酒井郁子、渡邉博幸/2014年3月刊行

“どうすればよいか?”に答える せん妄のスタンダードケア Q&A100

著作権について

この連載

  • なぜ抗コリン作用薬でせん妄が生じやすいのか [01/12up]

    『せん妄のスタンダードケア Q&A100』より転載。 今回は、抗コリン作用薬でせん妄が生じやすい理由について解説します。 〈目次〉 アセチルコリン合成の阻害でドパミンの作用が強まる 大脳基底核のコリン作動性ニ... [ 記事を読む ]

  • せん妄が発症するとき,脳で何が起こっているのですか? [01/05up]

    『せん妄のスタンダードケア Q&A100』より転載。 今回は、せん妄発症時の脳の状態について解説します。 せん妄が発症するとき,脳で何が起こっているのですか? 大脳辺縁系が過剰に興奮すると,不安や緊張が高ま... [ 記事を読む ]

  • せん妄が発症するとき,身体に何が起こっているのですか? [12/29up]

    『せん妄のスタンダードケア Q&A100』より転載。 今回は、せん妄発症時の身体状況について解説します。 せん妄が発症するとき,身体に何が起こっているのですか? せん妄が発症する際は,身体の中で薬剤による影...

  • せん妄はどのようなメカニズムで発症するのですか? [12/22up]

    『せん妄のスタンダードケア Q&A100』より転載。 今回は、せん妄の発症メカニズムについて解説します。 せん妄はどのようなメカニズムで発症するのですか? 準備因子,誘発因子,直接因子が複数重なり合い,脳の... [ 記事を読む ]

  • せん妄の準備因子−直接因子モデル [12/15up]

    『せん妄のスタンダードケア Q&A100』より転載。 今回は、せん妄の準備因子−直接因子モデルについて解説します。 せん妄の準備因子−直接因子モデル せん妄の発症は,患者さんがもともともつ脆弱性や予備能などの「準備因子... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

患者さんから“深い話”を打ち明けられたとき…。あなたならどう受け止める?

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(12) [ 記事を読む ]

点滴静脈内注射が血管外に漏れたら、どうなるの?

どんな症状が起こるか、どう対応すればよいか解説!観察ポイントがひと目でわかるイラストも紹介! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院でお正月にちなんだ特別なことをした?

投票数:
1479
実施期間:
2020年01月03日 2020年01月24日

2020年の抱負教えて!

投票数:
1371
実施期間:
2020年01月07日 2020年01月28日

インフルエンザにかかったら、有休?欠勤?

投票数:
1293
実施期間:
2020年01月10日 2020年01月31日

あなたの病院で成功した画期的な「働き方改革」はある?

投票数:
1220
実施期間:
2020年01月12日 2020年02月02日

実録!? 私はこう太った!!!!

投票数:
1187
実施期間:
2020年01月14日 2020年02月04日

チェックしてる「勉強垢」ってある?

投票数:
756
実施期間:
2020年01月17日 2020年02月07日

あなたが作り出した「自分史上最低の料理」は?

投票数:
646
実施期間:
2020年01月21日 2020年02月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者434

◆精神科の問題◆精神障害に対する薬物療法に使用される薬剤の説明として、適切でないものはどれでしょうか?

  • 1.抗うつ薬は内服開始後、効果発現までに1~2週間を要する。
  • 2.抗不安薬であるエチゾラムは、長時間型であり半減期は12~24時間程度である。
  • 3.クロルプロマジン塩酸塩は、フェノチアジン系の抗精神病薬である。
  • 4.睡眠薬は超短時間型・短時間型・中時間型・長時間型に分けられる。
今日のクイズに挑戦!