1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95>
  4. 回腸導管の観察ポイントは?|尿路ストーマの術後ケア

2019年08月31日

回腸導管の観察ポイントは?|尿路ストーマの術後ケア

『ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95』より転載。
今回は、回腸導管の観察ポイントについて解説します。

回腸導管の観察ポイントは?

回腸導管造設術では,両側の腎機能が正常である場合は2 本のカテーテルが挿入されています.カテーテルの閉塞はないか,両側から確実に排尿があるかを観察します.
ストーマの観察は消化管のストーマと同様の観察点となります.尿路ストーマに特徴的なこととして腸管からの粘液による尿混濁,カテーテルの汚染,カテーテルの閉塞の可能性があり,注意が必要です.

〈目次〉

解説

1カテーテルの観察・管理

術後挿入されているカテーテルは,多くの施設では左右の区別をつけるために先端のカットの形を変えています.たとえば右カテーテルを直角にカットし,左カテーテルは斜めにカットするというようにしています(図1).

図1左右カテーテル先端

左右カテーテル先端

 

これによって,閉塞があるとき左右どちらかを判断することができます.観察は,二品系であれば採尿袋をはずし,ウインドウつき単品系であればウインドウを開けて行います.左右それぞれのカテーテル先端からの排尿を確認します.術直後からしばらくは,腸粘液によりカテーテルが汚染されやすくなっています.粘液でカテーテル先端が閉塞されていないかの注意が必要です.

装具交換時に注意することは,面板を除去するとき,カテーテルが抜去されないよう慎重に行う必要があることです.片手でカテーテルを保持しながら,ゆっくり愛護的に除去します.

 

2ストーマ壊死,脱落

ストーマ粘膜は腸管を利用しますので,術後は浮腫の状態,粘膜の色調,粘膜損傷の有無を観察します.術直後から術後2~3日の早期では,腸管の血流不良によるストーマ壊死,脱落の徴候に注意して観察します.とくに基礎疾患の有無により,リスクの判断がある程度可能となりますので,糖尿病動脈閉塞などあらかじめリスクが高いと思われる患者は,より観察を密にするなど,ケースに応じてアセスメントします.

ストーマの壊死は,粘膜色調が黒く変色しますので,発見した場合はすみやかに医師に報告します(図2).

図2血流不良となった回腸導管

血流不良となった回腸導管

 

脱落の場合も,まず粘膜の色調が赤から茶色~黒色へ変化していきます.この場合もすみやかに医師に報告します.皮膚表面に突出している部分の粘膜のみが壊死に陥り,皮下レベルでの粘膜組織は正常である場合もあります.この場合は採血管などを静かにストーマに挿入し,ライトで照らすと内部の色調を観察することができますが,すでに壊死に陥っている場合や,粘膜に十分な血流が維持されていない場合などは,逆に損傷の要因となることもありますので,まず医師へ報告することを勧めます.

回腸導管の場合は,小腸を利用していますので,尿に混入して腸粘膜の残骸や粘液が排出されます.浮遊物の混入した尿となりますので,それによるカテーテルの閉塞やドレナージ不全に注意が必要です.

 

ここに注意!回腸導管術後のカテーテル

回腸導管術後に挿入されているカテーテルは,左右尿管吻合部にそれぞれ挿入され,重要な役割を担っています.しかし左右の区別をつけるためのカットの方法は,右がまっすぐで左が斜めなど,全国で統一されているわけではありません.同施設ではほぼ統一されていることが多いと思いますが,「えっ」と思うようなことも時にあります.
他施設から転勤で来た医師の場合は,注意して確認しておかないと,「えっ,逆?」ということもあり得ます.何事も確認が必要ですね.


[参考文献]

  • 1)日本ET/WOC協会編.ストーマケア エキスパートの実践と技術.照林社,2007.
  • 2)新島端夫監修.北川龍一ほか編.標準泌尿器科学.第3 版.医学書院,1989.
  • 3)ストーマリハビリテーション講習会実行委員会編.ストーマリハビリテーション 実践と理論.金原出版,2006.
  • 4)海田真治子.尿路ストーマの特徴と術後ケアのポイント.泌尿器ケア.16(4),2011,328─31.

[Profile]
日野岡蘭子 ひのおか・らんこ
旭川医科大学病院看護部看護師長/皮膚・排泄ケア認定看護師

<医学監修>
岩田達也 いわた・たつや
旭川医科大学腎泌尿器外科学講座講師

柿崎秀宏 かきざき・ひでひろ
旭川医科大学腎泌尿器外科学講座教授

*所属は掲載時のものです。


本記事は株式会社メディカ出版の提供により掲載しています。

[出典]『ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95 病棟での困りごとがこれで解決!』(編著)菅井亜由美/2013年4月刊行

ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95 病棟での困りごとがこれで解決!

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

  • おむつの処方箋 [02/15up]

    『WOC Nursing』2015年12月号<快適な排尿を取り戻す~おしっこのケア・最前線~>より抜粋。 おむつの処方箋について解説します。   Point おむつ使用における利点と問題点を知る 排... [ 記事を読む ]

  • 浣腸は無菌操作でなくてもよいのはなぜ? [10/08up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は浣腸に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   浣腸は無菌操作でなくてもよいのはなぜ? 健康人の大腸内には、腸内細菌叢により細菌が... [ 記事を読む ]

  • 尿失禁が起こるのはなぜ? [08/27up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は尿失禁に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   尿失禁が起こるのはなぜ? 加齢などによる尿道括約筋の機能低下、神経障害、過活動性... [ 記事を読む ]

  • ベッドからトイレへの移動|排泄ケア [06/27up]

    『WOC』2015年12月号<快適な排尿を取り戻す~おしっこのケア・最前線~>より抜粋。 ベッドからトイレへの移動について解説します。 Point 患者本人の思いを知り,安全・安楽な排泄援助を行うことの大... [ 記事を読む ]

  • 下痢はなぜ起こるの? [10/24up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 便の成分・排便のメカニズム 今回は「下痢」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   下痢はなぜ起きるの? ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

同期との関係~新人ナース~|マンガ・病院珍百景

友達?ライバル?仲間?…同期との距離感ってどのくらい? [ 記事を読む ]

SaO2低下でも酸素濃度を上げてはいけないのは、どんなとき?

振戦、痙攣など中枢神経障害が起こることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

payサービス使ってる?

投票数:
1847
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1383
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1270
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1145
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
1058
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

あなたの職場ならではの「隠語」ってある?

投票数:
91
実施期間:
2019年09月20日 2019年10月11日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
770
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5892

以下のうち、抗がん剤と放射線治療とを併用する化学放射線療法で期待される効果はどれでしょうか?

  • 1.放射線が当たらない部位にある病巣の制御
  • 2.制吐作用
  • 3.抗がん剤の血中濃度の上昇
  • 4.抗腫瘍性サイトカインの増加
今日のクイズに挑戦!