1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護に生かす検査マニュアル>
  4. 妊婦血糖検査(妊娠糖尿病の管理)|産婦人科の検査

2019年02月01日

妊婦血糖検査(妊娠糖尿病の管理)|産婦人科の検査

『看護に生かす検査マニュアル』より転載。
今回は、妊婦血糖検査について解説します。

高木 康
昭和大学医学部教授

 

〈目次〉

妊婦血糖検査とはどんな検査か

  • 妊娠糖尿病とは、妊娠中にはじめて発見される糖代謝異常である。
  • 妊娠前から糖尿病と診断されている場合や妊娠中に“明らかな糖尿病”と診断された場合は含まれない。
  • 妊婦の7~9%は妊娠糖尿病と診断され、最近増加傾向である。
  • 妊娠糖尿病は今回の妊娠中にいろいろな合併症を起こすばかりでなく、母親や胎児の将来の糖尿病、メタボリック症候群の発症に関係する。
  • 糖尿病と同様に、随時血糖、75gブドウ糖負荷試験、HbA1cなどを検査する。

 

妊婦血糖検査の目的

  • 妊娠中に糖尿病を診断して、母体と胎児への影響を最小限に食い止める。
  • 肥満、糖尿病の家族歴のある者、高齢者妊娠、巨大児出産既往のある者はハイリスクである。

 

妊婦血糖検査の実際

  • 随時血糖:フッ化ナトリウム入り採血管に採血して、血漿を用いて血糖を測定する。
  • 産後6~12週後にブドウ糖負荷試験:空腹時に採血して負荷前、ブドウ糖75gを溶かした溶液を飲み、負荷30、60、120分後に採血して血糖値を測定する。

 

妊婦血糖検査前後の看護の手順

  • 妊娠糖尿病では胎児が巨大となったり、心筋症、発育遅延、奇形を合併することを説明する。
  • 妊娠中の食事、運動、生活習慣の改善、厳密な血糖コントロールを指導する。これにより、妊娠合併症や将来の糖尿病発症を予防する。
  • 妊娠糖尿病の新生児は生後すぐに低血糖や呼吸困難になりやすいことを説明する。

 

妊婦血糖検査において注意すべきこと

  • 妊娠早期に随時血糖を測定して、高値の場合にはブドウ糖負荷試験を行うばかりでなく、妊娠中期にもう一度スクリーニング検査を行う。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 看護に生かす検査マニュアル 第2版』 (編著)高木康/2015年3月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • マンモグラフィ(乳房撮影)|産婦人科の検査 [02/20up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、マンモグラフィについて解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 マンモグラフィとはどんな検査か マンモグラフィの目的 マンモ... [ 記事を読む ]

  • 骨盤部MRI|産婦人科の検査 [02/06up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、骨盤部MRI検査について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 骨盤部MRI検査とはどんな検査か 骨盤部MRI検査の目的 ... [ 記事を読む ]

  • 妊婦血糖検査(妊娠糖尿病の管理)|産婦人科の検査 [02/01up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、妊婦血糖検査について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 妊婦血糖検査とはどんな検査か 妊婦血糖検査の目的 妊婦血糖検査...

  • 血液検査2( LH-RH負荷試験、TRH負荷試験)|産婦人科の検査 [01/18up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、血液検査( LH-RH負荷試験、TRH負荷試験)について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 血液検査( LH-RH負荷試験、T... [ 記事を読む ]

  • 血液検査1(脳下垂体、卵巣ホルモン基礎測定)|産婦人科の検査 [12/28up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、血液検査(脳下垂体、卵巣ホルモン基礎測定)について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 血液検査(脳下垂体、卵巣ホルモン基礎測定... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

爪切りで傷害罪になる!?

場合によっては看護師が刑事責任を問われることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1236
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1222
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
1112
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
1049
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日

あなたの推しスイーツがあるコンビニは?

投票数:
947
実施期間:
2019年08月20日 2019年09月10日

苦手な看護技術、克服したことある?

投票数:
349
実施期間:
2019年08月23日 2019年09月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者79

64歳の男性患者さん 。心不全が再発し、入院することになりました。内服薬の管理・食事の制限ができていないことが問題となっています。独居で支援者はいません。栄養士からの栄養指導を実施しましたが、「1人暮らしで食事なんて作っていられない。3食ちゃんと食べているのだからそれでいいだろう。病院の食事なんて味が薄くて食べられない」と話し、食事療法を取り入れるつもりはない様子です。この患者さんへの看護師の介入方法として、最も優先すべきものでしょうか?

  • 1.医師から食事制限の必要性を説明してもらう。
  • 2.食生活がきちんとできるよう、自炊を心がけるように指導する。
  • 3.今までの生活について話を聞く。
  • 4.減塩の宅配食を勧める。
今日のクイズに挑戦!