1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95>
  4. ストーマ周囲の皮膚トラブルの記録はどのように表現するの?|消化管ストーマの術後ケア

2019年05月10日

ストーマ周囲の皮膚トラブルの記録はどのように表現するの?|消化管ストーマの術後ケア

『ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95』より転載。
今回は、ストーマ周囲の皮膚トラブルの記録について解説します。

ストーマ周囲の皮膚トラブルの記録はどのように表現するの?

ストーマやストーマ周囲皮膚のどの部位にトラブルが発生しているのかを記録する際には,次回トラブルの改善・悪化を評価することができるように,共通する言葉で表現します.

〈目次〉

1 .ストーマ周囲の部位名

「ストーマそのもの」「ストーマ粘膜皮膚接合部」「ストーマ近接部」「皮膚保護剤貼付部」「皮膚保護剤貼付外周部」と表現します(図1 ).

図1ストーマとストーマ周囲皮膚の部位による表現

ストーマとストーマ周囲皮膚の部位による表現

 

① ストーマ粘膜皮膚接合部

腸管粘膜と皮膚を接合している部分を指します.離開や出血がみられることや感染を起こした場合には排膿がみられる場合があります.汚れが残りやすい部分でもあります.

 

② ストーマ近接部

ストーマのすぐ周りの皮膚を指します.排泄物が接触しやすい部分で,発赤やびらんが発生しやすい部位といえます.

 

③ 皮膚保護剤貼付部

皮膚保護剤で覆われる皮膚を指します.皮膚保護剤や剝離刺激の影響を受けやすい部位です.

 

④ 皮膚保護剤貼付外周部

テープやストーマ装具の袋部分が接触する部分です.テープによる接触性皮膚炎や水疱がみられることがあります.また,袋部分の接触により皮膚炎を起こす患者もいます.

 

2 .記録時の方向の表現

方向を表現する際には,患者の正面からストーマを中心に時計の針の方向に例えて,「0時方向」「1時から4時方向」などと表現します.または,ストーマの頭側,尾側という表現も使います(図2).

図2ストーマとストーマ周囲皮膚の方向の表現

ストーマとストーマ周囲皮膚の方向の表現

ストーマを中心に時計の針の方向で表現する.
また,ストーマより頭側を「頭側」,下肢側を「尾側」と表現する.

例:「ストーマ近接部4時から8時方向にびらんがみられる」などと表現します. 言葉での表現だけでは共有しにくい場合には,イラスト(図3)や写真を使用する場合もあります.

図3イラストを用いた方向の表現

イラストを用いた方向の表現

ストーマ周囲の皮膚トラブルをイラストで記録する.

 


[引用・参考文献]

  • 1)宮本和俊.“消化管ストーマの手術と合併症”.小児創傷オストミー失禁管理の実際.溝上祐子ほか編.照林社,2010,23─32.
  • 2)津畑亜紀子.トラブルが起こった時のための指導.消化器外科ナーシング.14(2),2009,178─85.
  • 3)山田陽子.“周術期ケア”.ストーマリハビリテーション 実践と理論.ストーマリハビリテーション講習会実行委員会編.金原出版,2006,166─72.
  • 4)中越亨.“消化管ストーマの種類”.前掲書 3),42─5.
  • 5)日本ストーマリハビリテーション学会編.ストーマリハビリテーション学用語集.第2 版.金原出版,2003.

[Profile]
保刈 伸代 ほかり・のぶよ
東邦大学医療センター大森病院看護部/皮膚・排泄ケア認定看護師

*所属は掲載時のものです。


本記事は株式会社メディカ出版の提供により掲載しています。

[出典]『ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95 病棟での困りごとがこれで解決!』(編著)菅井亜由美/2013年4月刊行

ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95 病棟での困りごとがこれで解決!

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(1)

【水曜連載】父のがん発見をきっかけに、「死」について考えるエッセイマンガ。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

今期のドラマ、何が楽しみ?

投票数:
2393
実施期間:
2019年10月25日 2019年11月15日

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1217
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1128
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
969
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
880
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
410
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者878

◆転倒・転落のアセスメントの問題◆誤嚥性肺炎で入院となった83歳男性。末梢の持続点滴と経鼻での酸素投与中で、ポータブルトイレでの排泄の安静制限があります。入院前のADLは自立していましたが、前立腺肥大のため頻尿で、日中は8回、夜間2回程度の排尿がみられます。この患者さんの転倒・転落のアセスメントの対応として適切なものはどれでしょうか?

  • 1.夜間に十分な睡眠ができるように長時間作用型の睡眠薬を投与する。
  • 2.ベッドから立ち上がる際は、オーバーテーブルにつかまって立ち上がるよう指導する。
  • 3.夜間は一人で動くと危ないので身体抑制を行ってもよいか、本人とご家族に尋ねる。
  • 4.患者さんの排泄パターンを観察し、トイレに誘導する。
今日のクイズに挑戦!