1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護に生かす検査マニュアル>
  4. 腹部CT検査|消化器系の検査

2018年10月10日

腹部CT検査|消化器系の検査

『看護に生かす検査マニュアル』より転載。
今回は、腹部CT検査について解説します。

〈目次〉

腹部CT検査とはどんな検査か

腹部CT検査とはCT装置で腹部を撮影し、腹部病変の検索を行う検査である。

 

腹部CT検査の目的

腹部疾患の診断が目的である。腹痛、イレウスなどの原因検索、肝(図1)、胆、膵、腎、副腎など腹部臓器の腫瘍の存在診断、鑑別診断、病変の広がり診断、また、血尿、尿路結石(図2)など泌尿器疾患の診断、腹部大動脈瘤などの腹部血管病変の診断、悪性腫瘍患者の腹部転移検索、肝硬変患者の肝細胞癌のスクリーニング、手術用のナビゲーション画像の作成など幅広い適応がある。

図1肝ダイナミックCT検査 肝細胞癌(矢印)

肝ダイナミックCT検査 肝細胞癌

造影前の画像で肝右葉に低吸収(黒い)の腫瘤が見られる。動脈相で腫瘤は肝実質よりモザイク状に高吸収(白い)に造影され、門脈相で肝実質より低吸収にwashoutされている。典型的な肝細胞癌の造影パターンを呈している。

図2左腎結石(矢印)

左腎結石

単純CT軸立像で左腎臓の腎杯に一致して石灰化が見られる。造影排泄相の再構成冠状断像で造影剤が尿に排泄され腎盂、腎杯、尿管、膀胱が高吸収(白)に描出されている。MIP画像で腎盂、腎杯、尿管、膀胱が立体的に描出され、左下極の腎杯内に結石がより高吸収の構造物として描出されている。

現在ではCT装置の進歩が著しく、多列の検出器によるマルチスライスCT撮影で広範囲を短時間に撮影でき、ギャップのない撮影が可能で、軸位画像のみでなく、再構成による冠状断像など任意の断層面の作成や、三次元表示、および単純撮影、動脈相、静脈相のfusion画像(重ね合わせ画像、図3)やsubtraction(動脈相から造影前の画像を引き算し造影されている部分のみを表示した画像)も作成できるようになっている。

図3動脈相、門脈相、肝静脈相の血管三次元画像とそれらのFusion画像

動脈相、門脈相、肝静脈相の血管三次元画像とそれらのFusion画像

 

腹部CT検査の実際

CT撮影装置の検査台に患者を寝かせ、ガントリーと呼ばれる穴に検査台をいれて、撮像範囲を検査台を移動させて撮影する。MRIと異なり撮影中検査台は動く。造影検査の場合には血管を確保して自動注入器で造影剤を静注し撮影を行う。ダイナミック検査では、造影前、造影早期、造影後期など連続して数回撮影することもある。

 

腹部CT検査前後の看護の手順

放射線被曝があるので、特に小児や妊婦の場合には適応を慎重に考慮しなければならない。CT検査自体禁忌はほとんどないが、心臓ペースメーカーや埋め込み式除細動器の一部で誤作動を起こす可能性があるので検査前にチェックが必要である。飲水制限は行わない。

CTの造影剤は通常はヨード造影剤を用いる。造影剤を使用する際には造影剤使用の同意書がとられていることを確認する。

 

腹部CT検査において注意すべきこと

ヨード造影剤使用の禁忌(ヨードまたはヨード造影剤に過敏症の既往歴など)、原則禁忌(気管支喘息患者など)、慎重投与患者(腎機能低下患者、アレルギー体質など)であるかないか、造影剤併用注意である薬剤(ビグアナイド系糖尿病薬、β受容体遮断薬など)の服用の有無の問診も行う。検査中、検査終了後もアナフィラキシーや造影剤副作用の出現に対処できるよう十分な準備をしておく。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 看護に生かす検査マニュアル 第2版』(編著)高木康/2016年3月刊行

新訂版 看護に生かす検査マニュアル 第2版

参考文献

著作権について

この連載

  • 腹部CT検査|消化器系の検査 [10/10up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、腹部CT検査について解説します。 〈目次〉 腹部CT検査とはどんな検査か 腹部CT検査の目的 腹部CT検査の実際 腹部CT検査前後の看護の手順 腹...

  • 超音波検査|画像検査 [08/09up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、超音波検査について解説します。 〈目次〉 超音波検査とはどんな検査か 超音波検査の目的 超音波検査の実際 超音波検査前後の看護の手順 超音波検査に... [ 記事を読む ]

  • 主な臨床検査項目の基準値 [02/18up]

    看護師のための検査本『看護に生かす検査マニュアル』より。 今回は、主な臨床検査項目の基準値を一覧で紹介します。   〈目次〉 尿検査 腎機能検査 便検査 髄液検査 生化学検査 ホルモン ... [ 記事を読む ]

  • 心理検査|精神科系の検査 [02/16up]

    看護師のための検査本『看護に生かす検査マニュアル』より。 今回は、心理検査について解説します。   〈目次〉 心理検査とはどんな検査か 心理検査の目的 心理検査の実際 心理検査前後の看護の手順 ... [ 記事を読む ]

  • 記銘力検査|精神科系の検査 [02/12up]

    看護師のための検査本『看護に生かす検査マニュアル』より。 今回は、記銘力検査について解説します。   〈目次〉 記銘力検査とはどんな検査か 記銘力検査の目的 記銘力検査の実際 記銘力検査前後の看... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • エコーガイド下ドレナージ術は緊急処置! 5つの手順を押さえよう [04/19up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、看護師さんに知っておいて欲しい「緊... [ 記事を読む ]

  • 腎盂が拡張しているエコー像 [10/05up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 尿路結石は腎盂拡... [ 記事を読む ]

  • 主膵管拡張は膵癌を疑う異常所見 [01/11up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、「主膵管拡張は膵癌(膵がん)を疑う... [ 記事を読む ]

  • 肝内胆管が拡張しているエコー像 [09/07up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 肝内胆管拡張症は... [ 記事を読む ]

  • FASTで外傷患者の緊急処置の必要性を判断 [10/12up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、「FASTで外傷患者の緊急処置の必... [ 記事を読む ]

いちおし記事

胃カメラで改めて実感 手の力

看護師の「手」にどれだけの患者さんが救われてきたことか…。 [ 記事を読む ]

早期経口摂取の注意点は?

術後の食事開始の時期は、少しずつ早まってきています。気をつけたいことは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

自分ががんになったら…補完代替療法、行いたい?

投票数:
839
実施期間:
2018年10月02日 2018年10月23日

「看護師辞めたい」と「看護師やっててよかった!」どっちを思うことが多い?

投票数:
804
実施期間:
2018年10月05日 2018年10月26日

業務時間内に仕事が終わったけど周りはまだ仕事中…そんな時どうする?

投票数:
754
実施期間:
2018年10月09日 2018年10月30日

細かすぎて伝わらない喜び選手権!

投票数:
345
実施期間:
2018年10月16日 2018年11月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者201

一人暮らしの82歳男性患者さん。糖尿病で血糖下降薬を内服中です。病院より数種類の内服薬が1日3回処方されていますが、定時に内服したかどうか忘れてしまうことが多くなってきています。血糖コントロールに影響するため、主治医から内服管理を主な目的として、訪問看護の依頼がありました。現在は、内服薬の飲み忘れ以外では、大きな問題はなく生活ができています。以下のうち、訪問看護師の内服管理の方法で最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.内服薬の飲み方について手順書を作成し、壁に貼って確認をするように指導した。訪問看護師は、訪問時に患者さんに内服が手順通りにできているかを患者さん本人に聞くようにした。
  • 2.訪問看護師が一包化した処方薬ごとに内服する日にちと曜日を記入し、配薬カレンダーに配薬した。訪問看護師は、訪問時に配薬カレンダーを見て、正しく内服しているか確認した。
  • 3.一包化した処方薬ごとに、患者さん自身で、内服する日にちと曜日を書き入れてもらい、配薬カレンダーに入れるように指導した。訪問看護師は、訪問時に配薬カレンダーを確認して正しく内服しているか確認した。
  • 4.訪問看護師が薬の袋に内服する時間を記入した。患者さん自身でその都度、ヒートのままの数種類の薬を取り出し、内服するように指導した。訪問看護師は、訪問時に残薬数の確認をして正しく内服できているか確認した。
今日のクイズに挑戦!