1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. エキスパートナース>
  4. 乳がん患者の患側での血圧測定・採血、10年以上経過後も避ける?

2018年09月19日

乳がん患者の患側での血圧測定・採血、10年以上経過後も避ける?

『エキスパートナース』2017年3月号<バッチリ回答!頻出疑問Q&A」>より抜粋。
乳がん患者の患側での血圧測定・採血について解説します。

乳がん患者の患側での血圧測定・採血、10年以上経過後も避ける?

腋窩リンパ節郭清を受けている場合は、やはり「血圧測定時の圧迫によるリンパ浮腫」や「採血針による傷からの感染リスク」は残ります。
術後の経過年数にかかわらず、避けることが望ましいでしょう。

〈目次〉

“腋窩リンパ節郭清”を受けたかどうか

乳がん手術後のリンパ浮腫や感染を考えるうえで、“腋窩リンパ節郭清”を受けたかどうかがキーポイントといえます。郭清とは“すべて取る”ことなので、腋窩リンパ節郭清とは“腋の下のリンパ節をすべて取り除く”ことを意味します。

腋窩リンパ節は、リンパ節が分布している範囲により、小胸筋を中心として、外側を「レベルⅠ」、裏側を「レベルⅡ」、内側を「レベルⅢ」と分類します(図1

図1腋窩リンパ節

腋窩リンパ節

 

患側での血圧測定:リンパ浮腫の発症・増悪につながる

腋窩リンパ節の郭清範囲が広いほど、乳がん術後におけるリンパ浮腫の発症リスクは高くなります。また、いずれの郭清レベルの場合においても、リンパ節を郭清した際には、同時に周囲のリンパ管も切断されてしまいます。

よって、リンパ節郭清後はリンパ管の輸送機能が障害されてリンパ液の流れが停滞し、タンパク成分を多く含む組織間液が皮下組織に過剰に溜まり、むくみが生じやすくなります。

さらに、毛細リンパ管は表皮の直下にあるため、外部からの影響を受けやすいです。そのため、血圧測定時のマンシェットによる患側の圧迫は、毛細リンパ管を壊してしまう恐れがあります(図2)。

図2血圧測定がリンパ管に与える影響

血圧測定がリンパ管に与える影響

 

血圧測定がリンパ管に与える影響

(Illustration:Takeshi Terayama)

 

リンパ管の切断に加え、毛細リンパ管を損傷することは、皮下組織の組織間液がさらに吸収されなくなり、リンパ浮腫の発症・増悪の要因となることがあります。

 

患側での採血・注射:免疫機能低下から感染リスクにつながる

また、リンパ節の主な役割の1つに“免疫機能”があります。

リンパ節は、リンパ小節とリンパ洞で構成されています。リンパ小節は、免疫抗体の生産に必要な細胞のリンパ球が集まり、ここで分裂して増殖されます。リンパ洞は、組織細胞からなり、抗体生産と、細菌や老廃物などを濾過して全身に循環するのを防ぐフィルターのような機能をもっています。

しかし腋窩リンパ節郭清の影響によって、これらリンパ節の機能は低下してしまいます。この免疫機能が低下した状態での患側からの採血や注射は、針でできたわずかな傷からでも細菌が侵入してしまい、それが原因で感染を引き起こすこともあります。

 

患側は引き続きいたわる必要がある

残念ながら、手術で郭清されたリンパ節は、元通りに再生することはありません。

リンパ浮腫や感染の発症をできるだけ回避するためにも、腋窩リンパ節郭清後はずっと患側を愛護的にいたわることを心がけましょう。

また、センチネルリンパ節生検の場合も、いくつかのリンパ節を取り出していることから、リンパ浮腫や感染の発症リスクがまったくないとはいえません。そのため、センチネルリンパ節郭清後も同様に適切なケアが必要です1

センチネルリンパ節生検

乳がんがリンパ節転移する際、がん細胞が最初に到達するリンパ節を調べ、転移がなければ腋窩リンパ節の郭清を回避する。

 


[引用文献]

  • 1)増島麻里子 編著:病棟・外来から始めるリンパ浮腫予防指導.医学書院,東京,2012:58.

[Profile]
清水葉子
千葉県済生会習志野病院看護部(乳がん看護認定看護師

*所属は掲載時のものです。


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2017照林社
[出典]エキスパートナース2017年3月号

P.62~64「乳がん患者の患側での血圧測定・採血、10年以上経過後も避ける?」

著作権について

この連載

関連記事

いちおし記事

国試、合否のボーダーラインは?【過去10年データ】

看護師国試お疲れ様でした!この記事で過去のボーダーを確認できます! [ 記事を読む ]

MMTの測定方法

各関節の評価のポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

心電図、得意?苦手?

投票数:
1467
実施期間:
2019年02月05日 2019年02月26日

あなたを救ったこの1曲

投票数:
1312
実施期間:
2019年02月08日 2019年03月01日

今だから言える!国試の「失敗」教えてください

投票数:
1167
実施期間:
2019年02月12日 2019年03月05日

国試合格のためにやった験担ぎは?

投票数:
1144
実施期間:
2019年02月15日 2019年03月08日

国試が終わった日、どう過ごした?

投票数:
994
実施期間:
2019年02月19日 2019年03月12日

手指消毒、1日に何回してる?

投票数:
690
実施期間:
2019年02月22日 2019年03月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者329

60歳女性。子どもたちは独立し、定年を迎えた夫と二人暮らしをしています。犬の散歩中につまずき、股関節の痛みが続いたため、あなたが勤めている整形外科医院を受診しました。幸いにも骨折の所見はなく、自宅へ帰宅することになりました。しかし、整形外科医から骨粗しょう症の指摘を受けていたので、あなたは帰宅後の生活指導を行うことにしました。この患者さんの生活指導として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.骨粗しょう症の危険因子である喫煙や過度の飲酒があるかどうかを確認し、控えるように指導した。
  • 2.骨粗しょう症による骨折の好発部位である指先や足先に注意して生活するように指導した。
  • 3.カルシウム、ビタミンDのほか、リンを多く含む食品をよく摂取するように指導した。
  • 4.運動療法は疲労の原因や関節への負担になるので、室内でのストレッチ程度にするように指導した。
今日のクイズに挑戦!