1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. エキスパートナース>
  4. 輸液中の空気、人体に入ってしまったらどうなるの?|輸液管理

2018年09月12日

輸液中の空気、人体に入ってしまったらどうなるの?|輸液管理

『エキスパートナース』2017年3月号<バッチリ回答!頻出疑問Q&A」>より抜粋。
輸液ルートへの空気の混入について解説します。

輸液中の空気、人体に入ってしまったらどうなるの?

計算上では、輸液ルート内がすべて空気だったとしても、安全限界は超えません。
ただ、患者さんの不安に対応することは重要です。

〈目次〉

輸液ルートへの空気の混入

静脈ルートに空気が混入する場合としては、

  • 輸液バッグを交換するとき
  • ドリップチャンバー内で、空気と輸液が急に混ざって溶けるとき
  • 冷たい輸液が室温に戻るとき
  • 添加物を入れて溶解するために輸液を振って泡立てたりするとき

などがあります。

このなかでも通常は、輸液の温度が変わって、自然に輸液ラインの中に出てくる場合が多いとされています。輸液を作って冷蔵庫に保存しておいてから使用する場合などに、特に注意が必要です。

それでは、輸液ルート内に空気が入った場合、どれくらいまで大丈夫なのでしょうか?

まずは、実際の空気量を計算してみましょう。

輸液ルートの太さは、通常内径2.28mm(=0.228cm)のものが用いられています。

これを計算すると、この太さの輸液ルートの場合には、1cmあたり0.04mL(=0.114cm×0.114cm×3.14)となります。

すなわち、輸液ルートの1cmの長さに空気が入っていると、空気の量としては0.04mLが入っていることになります。したがって、例えばチューブの1~2cmの長さに空気が入っていても、実際の空気量は0.04~0.08mLに過ぎません(図1)。

図1輸液ルートの空気量

輸液ルートの空気量

 

経験上の安全限界は10mLぐらい

ただし、どれだけの量が体内に入ると問題になるのかは、明確なデータはありません。

ただ、これまでに報告された内容を検討すると、10mLぐらいが安全限界ということになると思われます。これ以上の空気が急速に血管内に入ると、肺塞栓という生命にかかわる状態に陥ります。

先に説明したように、輸液ルート1cmあたりの空気の量は0.04mLです。10cmでも0.4mLにすぎません。逆に言うと、10mLになるには、250cmにわたって空気が充満していなければなりません。通常の輸液ラインの長さは120cmです。全長にわたって空気が入っていて、これがすべて体内に入ったとしても、問題は起こらないことになります。

したがって、計算上は、輸液ルート内の空気は、ほとんど問題になりません。ただし、心臓にシャント(右心房と左心房の交通)があれば、脳の血管に空気がひっかかり、脳の空気塞栓、脳梗塞の原因になる危険性があることは知っておいてください。

 

患者さんへの具体的対応は?

そのため、患者さんに輸液ルート内の空気混入を指摘されても、「心臓に問題がない限り、多少の空気が入っても問題はありません」と答えればよいでしょう。

くわしい説明を求められたら、「10mLの空気が安全限界で、このルートであれば、1mぶんが入っても大丈夫です」と答えれば、納得していただけると思われます。

しかし、輸液ルート内に空気が入っている状態というのは、患者さんにとっても心配なものです。実際の対応として、気がつけば、そのつど空気を抜くように心がけることが重要です。

また、中心静脈ルートの場合には、インラインフィルターを組み込んでいれば、エアベントからルート内の空気は抜けて血管内に入らないので、さらに安全です。

 


[Profile]
井上善文
大阪大学国際医工情報センター 栄養ディバイス未来医工学共同研究部門 特任教授

*所属は掲載時のものです。


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2017照林社
[出典]
エキスパートナース2017年3月号
P.50~51「輸液中の空気、人体に入ってしまったらどうなるの?」

著作権について

この連載

  • 環境の消毒って、耐性菌は出ないの?|感染対策 [09/26up]

    『エキスパートナース』2017年3月号<バッチリ回答!頻出疑問Q&A」>より抜粋。 環境の消毒薬に耐性菌が発生する可能性について解説します。 環境の消毒って、耐性菌は出ないの? 実用濃度の消毒薬において、耐... [ 記事を読む ]

  • 乳がん患者の患側での血圧測定・採血、10年以上経過後も避ける? [09/19up]

    『エキスパートナース』2017年3月号<バッチリ回答!頻出疑問Q&A」>より抜粋。 乳がん患者の患側での血圧測定・採血について解説します。 乳がん患者の患側での血圧測定・採血、10年以上経過後も避ける? 腋... [ 記事を読む ]

  • 輸液中の空気、人体に入ってしまったらどうなるの?|輸液管理 [09/12up]

    『エキスパートナース』2017年3月号<バッチリ回答!頻出疑問Q&A」>より抜粋。 輸液ルートへの空気の混入について解説します。 輸液中の空気、人体に入ってしまったらどうなるの? 計算上では、輸液ルート内が...

  • 意識障害のアセスメント、JCSとGCS、どちらが何に向くの? [09/05up]

    『エキスパートナース』2017年3月号<バッチリ回答!頻出疑問Q&A」>より抜粋。 JCSとGCSについて解説します。 意識障害のアセスメント、JCSとGCS、どちらが何に向くの? どちらを使用してもよいの... [ 記事を読む ]

  • 口腔ケアで消毒薬を「使うといい?」「使わないほうがいい?」 [08/29up]

    『エキスパートナース』2017年3月号<バッチリ回答!頻出疑問Q&A」>より抜粋。 口腔ケアにおける消毒薬の効果について解説します。 口腔ケアで消毒薬を「使うといい?」「使わないほうがいい?」 消毒薬の誤嚥... [ 記事を読む ]

関連記事

いちおし記事

新人ナースのインシデント。プリセプターの効果的な対応法は?

秋はインシデント増加の時期。再発を防止できる振り返りとは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

休憩時間とれてる?

投票数:
840
実施期間:
2018年09月11日 2018年10月02日

寿退職したい? したくない?

投票数:
726
実施期間:
2018年09月18日 2018年10月09日

現金100万円、一度で使い切るなら何に使う?

投票数:
432
実施期間:
2018年09月25日 2018年10月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3002

現行の「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(感染症法)に基づいた、感染症とその分類、対応の組み合わせとして、正しいのはどれでしょうか?

  • 1.鳥インフルエンザ(H7N9)-三類感染症-全数届出
  • 2.メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症-五類感染症-全数届出
  • 3.結核-二類感染症-全数届出
  • 4.破傷風-四類感染症-全数届出
今日のクイズに挑戦!