1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 鎮痛・鎮静管理マスター講座>
  4. 術後の鎮痛・鎮静管理の必要性

2018年12月27日

術後の鎮痛・鎮静管理の必要性

『基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座』より転載。
今回は、術後の鎮痛・鎮静管理の必要性について解説します。

術後になぜ鎮痛・鎮静が必要か

1)術後の疼痛

疼痛は原因によって,侵害受容性疼痛と神経因性疼痛に分類され,侵害受容性疼痛はさらに体性痛と内臓痛に分類されます.

表1侵害受容性疼痛と神経因性疼痛

侵害受容性疼痛と神経因性疼痛

 

術後の疼痛では,皮膚や筋層の傷害によって起こる侵害受容性疼痛(体性痛)が最も多く出現します.また,術後の疼痛の原因には,手術などの医療的処置による因子に加え,不安などの精神的因子・環境的因子が考えられます.

 

2)術後の鎮痛の必要性―術後疼痛の身体への悪影響

術後の疼痛は,肺活量や1回換気量を減少させ,咳嗽力の低下につながります.その結果,気道分泌物の喀出が困難となるため,無気肺などの肺合併症につながります.

また,疼痛は体動を制限し,離床の阻害因子(離床の遅れ)となるため,リハビリテーションの遅延・不動化により,肺合併症の発生リスクを高めます.

疼痛は,せん妄や不穏の誘発因子となります.

不十分な鎮痛は,交感神経の興奮をまねき,カテコラミン分泌を亢進させます.これが,さらなる生体侵襲となる一方,発痛物質の生成から疼痛の増強につながります.

図1術後疼痛の身体への悪影響

術後疼痛の身体への悪影響

 

以上のようなことから,術後の適切な鎮痛はとても重要です.

 

3)術後の鎮静と過鎮静の影響

過大侵襲手術後では,呼吸状態・血行動態が安定するまで,人工呼吸管理をすることがあり,鎮静が行われます.

ただし,過鎮静の影響は多数あり,生体にとって害をもたらします.

術後は早期離床によって合併症の予防や回復の促進を図りますが,過鎮静の状態では早期離床が行えません.また,随意的に筋肉の収縮を促すこともできず,ICU-AW(早期離床はなぜ必要か?参照)などの骨格筋萎縮をまねくことになります.

過鎮静の状態では,人工呼吸器関連肺炎誤嚥性肺炎,せん妄の発症のリスクを高めます.

術後の離床援助や患者さんの意志(ニード)を把握するためにも,アセスメントツールを適切に用いて,浅い鎮静管理をすることが重要です.

 

4)術後における鎮痛・鎮静管理のポイント

術後は,鎮痛管理が中心となります.鎮痛管理は,術後の早期回復のために重要であり,ERASプロトコルでもその重要性が示されています.

患者さんの術式や病態に応じて,術後の早期離床が安全かつ効果的に実施できるように,「十分な鎮痛」と「浅い鎮静」を組み合わせて管理することが必要です.

前述のように,術後の疼痛は,創部のみの痛みではありません.神経因性疼痛や同一体位による疼痛,内臓痛などさまざまです.患者さんの痛みに気づき,痛みの種類を適切に評価して対応する必要があります.

ERAS(enhanced recovery after surgery)プロトコル:術後の回復強化を意味し,術後の早期回復につながるとされる手法を総合的に取り入れた,計画的で包括的な周術期管理方法

 


[Profile]
増居 洋介 (ますい ようすけ)
北九州市立医療センター 集中ケア認定看護師

*所属は掲載時のものです。


本記事は株式会社南江堂の提供により掲載しています。

[出典]『基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座~せん妄予防と早期離床のために~』(監修)道又元裕、(編集)剱持雄二/2015年2月刊行

基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座~せん妄予防と早期離床のために~

著作権について

この連載

  • 急性心不全の鎮痛・鎮静管理 [11/15up]

    『基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座』より転載。 今回は、急性心不全の鎮痛・鎮静管理について解説します。 〈目次〉 急性心不全の病態生理 急性心不全の病態生理の鎮痛・鎮静管理の目標 急性心不... [ 記事を読む ]

  • 脳低体温療法の鎮痛・鎮静管理|鎮痛・鎮静管理時に注意すべき看護ケア [02/21up]

    『基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座』より転載。 今回は、脳低体温療法の鎮痛・鎮静管理について解説します。   脳低体温療法の鎮痛・鎮静管理 1)脳低体温療法の目的 脳低体温療法とは,1次性脳損傷(... [ 記事を読む ]

  • 術後の鎮痛・鎮静管理の必要性 [12/27up]

    『基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座』より転載。 今回は、術後の鎮痛・鎮静管理の必要性について解説します。 術後になぜ鎮痛・鎮静が必要か 1)術後の疼痛 疼痛は原因によって,侵害受容性疼痛と神経因性疼痛に...

  • 病態別にとらえた患者の鎮痛・鎮静管理 [11/01up]

    『基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座』より転載。 今回は、病態別にとらえた患者の鎮痛・鎮静管理について解説します。 〈目次〉 侵襲という側面から鎮痛・鎮静の目的を理解する 病態が違っても鎮痛・鎮静管理... [ 記事を読む ]

  • 非人工呼吸管理の患者の鎮痛・鎮静管理 [10/18up]

    『基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座』より転載。 今回は、非人工呼吸管理の患者の鎮痛・鎮静管理について解説します。 〈目次〉 非人工呼吸管理で鎮痛・鎮静が必要な場合 非人工呼吸管理における鎮痛・鎮静管... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

看護師的ナイスフォロー!気が利く同僚たちをご紹介|看護師の本音アンケート

「めちゃくちゃ助かる!ありがとう!」と感激した同僚エピソード。みんなも経験ある? [ 記事を読む ]

PaO2?pH?BE?血液ガス分析でどんなことがわかるの?

各検査データからわかることをサクッとおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
1409
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日

結婚するなら、同じ医療者がいい?それとも、医療者以外がいい?

投票数:
1389
実施期間:
2019年11月22日 2019年12月13日

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1200
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1129
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
997
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
936
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日

好きなイラストレーターはいる?

投票数:
106
実施期間:
2019年12月10日 2019年12月31日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1848

◆摂食・嚥下の問題◆摂食嚥下の5期モデルの説明で誤っているのはどれか?

  • 1.先行期は食べ物を咀嚼し食塊にする時期である。
  • 2.口腔期は食塊を咽頭に送り込む時期である。
  • 3.咽頭期は食塊を嚥下反射により中咽頭から食道入口部に送り込む時期である。
  • 4.食道期は食塊を蠕動運動により胃の噴門部に送り込む時期である。
今日のクイズに挑戦!