1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. せん妄のスタンダードケアQ&A100>
  4. せん妄を誘発しにくい環境づくりとはどのようなものですか?

2019年03月27日

せん妄を誘発しにくい環境づくりとはどのようなものですか?

『せん妄のスタンダードケア Q&A100』より転載。
今回は、せん妄を誘発しにくい環境づくりについて解説します。

せん妄を誘発しにくい環境づくりとはどのようなものですか?

せん妄を誘発しやすい環境要因として,過剰な刺激,刺激の遮断,不慣れな環境などがあります.
せん妄を予防するためには,これらの要因を知り,軽減するような環境づくりをしていくことが求められます.

〈目次〉

せん妄を誘発しやすい環境要因

せん妄を誘発しやすい環境要因には,過剰な刺激,刺激の遮断,不慣れな環境などがあります(表1).

表1せん妄を誘発しやすい環境要因と具体例

せん妄を誘発しやすい環境要因と具体例

 

せん妄の準備因子,直接因子に加えて,誘発因子の1つとして環境要因が加わることで,患者さんはますます環境に適応できなくなりせん妄を発症してしまいます.

環境要因は,ほかの誘発因子(心理・社会的要因など)とも関連しており,これらの因子を総合的にアセスメントして,予防的に改善していくことが求められます.

 

せん妄を誘発しにくい環境づくり

せん妄を誘発しやすい環境要因(表1)を知ったうえで,「周囲の状況を理解しやすい環境」「過剰な刺激の回避」「良質な睡眠の確保」「安心できる環境」「生活機能の維持」といった観点で療養的な環境づくりをしていくことで,せん妄の発症・程度の軽減を図ります(表2).

表2せん妄を誘発しにくい環境づくり

せん妄を誘発しにくい環境づくり

 


[文献]

  • 1)綿貫成明:せん妄,老年症候群別看護ケア関連図&ケアプロトコル(金川克子監修),p.168-185,中央法規出版,2008
  • 2)酒井郁子ほか:高齢者生活リズムを整えるためのケア.高齢者の生活機能再獲得のためのケアプロトコール—連携と協働のために(中島紀惠子,石垣和子監修),p.29-69,日本看護協会出版会,2010
  • 3)Sendelback S, Guthrie P : Evidence-based Practice Guideline : Acute Confusion/Delirium, The University of IOWA Gerontological Nursing Research Center : Research Translation and Dissemination Core, 2009
  • 4)Tullmann D et al : Delirium. Evidence-based Geriatric Nursing Protocols for Best Practice, 4th ed(Capezuti E et al eds.),p.186-199, Springer,2011

[Profile]
松岡 千代 (まつおか ちよ)
佛教大学保健医療技術学部看護学科

*所属は掲載時のものです。


本記事は株式会社南江堂の提供により掲載しています。

[出典]『“どうすればよいか?”に答える せん妄のスタンダードケア Q&A100』(編集)酒井郁子、渡邉博幸/2014年3月刊行

“どうすればよいか?”に答える せん妄のスタンダードケア Q&A100

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

【マンガ】それでも看護をする理由~Case.2 みお~(7)

「プリが悪い」「新人が悪い」「先輩が悪い」で終わりいい? 指導をめぐるさまざまな立場の想い。 [ 記事を読む ]

胃瘻に関する基礎知識

胃瘻の目的や禁忌をわかりやすく解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「職場で言われたハイセンスな嫌味」選手権

投票数:
1383
実施期間:
2019年08月27日 2019年09月17日

payサービス使ってる?

投票数:
1713
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1292
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1185
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1041
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
904
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
238
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4121

あなたはリーダー看護師より、輸血管理部門へ行き、「照射赤血球濃厚液(RCC)」と融解前の「新鮮凍結血漿(FFP)」とを受け取ってくるように依頼を受けました。搬送中および病棟での管理で最も正しいものは、次のうちどれでしょうか?

  • 1.「照射赤血球濃厚液(RCC)」は温度管理が不適切になると、機能低下が生じるため、冷凍した保冷剤を入れた保冷搬送容器を用いて搬送した。
  • 2.「照射赤血球濃厚液(RCC)」と「新鮮凍結血漿(FFP)」を1つの保冷搬送容器に梱包して丁寧に搬送した。
  • 3.「新鮮凍結血漿(FFP)」は、温度管理が不適切になると、機能低下が生じるため、保冷剤を入れた保冷搬送容器で搬送した。
  • 4.病棟では、「照射赤血球濃厚液(RCC)」は一般用冷蔵庫へ、「新鮮凍結血漿(FFP)」は一般用冷凍庫へ分けて収納した。
今日のクイズに挑戦!