1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. せん妄のスタンダードケアQ&A100>
  4. 術後のせん妄リスクについて,家族または本人に伝えるタイミングはいつがよいですか?

2019年02月27日

術後のせん妄リスクについて,家族または本人に伝えるタイミングはいつがよいですか?

『せん妄のスタンダードケア Q&A100』より転載。
今回は、術後せん妄のリスクを伝えるタイミングについて解説します。

術後のせん妄リスクについて,家族または本人に伝えるタイミングはいつがよいですか?

術前の安定している状態のときに,術後合併症の1つとして伝えるとよいでしょう.
このとき,家族の不安が高まらず,冷静に受け止められるよう,術前オリエンテーションの中の1つとして伝えるとよいでしょう.

〈目次〉

術前にせん妄のリスクを伝えておく

手術を受ける患者さんや家族は,手術の成功や順調に回復することへの願いとともに,不安をもち続けています.

しかし,その一方で,実際に手術後のダメージを受けた状態ではないことから,冷静さも保たれています.

そこで,患者本人や家族には,手術前の時点で術後の回復のプロセスを伝えるとともに,術後合併症として,せん妄状態に陥りやすいこと,それらは一時的な症状であることを伝えるとよいでしょう.

 

せん妄のリスクは対策できるもの・できないものを整理して伝える

せん妄のリスクを伝えるときは,対策が立てられるリスクとそうでないものがあることを整理し伝えることがポイントです.そうすることで,せん妄発症の予防対策への動機づけやせん妄発症時の混乱を最小限にすることもできます.

そこで,せん妄のリスクを伝えるタイミングを考える際に留意すべきこととして,以下のようなことがあります.

 

患者さんや家族の不安を推し測りつつタイミングを見極める

発生していないせん妄やそのリスクについて伝えることは,手術直前の不安を高めてしまうことのように考えがちですが,発生していないため本人や家族が冷静に耳を傾けることができます.

ただ,手術直前というより,術前オリエンテーションの中の1つとして伝えるとよいでしょう.また,せん妄リスクへの対応として,発症予防や発症したときの対応について説明しておくと,家族の準備性を高めることができます(表1).

表1家族の準備性を高める説明

家族の準備性を高める説明

 

冷静に対応できる人物を特定し伝える

せん妄を発症した患者さんを見て家族は混乱することも珍しくありません.しかし,あらかじめ説明を受けていること,回復可能な症状であるということを思い出し,冷静に対処することができます.

そのためには,家族の中でせん妄リスクを伝える人物は,患者さんとともに大きく動揺することが少ないと思われる人物を探すとよいでしょう.

 


[Profile]
藤田 冬子 (ふじた ふゆこ)
神戸女子大学健康福祉学部

*所属は掲載時のものです。


本記事は株式会社南江堂の提供により掲載しています。

[出典]『“どうすればよいか?”に答える せん妄のスタンダードケア Q&A100』(編集)酒井郁子、渡邉博幸/2014年3月刊行

“どうすればよいか?”に答える せん妄のスタンダードケア Q&A100

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

看護roo!サロンで同年代ナースとおしゃべり♪

「他の病院はどうなんだろ?」そんな疑問もお互い話せるチャンス♡ [ 記事を読む ]

血圧測定のときに注意するべきことは?

血圧測定はナースにとってキホンの仕事。だからこそ注意しておきたいポイントを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院で好きな場所はどこ?

投票数:
1307
実施期間:
2019年05月03日 2019年05月24日

自分が描いていた理想の看護師になれている?

投票数:
1122
実施期間:
2019年05月10日 2019年05月31日

【新人限定】「配属先、いつ決まった?」

投票数:
779
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月04日

ケアの優先順位(多重課題)で困った経験はある?

投票数:
1004
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月05日

看護書や医学書で見かける表現で「これどういう意味?」なものある?

投票数:
969
実施期間:
2019年05月17日 2019年06月07日

伸び悩んでる新人、どうやって褒めてる?

投票数:
689
実施期間:
2019年05月21日 2019年06月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2457

90歳代男性、脳血管障害で加療後、肺炎で入院しました。自力で体位変換できず、看護師による体位変換をしています。栄養は経鼻経管栄養です。あなたは、この患者さんの保清中に上腕の皮膚裂傷を発見しました。この患者さんに適していないケアは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.皮膚裂傷を生じているため、皮膚・排泄ケア認定看護師に相談をし、創傷処置を一緒に行う。
  • 2.創傷ケアを行い、体位変換時は四肢を支えながら行った。
  • 3.スキンケアを見直し、皮膚の保湿を重点的に行った。
  • 4.患者さんの栄養について管理栄養士に相談した。
今日のクイズに挑戦!