1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. せん妄のスタンダードケアQ&A100>
  4. ICUでは身体拘束を積極的に行う方がよいのですか?

2018年12月19日

ICUでは身体拘束を積極的に行う方がよいのですか?

『せん妄のスタンダードケア Q&A100』より転載。
今回は、ICUにおける身体拘束について解説します。

ICUでは転倒転落事故やカテーテル・チューブ類の計画外抜去を予防するため,身体拘束を積極的に行う方がよいのですか?

身体的拘束は,せん妄のリスクファクターとして知られおり,症状を悪化させる危険性があります.
そのため,転倒転落やカテーテル・チューブ類の計画外抜去を引き起こしそうな患者さんの危険な行動の原因を探索し取り除くことを優先します.
そして,ほかに代替となる対処方法がない場合にのみ身体拘束を行います.

〈目次〉

危険な行動の原因を探る

医師や理学療法士,薬剤師などと協働し,せん妄や不安,緊張,疼痛,低酸素血症,低血糖低血圧,薬物依存など転倒転落やカテーテル・チューブ類の計画外抜去を引き起こしそうな患者さんの行動の原因を探索・除去します.

患者さんの行動はせん妄による錯覚や幻覚が生じているせいかもしれませんし,現状が認識できず不安や緊張を感じ混乱しているせいかもしれません.

あるいは,痛みや身の置き所がないといった身体的な苦痛によるものかもしれませんし,病状が悪化しているサインかもしれません.

いずれの場合であっても,患者さんの行動は心身の状態変化の現れであるという認識をもち援助することが重要です.

興奮し意思の表出や説明の理解・現状の認識が困難な患者さんでは,対応がむずかしく鎮静を必要とする場合もあります.しかし,鎮静も薬剤による拘束になりますので,身体拘束同様に,代替となる対処方法がない場合にのみ行います.

 

ICUにおける身体拘束の影響

ICUの患者さんは過大侵襲を受け高度な医療的介入なしには生命を維持し回復するのは困難な状態にあり,種々の機械・器具,カテーテル・チューブ類の装着により身体の自由は損なわれやすく,意思の表出や説明内容の理解・現状の認識もむずかしい状況にあります.

身体拘束は,尊厳を傷つけるだけでなく,療養生活の質をさらに低下させてしまいます.そのため,患者さんが安全に治療を継続するための対策として身体拘束以外の方法がない場合にのみ行います.

 

ほかに方法がなく身体拘束を行うときの配慮

身体拘束を行う際は,安全が守られ,かつ,拘束する範囲を最小限にするよう工夫し,少なくとも1 日1 回は必要性を再評価して早期解除に努めます.

患者さんの安全性・快適性と尊厳が保たれるように配慮します.

また,拘束部位の血流および神経障害や関節可動域・筋力の低下といった2 次障害を予防するために,少なくとも体位変換やバイタルサイン測定の際には一時的に身体拘束を解除し,拘束部位を注意深く観察します.

 


[Profile]
茂呂 悦子 (もろ えつこ)
自治医科大学附属病院看護部

*所属は掲載時のものです。


本記事は株式会社南江堂の提供により掲載しています。

[出典]『“どうすればよいか?”に答える せん妄のスタンダードケア Q&A100』(編集)酒井郁子、渡邉博幸/2014年3月刊行

“どうすればよいか?”に答える せん妄のスタンダードケア Q&A100

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

看護師を選んだ理由がわからなくなった…

モヤモヤを抱えた看護師さんや受験生のみなさん必見です! [ 記事を読む ]

肺炎ってどんな病気?

【ケア】酸素消費量とエネルギーの消費量を最小限に抑えることがポイントです。 [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

お年玉、何歳までもらってた?

投票数:
1291
実施期間:
2019年01月01日 2019年01月22日

2019年に「がんばりたいこと」は何ですか?

投票数:
1206
実施期間:
2019年01月04日 2019年01月25日

同期との差感じたことあった?

投票数:
1090
実施期間:
2019年01月08日 2019年01月29日

成人式、参加した?

投票数:
1139
実施期間:
2019年01月11日 2019年02月01日

我が家独特の食事メニューある?

投票数:
905
実施期間:
2019年01月15日 2019年02月05日

薬剤のミキシングのとき、手袋はする?しない?

投票数:
707
実施期間:
2019年01月18日 2019年02月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3989

以下の糖尿病治療薬の中で、ヨード造影剤を使用した検査の際には服用を中止しなければならないものはどれでしょうか?

  • 1.スルホ二ル尿素(SU)薬
  • 2.ビグアナイド(BG)薬
  • 3.α-グルコシダーゼ阻害薬
  • 4.SGL T2阻害薬
今日のクイズに挑戦!