1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 包帯法|部位に応じた包帯の巻き方

2018年07月07日

包帯法|部位に応じた包帯の巻き方

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は部位に応じた包帯の巻き方について解説します。

巻軸包帯による包帯法

巻軸包帯による包帯法にはいくつかの方法あります(図1)。部位に応じて巻き方を選択します。

図1包帯法

包帯法

 

  • 環行帯:同じ部位を重ねて環状に巻く方法。巻き始め、巻き終わりに行います。
  • 螺旋帯:先に巻いた包帯の上を1/2~1/3程度重ねて螺旋状に巻いていく方法です。長さがある程度ある部位に用いる方法です。
  • 折転帯:包帯を1/2~1/3程度重ねて巻くが、ひと巻きごとに折り返して巻く方法です。太さが大きく変化する部位に用います。
  • 蛇行帯:包帯を重ねず一定の間隔を空けて螺旋状に巻く方法です。広範囲のガーゼや副木などを固定する際に用います。
  • 亀甲帯:肘関節や膝関節などの部位を8の字を描くように屈側で交差させて巻く方法です。交差する部分がずれず、関節の屈曲・伸展がある程度可能となります。
  • 麦穂帯:手関節や足関節、股関節、肩などを8の字を描くように伸側で交差させて巻く方法です。亀甲帯と同様、関節の屈曲・伸展がある程度可能となります。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 感染経路別予防策 [08/18up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は感染経路別予防策について解説します。 〈目次〉 接触感染 飛沫感染 空気感染 感染経路別予防策 感染予防を行うためには、微生物(病原体)の感染... [ 記事を読む ]

  • 個人防護具(マスク・手袋・エプロン・ガウン)の正しい着脱方法|スタンダード・プリコーション [08/04up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は個人防護具の正しい着用方法について解説します。 〈目次〉 スタンダードプリコーションの基本 マスク 手袋 エプロン・ガウン スタンダード・プリコ... [ 記事を読む ]

  • 包帯法|部位に応じた包帯の巻き方 [07/07up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は部位に応じた包帯の巻き方について解説します。 巻軸包帯による包帯法 巻軸包帯による包帯法にはいくつかの方法あります(図1)。部位に応じて巻き方を選択します。 図1包帯...

  • 包帯の目的、包帯の種類 [06/30up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は包帯の目的と包帯の種類について解説します。 〈目次〉 包帯の目的 包帯の種類 包帯の目的 包帯の目的は、①創傷部をおおい、化学的・物理的な外的な刺... [ 記事を読む ]

  • 採血の手順と注意点 [09/15up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は採血の手順に関して解説します。 〈目次〉 採血の手順 真空採血管の採取の注意点 採血の手順 ①医師からの指示項目と、対象者の疾病・病態から採... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

准看護師を選んだ理由で一番多いのは?

現状に不満は?将来像は?本音が集まりました。 [ 記事を読む ]

輸液中の空気、人体に入ってしまったらどうなるの?

ルート内に空気が入った場合、どれくらいまで大丈夫? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

最近の新人教育の方針は?

投票数:
832
実施期間:
2018年09月04日 2018年09月25日

休憩時間とれてる?

投票数:
766
実施期間:
2018年09月11日 2018年10月02日

寿退職したい? したくない?

投票数:
599
実施期間:
2018年09月18日 2018年10月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2107

88歳の女性。庭で倒れているところを帰宅した家族に発見され、救急車で搬送されました。救急隊の情報では、患者さんのそばには空の農薬の瓶があり、また患者さんの顔や口には白濁した吐物が付着し、その吐物や呼気からニンニク臭がしているとのことでした。病院到着後も流涎と発汗が著しく、振戦のような筋肉の動きが見られています。病院到着後のバイタルサインは下図のとおりです。この患者さんに対して行う最も適切な対応はどれでしょうか?

  • 1.薬物の吸収を阻害するために、気管挿管前に胃洗浄を行い、活性炭を投与する。
  • 2.SpO2低下があるが、過剰な酸素投与は肺の線維化を促進するため、最低限の酸素投与にとどめる。
  • 3.ムスカリン様作用である縮瞳や徐脈があるため、硫酸アトロピンを投与する。
  • 4.薬物を排出させるために、血液浄化療法を始める。
今日のクイズに挑戦!