1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 鎮痛・鎮静管理マスター講座>
  4. 鎮痛・鎮静管理はどのような流れで行う?

2018年03月08日

鎮痛・鎮静管理はどのような流れで行う?

『基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座』より転載。
今回は、鎮痛・鎮静管理の流れについて解説します。

これだけはおさえておこう

  • 鎮痛・鎮静管理では,「不穏」「痛み」の視点が大事です.
  • 「不穏」の原因に対処し,鎮痛によって「痛み」を取り除くことが重要です.
  • 鎮静薬の投与は,鎮痛・鎮静管理の最終手段と考えましょう.

〈目次〉

まず,鎮痛・鎮静管理の目的を確認しよう

これまで(鎮痛・鎮静管理マスター講座 記事一覧)の内容をまとめると,重症患者さんにおける鎮痛・鎮静管理の目的は,患者さんの痛みやストレス,不安を緩和することで,安静・睡眠を維持・改善し,不穏やせん妄を予防し,早期の回復・離床につなげることと言えます.

それでは,鎮痛・鎮静管理の流れをみていきましょう.

 

キーワードは「不穏」「痛み」

図1 をみてください.

図1鎮痛・鎮静管理の流れ

鎮痛・鎮静管理の流れ

[卯野木 健:鎮静.呼吸器ケア2012 冬季増刊 決定版 人工呼吸ケアのポイント300(卯野木 健編著),p.190,メディカ出版,2012 を参考に作成]

まず,「不穏のレベルのアセスメント」を行います.

重症患者さんでは,通常,最初に鎮痛が図られているでしょう.また,鎮静薬も少なからず投与されているかもしれません.そのうえで,鎮痛・鎮静が適切であるかどうかを,不穏のレベルでアセスメントします.

不穏のレベルのアセスメントには,鎮静の評価スケールなどを用います.ここでせん妄のアセスメントもされるとより理想的です.

不穏が認められたり,せん妄が疑われたりすれば,原因を検索し対処します.まずは生理学的な要因が原因かどうかを探ることが大切です.生理学的な要因でなければ,その他の考えられる要因を探り,非薬物療法で対応します.

ここまででも対応できない場合には,痛みが原因の可能性があります.痛みがあるか疼痛スケールなどを用いてアセスメントします.痛みがあれば鎮痛薬を投与し,不穏が収まるか判定します.

大事なことは,「不穏, すなわち鎮静薬が足りない」と判断しないことです.

 

「不穏」「痛み」に対応し,最後に鎮静薬を検討する

不穏(やせん妄)の原因を検索・除去し,適切な鎮痛が行われていることを確認してもなお,不穏が収まらなければ,最後に鎮静薬の投与(場面によっては追加投与)が検討されます.

鎮静薬による鎮静が必要と判断され,鎮静薬が投与(追加投与・増量)されたら,不安や苦痛が緩和されているか,適切な鎮静レベルであるか,鎮静スケールを用いて評価します.

繰り返しになりますが,鎮静薬には副作用や弊害があります.鎮痛・鎮静管理における鎮静薬の投与は,どうしても必要な場合に,最小限の投与量に抑えることが望ましいと言えます.

 

鎮静薬はいつまで投与される?

不穏に対応し,最終的に鎮静薬の投与となった場合.その後,鎮静薬による鎮静は,いつまで,どのように続けるのでしょうか?

鎮静薬使用の弊害もありますから,ただなんとなく投与し続けるというわけにはいきません.黙って時をまつのではなく,鎮静薬の投与を積極的に終えるように試みることが重要です.

薬物鎮静をすみやかに終えるため,ガイドラインやバンドル(手順・方法をまとめたもの)が作成されています.そこでは,鎮静深度は浅く管理する,鎮静を定期的に評価する,毎日鎮静の目標を設定・共有する,1日に1度は覚醒させる,適切に鎮静薬を調整するなどが推奨されています.

 

one point

2013 年に,米国クリティカルケア学会(ACCM)が約10 年ぶりに「ICU における成人患者の鎮静に関するガイドライン」を改訂しました.

改訂されたガイドラインでは,ICU の成人患者さんにおける痛み(Pain),不穏(Agitation),せん妄(Delirium)を,臨床に即して管理することを目的とし,エビデンスや質の推奨を評価しています.この3 つの頭文字を取って,PAD(パッド)ガイドラインと言われています.

 

CULUMN鎮静薬が投与されると患者さんは眠っている?

鎮静薬を投与して鎮静すると,患者さんは眠っているように見えるかもしれませんね.しかし,たとえばベンゾジアゼピン系と言われる鎮静薬には,直接睡眠をさせる作用はないため,鎮静薬を使用して眠っているようでも,生理的には眠っていないのです(意識が消失しているだけなのです).

眠っていることと鎮静していることは,同じではありません.実際,鎮静からさめた後,「眠った感覚がない」,「熟眠感がない」と訴える患者さんがたくさんいます.

 


[Profile]
剱持 雄二
東海大学医学部付属八王子病院ICU・CCU 集中ケア認定看護師

*所属は掲載時のものです。


本記事は株式会社南江堂の提供により掲載しています。

[出典]『基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座~せん妄予防と早期離床のために~』(監修)道又元裕、(編集)剱持雄二/2015年2月刊行

基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座~せん妄予防と早期離床のために~

著作権について

この連載

  • 鎮静の評価スケール [03/22up]

    『基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座』より転載。 今回は、鎮静の評価スケールについて解説します。 これだけはおさえておこう 不穏も過鎮静も患者さんに悪影響をもたらすため,鎮静が必要か,適切な鎮静レベル... [ 記事を読む ]

  • 痛みの評価スケール [03/15up]

    『基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座』より転載。 今回は、痛みの評価スケールについて解説します。 これだけはおさえておこう 患者さんが痛みを感じる状況や痛みの程度をスタッフ間で共有し,適切な鎮痛管理を... [ 記事を読む ]

  • 鎮痛・鎮静管理はどのような流れで行う? [03/08up]

    『基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座』より転載。 今回は、鎮痛・鎮静管理の流れについて解説します。 これだけはおさえておこう 鎮痛・鎮静管理では,「不穏」「痛み」の視点が大事です. 「不穏」の原因...

  • 鎮痛と鎮静はどのような関係にある? [03/01up]

    『基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座』より転載。 今回は、鎮痛と鎮静の関係について解説します。 これだけはおさえておこう 鎮静薬には鎮痛効果はありませんし,鎮痛薬にも十分な鎮静効果はありません. ... [ 記事を読む ]

  • 不穏とは?せん妄とは? [02/22up]

    『基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座』より転載。 今回は、不穏・せん妄について解説します。 これだけはおさえておこう 不穏とは,体動が激しく,興奮した状態です. せん妄とは,注意と意識の障害です.... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 人工呼吸中の鎮痛・鎮静は、なぜ重要なの? [04/24up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「人工呼吸中の鎮痛・鎮静」に関するQ&Aです。   古賀雄二 川崎医療福祉大学保健看護学科准教授   人工呼吸中の鎮痛・鎮静は、なぜ重要なの? ... [ 記事を読む ]

  • 術後疼痛とせん妄に関係はありますか? [01/09up]

    『せん妄のスタンダードケア Q&A100』より転載。 今回は、術後疼痛について解説します。 術後疼痛とせん妄に関係はありますか? 術後疼痛の治療が不十分であることは,術後せん妄の危険因子となります. また... [ 記事を読む ]

  • 小児の人工呼吸中の鎮痛・鎮静の注意点は? [06/25up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「小児の人工呼吸中の鎮痛・鎮静」に関するQ&Aです。   三浦規雅 東京都立小児総合医療センターPICU主任   小児の人工呼吸中の鎮痛・鎮静の... [ 記事を読む ]

  • ICUでよく使用される鎮痛薬と、その特徴は? [05/22up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「よく使用される鎮痛薬」に関するQ&Aです。   古賀雄二 川崎医療福祉大学保健看護学科准教授   ICUでよく使用される鎮痛薬と、その特徴は? ... [ 記事を読む ]

  • PADガイドラインってなに? [05/01up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「PADガイドライン」に関するQ&Aです。   古賀雄二 川崎医療福祉大学保健看護学科准教授   PADガイドラインってなに? PAD... [ 記事を読む ]

いちおし記事

点滴の留置針交換でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(8)

タイミングの違いに関する3年目ナースのお悩み。あなたの職場ではどんなルールがある? [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1377
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1275
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1122
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1099
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
972
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
804
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1742

◆移乗時の問題◆手術が終了した患者さんを手術台からストレッチャーに移乗させる際のライン類の扱いで正しいものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.スタッフが各自でドレーンや点滴を確認して移乗させる。
  • 2.患者さんが麻酔から十分に覚醒していない場合は、ストレッチャーへ移乗させてからドレーン類を整理する。
  • 3.術後は術者や看護師がラインを確認しているため、移乗時にはラインのたるみがないよう、ライン類が伸展してしっかり固定してあるかの確認をする。
  • 4.患者さんに挿入されているライン類はたるみや引っ掛かりがないかを移乗前に確認し、スタッフで共有してからリーダーの声掛けで移乗させる。
今日のクイズに挑戦!