1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 鎮痛・鎮静管理マスター講座

2018年02月08日

鎮痛・鎮静管理マスター講座 記事一覧

鎮痛・鎮静管理 マスター講座 記事一覧

鎮痛・鎮静に関わる判断は看護師なら身につけておきたい技術のひとつ。
この連載では読めばすぐに使える実践的な内容を紹介します。

〈目次〉

 

1.ビギナー編

鎮痛・鎮静管理の基本を知ろう

 

評価スケールを使おう

 

くすりを知ろう

 

2.ベーシック編

鎮静の弊害を知ろう

 

抑制について考えよう

 

3.番外編

せん妄についてくわしく学ぼう

 

4.アドバンス編

早期離床を目指そう

 

PADガイドライン・ABCDEバンドルを活用しよう

5.プラクティス編

鎮痛・鎮静管理を実践しよう

 


本連載は株式会社南江堂の提供により掲載しています。

[出典]『基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座~せん妄予防と早期離床のために~』(監修)道又元裕、(編集)剱持雄二/2015年2月刊行

基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座~せん妄予防と早期離床のために~

著作権について

この連載

  • 鎮痛と鎮静はどのような関係にある? [03/01up]

    『基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座』より転載。 今回は、鎮痛と鎮静の関係について解説します。 これだけはおさえておこう 鎮静薬には鎮痛効果はありませんし,鎮痛薬にも十分な鎮静効果はありません. ... [ 記事を読む ]

  • 不穏とは?せん妄とは? [02/22up]

    『基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座』より転載。 今回は、不穏・せん妄について解説します。 これだけはおさえておこう 不穏とは,体動が激しく,興奮した状態です. せん妄とは,注意と意識の障害です.... [ 記事を読む ]

  • 鎮静とは? [02/15up]

    『基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座』より転載。 今回は、鎮静について解説します。 これだけはおさえておこう 苦痛や不安は患者さんに悪影響をきたすため,緩和する必要があります. 鎮静薬を使用するこ... [ 記事を読む ]

  • 鎮痛とは? [02/08up]

    『基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座』より転載。 今回は、鎮痛について解説します。 これだけはおさえておこう 鎮痛とは,患者さんの感じている痛みを和らげる(鎮める)ことです. 痛みは生理学的に身体... [ 記事を読む ]

  • 鎮痛・鎮静管理マスター講座 記事一覧 [02/08up]

    鎮痛・鎮静管理 マスター講座 記事一覧 鎮痛・鎮静に関わる判断は看護師なら身につけておきたい技術のひとつ。 この連載では読めばすぐに使える実践的な内容を紹介します。 〈目次〉 1.ビギナー編 2.ベーシ...

もっと見る

関連記事

いちおし記事

国試、合否のボーダーラインは?【過去10年データ】

看護師国試お疲れ様でした!この記事で過去のボーダーを確認できます! [ 記事を読む ]

MMTの測定方法

各関節の評価のポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

心電図、得意?苦手?

投票数:
1467
実施期間:
2019年02月05日 2019年02月26日

あなたを救ったこの1曲

投票数:
1312
実施期間:
2019年02月08日 2019年03月01日

今だから言える!国試の「失敗」教えてください

投票数:
1167
実施期間:
2019年02月12日 2019年03月05日

国試合格のためにやった験担ぎは?

投票数:
1144
実施期間:
2019年02月15日 2019年03月08日

国試が終わった日、どう過ごした?

投票数:
994
実施期間:
2019年02月19日 2019年03月12日

手指消毒、1日に何回してる?

投票数:
693
実施期間:
2019年02月22日 2019年03月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者358

60歳女性。子どもたちは独立し、定年を迎えた夫と二人暮らしをしています。犬の散歩中につまずき、股関節の痛みが続いたため、あなたが勤めている整形外科医院を受診しました。幸いにも骨折の所見はなく、自宅へ帰宅することになりました。しかし、整形外科医から骨粗しょう症の指摘を受けていたので、あなたは帰宅後の生活指導を行うことにしました。この患者さんの生活指導として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.骨粗しょう症の危険因子である喫煙や過度の飲酒があるかどうかを確認し、控えるように指導した。
  • 2.骨粗しょう症による骨折の好発部位である指先や足先に注意して生活するように指導した。
  • 3.カルシウム、ビタミンDのほか、リンを多く含む食品をよく摂取するように指導した。
  • 4.運動療法は疲労の原因や関節への負担になるので、室内でのストレッチ程度にするように指導した。
今日のクイズに挑戦!