1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. せん妄のスタンダードケアQ&A100>
  4. せん妄の体験は当事者からどう語られているのですか?|患者さんからみたせん妄

2018年02月09日

せん妄の体験は当事者からどう語られているのですか?|患者さんからみたせん妄

新連載スタート!『せん妄のスタンダードケア Q&A100』より転載。
今回は、患者さんからみたせん妄についての解説の1回目です。

せん妄の体験は当事者からどう語られているのですか?

せん妄の患者さんは,困惑するような,恐怖や逃亡のストーリーを体験しています.
現実を歪んで知覚しており,その状況から逃げられない恐怖や苦痛を感じています.
周囲のできごとを敏感に感じとりますが,コミュニケーションがむずかしいと感じています.

〈目次〉

 

患者さんの半数はせん妄の体験を記憶している

せん妄を体験した外科の術後患者さん1),内科系疾患をもつ高齢患者さんへのインタビュー調査のレビュー2, 3)から,患者さんの体験した内容が明らかにされています(表1).

表1せん妄の特徴

  • せん妄の発症前後で,患者さん自身の「ストーリー」としては連続している.一方,その「ストーリー」は過去と現在・場所・人物が劇的に変化しながら展開し,現実か非現実か患者さん自身に理解できない困惑するようなものである.
  • 現実のできごとを一部知覚しているものの,多くの場合は歪んで知覚している(ICUの光景を「裸の人を囲んで人体実験していた」など).
  • 夢を見ているような感覚や,「ぞっとする」ような不快な幻覚がある(亡くなった家族・友人が登場するなど).
  • このようなストーリーは患者さんの意思に関係なく展開するため,患者さんは見えない力で閉じ込められている感覚をもつ.
  • 展開されるストーリーを理解できず,その状況を自分でコントロールできないため,自分の尊厳が脅かされていると感じ,孤立感や恐怖心を抱いている

 

心臓の術後患者さんのインタビュー1)では,せん妄の記憶がまったくない患者さんが約半数いましたが,回復の途中から記憶がある患者さんや,せん妄の体験中のことを鮮明に記憶している患者さんもいました.

 

患者さんの行動を解釈するときの手がかり

せん妄の患者さんは,周囲に対して非常に過敏な状態となります1,2)

混乱した意識の中でも,患者さんはさまざまなできごと,たとえば起き上がろうとして阻止されたり,医療者からイライラした表情や口調で話しかけられたりするのを,敏感に感じ取っています.そのため,患者さんは自分が「疑われている」「軽蔑されている」と思い込みやすいのです.

その一方で,患者さんはコミュニケーションを図ることがむずかしいと感じています.混乱した中で医療者から話しかけられても,何を聞かれているのか分からず,また自分の言いたいことをうまく伝えられないもどかしさを感じています.

このように,恐怖心と逃亡願望,そして無力感から猜疑心が高まり,家族や医療者とうまくかかわることができず,怒りの感情を彼らに向けたりベッドから抜け出そうとしたりする行動に出るのです.

 

せん妄からの回復後も患者さんはさまざまな印象・感情をもつ

せん妄を発症した患者さんの体験のインタビュー1)からは,患者さんがせん妄から回復する過程で,認知や知覚の記憶,せん妄で体験したストーリーが分断化され,現実感が希薄化していることが示されました.その一方で,恐怖や苦痛などの情動の記憶は長く残ることが示されています.

また,いくつかのインタビュー調査のレビューから2, 3),せん妄から回復した後に患者さんが抱く感情についても特徴がみられます(表2

表2せん妄から回復した後に患者さんが抱く感情

  • せん妄を発症中の自分の行動を振り返り,恥ずかしいと思い,自責の念を抱く.
  • せん妄の原因や体験した内容の意味を理解しようとし,自分なりに意味づけようとする.
  • せん妄の体験を忘れようとしたり隠そうとしたりする.

 

せん妄からの回復後もこころのケアが重要

インタビュー当初は体験を話すことに拒否的だった患者さんが,徐々に体験を語るようになり,体験した内容が現実ではなかったことを理解し,その意味について自分なりの答えを示すようになることもあります.

せん妄の体験を話すことは患者さんにとってつらいものですが,傾聴してもらえる相手に体験を話すことで,感情を言語化して他者と共有する機会となり,解放感を抱く患者さんもいます.

患者さんが体験を語りたいという場合は,傾聴の機会を設けるなど「アフターケア」が重要となります.

 


[文献]

 


[Profile]
綿貫成明
国立看護大学校

*所属は掲載時のものです。


本記事は株式会社南江堂の提供により掲載しています。

[出典]『“どうすればよいか?”に答える せん妄のスタンダードケア Q&A100』(編集)酒井郁子、渡邉博幸/2014年3月刊行

“どうすればよいか?”に答える せん妄のスタンダードケア Q&A100

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

癒し系ドクターの裏の顔

優しく仕事のできる癒し系ドクター。見た目のキャラとは裏腹に…! [ 記事を読む ]

モニター心電図の装着法

どこに、どんなふうに貼るでしょう? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

リフレッシュ休暇!もし10日もらえたらどこへ行く?

投票数:
1154
実施期間:
2018年05月01日 2018年05月22日

「辞めたい」のは看護師?職場?

投票数:
860
実施期間:
2018年05月04日 2018年05月25日

電子タバコ、吸ったことある?

投票数:
795
実施期間:
2018年05月08日 2018年05月29日

2交替の人に質問!仮眠のあとどうやって起きてる?

投票数:
694
実施期間:
2018年05月11日 2018年06月01日

院外研修、受講料どうしてる?

投票数:
623
実施期間:
2018年05月15日 2018年06月05日

ネットワークビジネス、誘われたことある?

投票数:
524
実施期間:
2018年05月18日 2018年06月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者778

80歳女性Aさんは、入院前は一人暮らしをしており、活動的な性格でした。身体疾患の治療が終わり、退院の調整に入ったころから「何もしたくない」と言い始め、一日を通して臥床している時間が長く、食事と排泄以外は自発的な行動が見られない状況でした。次の選択肢のうち、Aさんへの対応として適切でないものはどれでしょうか?

  • 1.身体的苦痛がないか、全身状態を観察する。
  • 2.退院後の生活について話を聞いてみる。
  • 3.うつ病を疑い、GDSにて評価する。
  • 4.「気分転換に散歩しましょう」と離床を促す。
今日のクイズに挑戦!