1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護技術のなぜ?>
  4. 嚥下障害のある人の食事にとろみをつけるのはなぜ?|食事援助

2019年11月17日

嚥下障害のある人の食事にとろみをつけるのはなぜ?|食事援助

看護技術のなぜ?ガイドブック

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

今回は嚥下障害のある人の食事に関するQ&Aです。

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

嚥下障害のある人の食事にとろみをつけるのはなぜ?

嚥下機能が低下したり、咽頭や食道が狭くなったりすると、つるりとした食べ物、とろりとした食べ物のほうが通過しやすくなるからです。

水分や汁物にとろみをつけると、気管に入ってむせるのを予防できますが、とろみを強くつけすぎると飲み込みにくくなり、咽頭への残留が多くなって誤嚥につながります。

嚥下しやすい食事の状態は、硬すぎず、食塊としてまとまりやすく、喉ごしのよいものです。きざむ、裏ごしする、つぶす、ミキサーにかけるなどの工夫をして食べやすいペースト状にしたり、ゼラチンや寒天でとろみをつけます。

 

表1学会分類2013(とろみ)早見表

学会分類2013(とろみ)早見表

 

頚部を前屈させる

座位あるいは半座位で食事をする時は、誤嚥を防ぐために、顎が上がらないように枕で調節し、顎と首の間に指3~4本(あるいはげんこつ)が入る程度に、ややうつむき加減で首を保つようにします。

患者の視線が前方を向く程度に枕を当てるのがポイントです。

枕の当て方が足りないと視線が上向きになり、誤嚥の危険性が増します。反対に枕を当てすぎると視線が胸元に行くようになり、嚥下しにくくなります。

図1誤嚥しにくい姿勢

 

口に入れる1回量

誤嚥を防ぐためには、口に入れる量を考慮する必要があります。適切な1回量は、ティースプーン1杯程度。口に入れる量が多すぎると咀嚼や嚥下がしにくくなります。 

介助する場合は、食べ物をのせたスプーンを舌の先端から中央部あたりに置き、患者に口を閉じてもらってから、やや上に向けてスプーンを引きます。

図2食事介助

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2016照林社

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

新人ナースと超ドSドクターの胸キュンドラマ『恋つづ』|上白石萌音インタビュー

上白石萌音×佐藤健のラブコメディ♡ ナース役初挑戦への想いを聞きました! [ 記事を読む ]

呼吸管理で聞く「ETCO2」って、なに?

ETCO2とは何かから、カプノグラムの異常波形まで、知っとこう! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたはおみくじを引きますか?

投票数:
1644
実施期間:
2019年12月31日 2020年01月21日

病院でお正月にちなんだ特別なことをした?

投票数:
1432
実施期間:
2020年01月03日 2020年01月24日

2020年の抱負教えて!

投票数:
1310
実施期間:
2020年01月07日 2020年01月28日

インフルエンザにかかったら、有休?欠勤?

投票数:
1236
実施期間:
2020年01月10日 2020年01月31日

あなたの病院で成功した画期的な「働き方改革」はある?

投票数:
1159
実施期間:
2020年01月12日 2020年02月02日

実録!? 私はこう太った!!!!

投票数:
1113
実施期間:
2020年01月14日 2020年02月04日

チェックしてる「勉強垢」ってある?

投票数:
381
実施期間:
2020年01月17日 2020年02月07日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者977

◆泌尿器の問題◆以下のうち、オムツ・パッドの選択で正しい説明はどれでしょうか?

  • 1.夜間、尿量が多い患者さんなので、オムツ皮膚炎を予防するため、2~3時間ごとに尿取りパッドを交換した。
  • 2.介助があれば坐位が可能な患者さんなので、テープ式オムツを選択した。
  • 3.臥床状態の患者さんなので、テープ式オムツを選択した。
  • 4.尿漏れが多い患者さんなので、尿取りパッドを二重にして使用した。
今日のクイズに挑戦!