2018年09月14日

膿の細菌検査

看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。

今回は、膿の細菌検査について解説します。

〈目次〉

膿の細菌検査の目的

化膿性炎の大半は細菌感染によって引き起こされるが、病原菌は単一の菌にとどまらず、複数の菌による感染もみられる。また、病巣によっては多種多様な起炎菌が検出される。これらの起炎菌を検出し、同定および薬剤感受性を調べることが膿の細菌検査の目的である。

 

膿の細菌検査の検体採取上の注意

膿を大別すると、開放性膿と非開放性膿に分けられ、開放性膿では皮膚常在菌の混入する可能性が考えられ、皮膚表面を広範囲に消毒・殺菌し、また乾燥を防ぐためにできるだけ多くの検体を採取することが望まれる。

 

図1皮下の化膿性病巣(肉芽を伴う化膿性炎)

皮下の化膿性病巣(肉芽を伴う化膿性炎)

 

図2膿瘍の組織像:好中球の集族を認める

膿瘍の組織像:好中球の集族を認める

 

図3血液・髄液・穿刺液・膿検査の流れ

血液・髄液・穿刺液・膿検査の流れ

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 検査値早わかりガイド 第2版』(編著)江口正信/2014年3月刊行

新訂版 検査値早わかりガイド 第2版

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • MRSA|代表的な病原菌の検査 [10/12up]

    看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。 今回は、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌:methicillin-resistant Staphylococcus aureus)について解説します。  ... [ 記事を読む ]

  • 抗酸菌|代表的な病原菌の検査 [09/28up]

    看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。 今回は、抗酸菌について解説します。 〈目次〉 抗酸菌の定義 抗酸菌の検査法 抗酸菌の定義 抗酸菌は、ヒト型結核菌を代表とするMyco... [ 記事を読む ]

  • 膿の細菌検査 [09/14up]

    看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。 今回は、膿の細菌検査について解説します。 〈目次〉 膿の細菌検査の目的 膿の細菌検査の検体採取上の注意 膿の細菌検査の目的 化膿...

  • 糞便の細菌検査 [08/31up]

    看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。 今回は、糞便の細菌検査について解説します。 糞便の細菌検査の基準値 陰性 〈目次〉 糞便の細菌検査の目的 糞便の細菌検... [ 記事を読む ]

  • 血液・髄液・穿刺液の細菌検査 [08/17up]

    看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。 今回は、血液・髄液・穿刺液の細菌検査について解説します。 血液・髄液・穿刺液の細菌検査の基準値 いずれも陰性 〈目次〉 血... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

新卒ナースの私でも「訪問看護師」は無理じゃない

訪看には病棟経験が必要…そんな"常識"が変わります。 [ 記事を読む ]

せん妄に遭遇。どう対応したらいい?

まずは患者と自分の安全の確保を! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

入院中の転倒による障害に対し、病院に2770万円の賠償命令。看護師としてどう思う?

投票数:
1046
実施期間:
2018年10月30日 2018年11月20日

看護師になって初めて知った衝撃の事実!

投票数:
923
実施期間:
2018年11月02日 2018年11月23日

准看護師か看護師であることを意識する?

投票数:
937
実施期間:
2018年11月02日 2018年11月23日

学生時代、部活何やってた?

投票数:
963
実施期間:
2018年11月06日 2018年11月27日

風邪をひいたら抗生物質(抗菌薬)もらう?

投票数:
883
実施期間:
2018年11月09日 2018年11月30日

自分の体、何で洗ってる?

投票数:
834
実施期間:
2018年11月13日 2018年12月04日

【究極の選択】結婚するならどっち? あなたが好きな男性vsあなたを好きな男性

投票数:
725
実施期間:
2018年11月16日 2018年12月07日

ふるさと納税、してる or したことある?

投票数:
200
実施期間:
2018年11月20日 2018年12月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2183

以下の静脈血栓塞栓症(VTE)の説明のうち、誤っているものはどれでしょうか?

  • 1.深部静脈血栓症は主に、ヒラメ筋に血流がうっ滞し、発生する。
  • 2.静脈血栓塞栓症の自覚症状には、患肢の疼痛、浮腫、腫脹、表在静脈の怒張があり、他覚的所見ではホーマンズ徴候やローエンベルグ徴候などがある。
  • 3.弾性ストッキングと間欠的空気圧迫法は、血栓が発生しても継続して使用した方がよい。
  • 4.患者さん自身が、自分に合った予防方法を選択できるように、術前から静脈血栓塞栓症について説明を行うようにする。
今日のクイズに挑戦!