1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 離床センサーやマットは何を基準に使用を決めるの?|転倒予防グッズの選択基準

2018年04月04日

離床センサーやマットは何を基準に使用を決めるの?|転倒予防グッズの選択基準

『エキスパートナース』2015年9月号<根拠に基づく転倒予防Q&A>より転載。
離床センサーやマットは何を基準に使用を決めるの?について解説します。

 

離床センサーやマットは何を基準に使用を決めるの?

離床センサーやマットは何を基準に使用を決めるの?

川上 喜美代
(独立行政法人国立病院機構 東名古屋病院 看護部、医療安全管理室 医療安全管理係長)

 

〈目次〉

 

はじめに

本コラムでは、転倒予防に一般的に紹介されている製品の“選択のポイント”を紹介します。

また、「転倒防止対策アセスメント表」に「認知症の程度」を軸として、「患者像・目標・説明の内容」などを示すとともに、「どのセンサー・外傷予防グッズ」を用いるかの“選択基準”を示します(表1)。

表1転倒防止対策アセスメント表(東名古屋病院版)

転倒防止対策アセスメント表(東名古屋病院版)

 

離床センサー類は「報知のタイミング」で決める!

患者がベッドを離れ、病室の床に着地したことを知らせる離床センサーは、それぞれに報知のタイミングが異なります。

表2にその設置場所とタイミングを示します。

表2病室で用いられる主なセンサー類

病室で用いられる主なセンサー類

 

比較的歩行や座位が安定している患者には、「床センサー」をベッドサイドや病室から外に出る通り道に使用しています。

患者の起き上がりをできるだけ早く知りたい場合や、転倒・転落の危険性が特に高い場合には「離床センサー」を選択します。

一方で、床センサーを避けてしまう個室の患者には「赤外線センサー」を、離床センサーではふだんの体動でも鳴ってしまうような患者には「クリップセンサー」が有効だと考えます。同じくふだんの体動で離床センサーが鳴ってしまう場合や起き上がりのタイミングで鳴らしたい場合は「柵センサー」が有効です。

このように患者の行動パターンを把握し、どのタイミングで報知させたいかを考え、センサーを選択しましょう。なお、いずれの場合においても入/切スイッチは患者の目の届かない場所に設置することが望ましく、またON/OFFの状態をカードで表示するなどの工夫でスイッチの入れ忘れを予防しましょう。

 

外傷予防グッズなどの用品は「安全と快適感のバランス」で決める!

センサー類に加え、患者が万が一転倒したときの負傷を予防・軽減する外傷予防グッズ(表3)も積極的に活用しましょう。

表3病室で用いられる主な外傷予防グッズ

病室で用いられる主な外傷予防グッズ

 

これらを選択する際、“安全第一”に意識が向きすぎるあまりに窮屈さを強いてしまう可能性があります。患者の生活そのものが味気ないものにならないよう、注意して対策を実施しましょう。

 


[参考文献]

  • (1)三宅祥三 編:実践できる転倒・転落防止ガイド.学研メディカル秀潤社,東京,2007.

[Profile]

川上喜美代

川上 喜美代(かわかみ きみよ)
独立行政法人国立病院機構 東名古屋病院 看護部、医療安全管理室 医療安全管理係長

*略歴は掲載時のものです。


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2015照林社

P.101~104「離床センサーやマットは何を基準に使用を決めるの?」

[出典] 『エキスパートナース』 2015年9月号/ 照林社

著作権について

関連記事

いちおし記事

全国の病院に聞きました「看護師の採用、増やす?減らす?」

いずれ看護師余りの時代が!?病院ナースの採用…これからどうなる? [ 記事を読む ]

認知症とうつ状態・せん妄の違いは?

認知症に似た2つの症状…。見分けるポイントを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

ここを褒めて!あなたの褒めてほしいポイントは?

投票数:
1277
実施期間:
2019年05月28日 2019年06月18日

TV番組、毎週どれだけ録画してる?

投票数:
1260
実施期間:
2019年05月31日 2019年06月21日

院内のジンクス教えて!

投票数:
1101
実施期間:
2019年06月04日 2019年06月25日

4番目に大切な人は?

投票数:
1075
実施期間:
2019年06月07日 2019年06月28日

「採血が難しい血管」選手権!

投票数:
990
実施期間:
2019年06月11日 2019年07月02日

勤務先にめずらしい福利厚生、ある?

投票数:
849
実施期間:
2019年06月14日 2019年07月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者339

COPDの動向について、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.日本においてCOPDの原因は、大気汚染によるものが主因である。
  • 2.2015年のWHO調査では、COPDは世界の死因の10位以内には入っていない。
  • 3.喫煙率が低下しているため、世界的に今後10年間でCOPDの患者さんは減少する。
  • 4.日本ではCOPD死亡者の半数以上を80歳代が占めている。
今日のクイズに挑戦!