1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 離床センサーやマットは何を基準に使用を決めるの?|転倒予防グッズの選択基準

2018年04月04日

離床センサーやマットは何を基準に使用を決めるの?|転倒予防グッズの選択基準

『エキスパートナース』2015年9月号<根拠に基づく転倒予防Q&A>より転載。
離床センサーやマットは何を基準に使用を決めるの?について解説します。

 

離床センサーやマットは何を基準に使用を決めるの?

離床センサーやマットは何を基準に使用を決めるの?

川上 喜美代
(独立行政法人国立病院機構 東名古屋病院 看護部、医療安全管理室 医療安全管理係長)

 

〈目次〉

 

はじめに

本コラムでは、転倒予防に一般的に紹介されている製品の“選択のポイント”を紹介します。

また、「転倒防止対策アセスメント表」に「認知症の程度」を軸として、「患者像・目標・説明の内容」などを示すとともに、「どのセンサー・外傷予防グッズ」を用いるかの“選択基準”を示します(表1)。

表1転倒防止対策アセスメント表(東名古屋病院版)

転倒防止対策アセスメント表(東名古屋病院版)

 

離床センサー類は「報知のタイミング」で決める!

患者がベッドを離れ、病室の床に着地したことを知らせる離床センサーは、それぞれに報知のタイミングが異なります。

表2にその設置場所とタイミングを示します。

表2病室で用いられる主なセンサー類

病室で用いられる主なセンサー類

 

比較的歩行や座位が安定している患者には、「床センサー」をベッドサイドや病室から外に出る通り道に使用しています。

患者の起き上がりをできるだけ早く知りたい場合や、転倒・転落の危険性が特に高い場合には「離床センサー」を選択します。

一方で、床センサーを避けてしまう個室の患者には「赤外線センサー」を、離床センサーではふだんの体動でも鳴ってしまうような患者には「クリップセンサー」が有効だと考えます。同じくふだんの体動で離床センサーが鳴ってしまう場合や起き上がりのタイミングで鳴らしたい場合は「柵センサー」が有効です。

このように患者の行動パターンを把握し、どのタイミングで報知させたいかを考え、センサーを選択しましょう。なお、いずれの場合においても入/切スイッチは患者の目の届かない場所に設置することが望ましく、またON/OFFの状態をカードで表示するなどの工夫でスイッチの入れ忘れを予防しましょう。

 

外傷予防グッズなどの用品は「安全と快適感のバランス」で決める!

センサー類に加え、患者が万が一転倒したときの負傷を予防・軽減する外傷予防グッズ(表3)も積極的に活用しましょう。

表3病室で用いられる主な外傷予防グッズ

病室で用いられる主な外傷予防グッズ

 

これらを選択する際、“安全第一”に意識が向きすぎるあまりに窮屈さを強いてしまう可能性があります。患者の生活そのものが味気ないものにならないよう、注意して対策を実施しましょう。

 


[参考文献]

  • (1)三宅祥三 編:実践できる転倒・転落防止ガイド.学研メディカル秀潤社,東京,2007.

[Profile]

川上喜美代

川上 喜美代(かわかみ きみよ)
独立行政法人国立病院機構 東名古屋病院 看護部、医療安全管理室 医療安全管理係長

*略歴は掲載時のものです。


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2015照林社

P.101~104「離床センサーやマットは何を基準に使用を決めるの?」

[出典] 『エキスパートナース』 2015年9月号/ 照林社

著作権について

関連記事

いちおし記事

爪切りで傷害罪になる!?

場合によっては看護師が刑事責任を問われることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1236
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1222
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
1112
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
1050
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日

あなたの推しスイーツがあるコンビニは?

投票数:
950
実施期間:
2019年08月20日 2019年09月10日

苦手な看護技術、克服したことある?

投票数:
368
実施期間:
2019年08月23日 2019年09月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者221

64歳の男性患者さん 。心不全が再発し、入院することになりました。内服薬の管理・食事の制限ができていないことが問題となっています。独居で支援者はいません。栄養士からの栄養指導を実施しましたが、「1人暮らしで食事なんて作っていられない。3食ちゃんと食べているのだからそれでいいだろう。病院の食事なんて味が薄くて食べられない」と話し、食事療法を取り入れるつもりはない様子です。この患者さんへの看護師の介入方法として、最も優先すべきものでしょうか?

  • 1.医師から食事制限の必要性を説明してもらう。
  • 2.食生活がきちんとできるよう、自炊を心がけるように指導する。
  • 3.今までの生活について話を聞く。
  • 4.減塩の宅配食を勧める。
今日のクイズに挑戦!