1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. エキスパートナース>
  4. 転倒予防を考えるにあたって、ナースがおさえておきたいこととは?|転倒予防のアセスメント

2018年03月14日

転倒予防を考えるにあたって、ナースがおさえておきたいこととは?|転倒予防のアセスメント

『エキスパートナース』2015年9月号<根拠に基づく転倒予防Q&A>より転載。
転倒予防を考えるにあたって、ナースがおさえておきたいことについて解説します。

転倒予防を考えるにあたって、ナースがおさえておきたいこととは?

転倒予防を考えるにあたって、ナースがおさえておきたいことは?

 

ツールを用いて、要因をアセスメントする

前項(なぜ、入院患者は転びやすいの?)で、転倒発生の要因として「身体要因」「環境要因」が挙がりました。

当院では身体要因のアセスメントツールとして、アセスメントシートを作成しています(表1)。

表1転倒・転落アセスメントシート(東名古屋病院版)

転倒・転落アセスメントシート(東名古屋病院版)

 

アセスメントの実施経過をみていくうえで、一覧表になったものを使用すると評価しやすくなります。また、実際に転倒予防を考慮するにあたっては、これらに「医療者側の要因」を加えます(表2)。

表2転倒発生の“医療者側の要因”

転倒発生の“医療者側の要因”

 

多くの場合、1つの要因だけが該当するということはなく、複数の要因が重なっていることがほとんどです。

アセスメントする際は、カンファレンスを行うなど複数の看護師で検討することが望ましく、また患者および家族と十分なコミュニケーションのうえで実施します。アセスメントによって得た内容は医療者間で確実に情報共有できるようにしておく必要があります。

アセスメントは定期的に行い、特に患者のADLが変化したときや薬剤など治療が変更になったとき、病状が変化したとき、病室移動など環境の変化があった場合は再度アセスメントを実施する必要があります。

 


[参考文献]

  • (1)泉キヨ子 編:特集・EBNで防ぐ転倒・転落.EBナーシング 2002;2(1):5-69.
  • (2)森田恵美子,他:転倒アセスメントスコアシートの改訂と看護師の評定者間一致性の検討.日本看護管理学会誌 2010;14(1):51-58.

[Profile]

川上喜美代

川上 喜美代(かわかみ きみよ)
独立行政法人国立病院機構 東名古屋病院 看護部、医療安全管理室 医療安全管理係長

*略歴は掲載時のものです。


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2015照林社
[出典]エキスパートナース2015年9月号

P.92~93「転倒予防を考えるにあたって、ナースがおさえておきたいこと」

著作権について

この連載

関連記事

いちおし記事

准看護師を選んだ理由で一番多いのは?

現状に不満は?将来像は?本音が集まりました。 [ 記事を読む ]

輸液中の空気、人体に入ってしまったらどうなるの?

ルート内に空気が入った場合、どれくらいまで大丈夫? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

仕事をする上で、ぶっちゃけどれが一番大事?

投票数:
913
実施期間:
2018年08月31日 2018年09月21日

東京医大の女子一律減点、どう思った?

投票数:
1001
実施期間:
2018年08月24日 2018年09月21日

最近の新人教育の方針は?

投票数:
820
実施期間:
2018年09月04日 2018年09月25日

休憩時間とれてる?

投票数:
753
実施期間:
2018年09月11日 2018年10月02日

寿退職したい? したくない?

投票数:
577
実施期間:
2018年09月18日 2018年10月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3030

新生児GBS感染症についての説明で、正しいものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.妊婦のGBS保菌が陰性であっても、前児がGBS感染症であれば、分娩中に抗菌薬を投与する。
  • 2.GBS保菌妊婦の分娩中に投与するのは、マクロライド系抗菌薬である。
  • 3.新生児GBS感染症は、出生当日に発症することはない。
  • 4.早発型GBS感染症は、遅発型GBS感染症よりも後遺症率が高い。
今日のクイズに挑戦!