1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. エキスパートナース>
  4. 転倒予防を考えるにあたって、ナースがおさえておきたいこととは?|転倒予防のアセスメント

2018年03月14日

転倒予防を考えるにあたって、ナースがおさえておきたいこととは?|転倒予防のアセスメント

『エキスパートナース』2015年9月号<根拠に基づく転倒予防Q&A>より転載。
転倒予防を考えるにあたって、ナースがおさえておきたいことについて解説します。

転倒予防を考えるにあたって、ナースがおさえておきたいこととは?

転倒予防を考えるにあたって、ナースがおさえておきたいことは?

 

ツールを用いて、要因をアセスメントする

前項(なぜ、入院患者は転びやすいの?)で、転倒発生の要因として「身体要因」「環境要因」が挙がりました。

当院では身体要因のアセスメントツールとして、アセスメントシートを作成しています(表1)。

表1転倒・転落アセスメントシート(東名古屋病院版)

転倒・転落アセスメントシート(東名古屋病院版)

 

アセスメントの実施経過をみていくうえで、一覧表になったものを使用すると評価しやすくなります。また、実際に転倒予防を考慮するにあたっては、これらに「医療者側の要因」を加えます(表2)。

表2転倒発生の“医療者側の要因”

転倒発生の“医療者側の要因”

 

多くの場合、1つの要因だけが該当するということはなく、複数の要因が重なっていることがほとんどです。

アセスメントする際は、カンファレンスを行うなど複数の看護師で検討することが望ましく、また患者および家族と十分なコミュニケーションのうえで実施します。アセスメントによって得た内容は医療者間で確実に情報共有できるようにしておく必要があります。

アセスメントは定期的に行い、特に患者のADLが変化したときや薬剤など治療が変更になったとき、病状が変化したとき、病室移動など環境の変化があった場合は再度アセスメントを実施する必要があります。

 


[参考文献]

  • (1)泉キヨ子 編:特集・EBNで防ぐ転倒・転落.EBナーシング 2002;2(1):5-69.
  • (2)森田恵美子,他:転倒アセスメントスコアシートの改訂と看護師の評定者間一致性の検討.日本看護管理学会誌 2010;14(1):51-58.

[Profile]

川上喜美代

川上 喜美代(かわかみ きみよ)
独立行政法人国立病院機構 東名古屋病院 看護部、医療安全管理室 医療安全管理係長

*略歴は掲載時のものです。


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2015照林社
[出典]エキスパートナース2015年9月号

P.92~93「転倒予防を考えるにあたって、ナースがおさえておきたいこと」

著作権について

この連載

関連記事

いちおし記事

第108回 国試どうだった?

今年は難しかった?簡単だった?試験を終えた会場から速報レポートです! [ 記事を読む ]

採血の手順と注意点

血管が細い場合、どうする? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

バレンタインのチョコ、今まであげたチョコで一番高いのはいくらのチョコ?

投票数:
1389
実施期間:
2019年02月01日 2019年02月23日

心電図、得意?苦手?

投票数:
1399
実施期間:
2019年02月05日 2019年02月26日

あなたを救ったこの1曲

投票数:
1253
実施期間:
2019年02月08日 2019年03月01日

今だから言える!国試の「失敗」教えてください

投票数:
1092
実施期間:
2019年02月12日 2019年03月05日

国試合格のためにやった験担ぎは?

投票数:
1022
実施期間:
2019年02月15日 2019年03月08日

国試が終わった日、どう過ごした?

投票数:
708
実施期間:
2019年02月19日 2019年03月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者55

心膜炎の心電図で、一般的にST上昇が認められない誘導は、V1ともう一つはどれでしょうか?

  • 1.I
  • 2.aVR
  • 3.aVL
  • 4.aVF
今日のクイズに挑戦!