1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 転倒予防を考えるにあたって、ナースがおさえておきたいこととは?|転倒予防のアセスメント

2018年03月14日

転倒予防を考えるにあたって、ナースがおさえておきたいこととは?|転倒予防のアセスメント

『エキスパートナース』2015年9月号<根拠に基づく転倒予防Q&A>より転載。
転倒予防を考えるにあたって、ナースがおさえておきたいことについて解説します。

転倒予防を考えるにあたって、ナースがおさえておきたいこととは?

転倒予防を考えるにあたって、ナースがおさえておきたいことは?

 

ツールを用いて、要因をアセスメントする

前項(なぜ、入院患者は転びやすいの?)で、転倒発生の要因として「身体要因」「環境要因」が挙がりました。

当院では身体要因のアセスメントツールとして、アセスメントシートを作成しています(表1)。

表1転倒・転落アセスメントシート(東名古屋病院版)

転倒・転落アセスメントシート(東名古屋病院版)

 

アセスメントの実施経過をみていくうえで、一覧表になったものを使用すると評価しやすくなります。また、実際に転倒予防を考慮するにあたっては、これらに「医療者側の要因」を加えます(表2)。

表2転倒発生の“医療者側の要因”

転倒発生の“医療者側の要因”

 

多くの場合、1つの要因だけが該当するということはなく、複数の要因が重なっていることがほとんどです。

アセスメントする際は、カンファレンスを行うなど複数の看護師で検討することが望ましく、また患者および家族と十分なコミュニケーションのうえで実施します。アセスメントによって得た内容は医療者間で確実に情報共有できるようにしておく必要があります。

アセスメントは定期的に行い、特に患者のADLが変化したときや薬剤など治療が変更になったとき、病状が変化したとき、病室移動など環境の変化があった場合は再度アセスメントを実施する必要があります。

 


[参考文献]

  • (1)泉キヨ子 編:特集・EBNで防ぐ転倒・転落.EBナーシング 2002;2(1):5-69.
  • (2)森田恵美子,他:転倒アセスメントスコアシートの改訂と看護師の評定者間一致性の検討.日本看護管理学会誌 2010;14(1):51-58.

[Profile]

川上喜美代

川上 喜美代(かわかみ きみよ)
独立行政法人国立病院機構 東名古屋病院 看護部、医療安全管理室 医療安全管理係長

*略歴は掲載時のものです。


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2015照林社
[出典]エキスパートナース2015年9月号

P.92~93「転倒予防を考えるにあたって、ナースがおさえておきたいこと」

著作権について

関連記事

いちおし記事

看護師の平均年収480万円!給料データを大調査【2019年版】

「年収が高い」イメージの看護師。それってホント?最新データから徹底解説! [ 記事を読む ]

オペ室の器械がよくわかる!器械ミュージアム

器械の暗記はオペナースのキホン!使い方はもちろん、細部の機能まで写真で説明してるからわかりやすい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師の仕事は好きですか?

投票数:
1434
実施期間:
2019年04月05日 2019年04月26日

腰が痛くて困ったことはありますか?

投票数:
1085
実施期間:
2019年04月12日 2019年05月03日

職場の飲み会でお酌しますか?

投票数:
1060
実施期間:
2019年04月16日 2019年05月07日

【転職経験者さん限定】前の病院と違っていて驚いたことありますか?

投票数:
826
実施期間:
2019年04月19日 2019年05月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者261

月齢12カ月以下の乳児への乳児用調製粉乳(粉ミルク)を調乳する際、正しいのは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.一度沸騰した40℃以上のお湯を使う。
  • 2.一度沸騰した50℃以上のお湯を使う。
  • 3.一度沸騰した60℃以上のお湯を使う。
  • 4.一度沸騰した70℃以上のお湯を使う。
今日のクイズに挑戦!