1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. キャラ勉!抗菌薬データ>
  4. 発熱性好中球減少症とは

2017年12月06日

発熱性好中球減少症とは

(『キャラ勉!抗菌薬データ』より転載)

 

〈目次〉

 

発熱性好中球減少症の原因・症状

発熱性好中球減少症とはがん化学療法などの好中球を減少させる治療により、好中球が減少し、発熱している状態を示します。消化管や抗がん剤により障害された粘膜、気道、血管内カテーテルなどの刺入部より緑膿菌などのグラム陰性桿菌、MRSA などのグラム陽性球菌、真菌などが侵入し、発症します。
末梢血中の好中球が500/μL 未満、もしくは48 時間以内に500/μL 未満への低下が予想され、かつ腋窩体温が37.5 ℃以上の場合と定義されています。重症例や高齢者ではリスクが高いため、広域抗菌薬が選択され、3〜5 日ごとに評価を繰り返しながら投与します。

 

発熱性好中球減少症の原因菌

  • グラム陰性桿菌(緑膿菌等)
  • グラム陽性球菌(MRSA、コアグラーゼ陰性ブドウ球菌等)
  • 真菌(カンジダ属等)

(左から:グラム陽性球菌、グラム陽性桿菌、グラム陰性球菌)

 

(左から:グラム陰性桿菌、嫌気性菌、定型細菌)

 

(左から:その他、ウイルス、真菌

 

発熱性好中球減少症によく使われる薬

注射薬

 

(左からピペラシリン・タゾバクタム、セフェピム、メロペネム)

memo注意

好中球が減少した患者で発熱した場合は重篤な感染症を併発している可能性が高く、緊急事態として早急な対応が必要となる病態です。

 

内服薬

(左からアモキシシリン・クラブラン酸レボフロキサシン

memo

赤字で薬剤名を書かれた半透明のキャラクターは添付文書で適応外使用となる薬剤

 

併用薬

 

よく使われる薬(第2章より1剤):セフェピム(p.70-71)


[著者Profile]

黒山 政一(くろやま まさかず)
北里大学病院 薬剤部長/薬剤師/医学博士
1676年、東京薬科大学薬学部を卒業し、北里大学病院薬剤部に入職。1991年、医学博士号を取得。2003年、北里大学病院薬剤部長、現在に至る。

小原 美江(こはら はるえ)
北里大学東病院 薬剤部/薬剤師
1998年、北里大学大学院薬学研究科修士課程を修了し、北里大学東病院薬剤部に入職。現在に至る。

村木 優一(むらき ゆういち)
京都薬科大学 臨床薬剤疫学分野 教授/薬剤師/医学博士 1999年、京都薬科大学薬学部を卒業、2001年、同大修士課程を修了し、三重大学医学部付属病院薬剤部に入職。2010年、医学博士号を取得。2011年米国留学後、2013年より副薬剤部長。2017年、京都薬科大学薬学部 臨床薬剤疫学分野 教授に着任。現在に至る。

*略歴は掲載時のものです。


本記事は株式会社羊土社の提供により掲載しています。/著作権所有(C)羊土社
[出典]キャラ勉!抗菌薬データ

 

著作権について

この連載

  • バンコマイシン注|キャラ勉!抗菌薬データ [11/27up]

    (『キャラ勉!抗菌薬データ』より転載) 本記事では、よく使用される抗菌薬をキャラクターで表現しています。 バンコマイシンの適応、投与方法、注意事項、作用などをアイコン化して理解しやすくしています。   バンコ... [ 記事を読む ]

  • 発熱性好中球減少症とは [12/06up]

    (『キャラ勉!抗菌薬データ』より転載)   〈目次〉 発熱性好中球減少症の原因・症状 発熱性好中球減少症の原因菌 発熱性好中球減少症によく使われる薬 併用薬   発熱性好中球減少症...

  • セフェピム|キャラ勉!抗菌薬データ [12/06up]

    (『キャラ勉!抗菌薬データ』より転載) セフェム系薬の1つであるセフェピムは、セフェム系薬のなかで最も幅広い抗菌スペクトルを示し、緑膿菌にも有効です。   本記事では、よく使用される抗菌薬をキャラクターで表現してい... [ 記事を読む ]

  • 耐性菌とは [11/27up]

    (『キャラ勉!抗菌薬データ』より転載) 抗菌薬に対して感受性が低く、高濃度の抗菌薬が存在しても生育できる菌のことを耐性菌といいます。 不適正な抗菌薬の使用により、耐性菌が増加することがあります。 〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

関連記事

いちおし記事

ナースコールが多い人の特徴

ナースコールがないのは、平穏な証拠…とは限りません。 [ 記事を読む ]

結核疑いの患者さんは「◯◯室」に入室。さて、◯◯に入るのは?

結核は、集団感染が起こりやすい疾患の一つです。集団感染を引き起こさないために、結核の疑いのある患者さんにはどのような部屋に入ってもらうでしょうか?検査法などとともに解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

夜勤手当、いくらが妥当?

投票数:
639
実施期間:
2017年11月24日 2017年12月15日

院内勉強会…。忙しくても「出席したい」と思うテーマは?

投票数:
1417
実施期間:
2017年11月28日 2017年12月19日

摘便って得意?

投票数:
543
実施期間:
2017年12月01日 2017年12月22日

インフルエンザの症状、何がいちばんツラい?

投票数:
520
実施期間:
2017年12月05日 2017年12月26日

「これは腰にくる…」どの場面が一番ツラい?

投票数:
457
実施期間:
2017年12月08日 2017年12月29日

仕事で使うボールペン、推しメーカーある?

投票数:
390
実施期間:
2017年12月12日 2018年01月02日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者313

88歳男性の入院患者のAさん。強い便秘症状があり、自宅では毎日下剤を内服しており、入院後もその下剤を持参して服薬しています。「昨日は少量の便が出たが、下の方の腹が重苦しいし、腹が膨れてきた。張って苦しい」と訴えます。今日は硬便が少量あり、医師により指示されたグリセリン浣腸を実施しました。しかし、反応便は水様便少量と排液のみで、腹部症状の改善は見られませんでした。看護師のあなたがAさんに次に行う対応で最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.直腸に便がないか直腸診を試みる。
  • 2.再度グリセリン浣腸を実施する。
  • 3.グリセリン浣腸後、摘便を実施する。
  • 4.経過観察とする。
今日のクイズに挑戦!