1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ナース×医療訴訟>
  4. Q&Aでわかる 「何かあればナースコール」では説明不足?|ナース×医療訴訟

2017年06月22日

Q&Aでわかる 「何かあればナースコール」では説明不足?

看護師さんにとって、医療事故や医療訴訟は決して他人事ではありません。
第1話と第2話では、「入浴中に患者さんが熱傷で死亡してしまった事例」を元に解説してきました。
ここでは、看護師の皆さんが、法律について疑問に思うことをQ & A(Question & Answer)形式で解説します。
第3話は、「看護師の説明義務」についての「Q & A」です。

 

 

大磯義一郎、谷口かおり
(浜松医科大学医学部「医療法学」教室)

 

入浴について「介助を付す義務」「浴室設備などの説明義務」「入浴看視の義務」の3つの義務が大切だということを学んでいただけたと思います。
そういえば、普段、患者さんに異常があった場合はどうするようにと伝えていますか?

私は、「何かあったらすぐにナースコールを押してくださいね」と伝えています。
多分、先輩も同僚もみんな一緒だと思います。

その言葉はよく聞きますが、本当にそれだけで良いんでしょうか?
ここで、看護師さんの説明義務について具体的に解説します。

 

看護師の説明義務とは何か? 「何かあればナースコール」は不適切?

看護師さんの説明義務って何ですか?
例えば、「何かあったらナースコールを押してください」というのは適切な説明ではありませんか?

看護師さんの業務である「療養上の世話」では、直接的に医療を提供することはありません。
しかし、患者さんが医療を受けるうえで、安全・安楽に療養できるように、適切かつ具体的に説明し、理解を得られるように努めなければならないという点で説明義務があります。
「何かあったらナースコールを押してください」は、抽象的・包括的であり、十分な説明ではありません。

 

看護師の説明義務

 

看護師にとって便利な言葉でも、患者さんにとっては不十分

検査や処置、看護ケアなど、あらゆる場面において、看護師さんには説明義務が伴います。

「何かあったら教えてください、または、ナースコールしてください」という言葉は、臨床現場でよく使われますし、忙しい看護師さんにとっては便利な言葉です。しかし、患者さんにとってはどうでしょう? 「何かあったら」は、患者さんそれぞれの解釈になりますし、「どういうことが何かあったらに当たるのか?」と疑問を持つ患者さんは多いようです。

患者さんがきちんと理解できるように、わかりやすい言葉で、具体的に説明することが大切です。

 

患者さんの受け取り方には違いがあるため、理解したかどうかの確認が必要

本件でも、「何かあったらナースコールで呼んでください」という掛けが、説明義務に値するか問われていました。看護師さんなど、医療者側の「何かあったら」は身体的なことだけでなく、本件の場合には「浴室の使い方がわからなかったり、介助が必要だと思ったらナースコールをしてください」という意味が込められていました。

しかし、患者さんの立場にしてみれば、「使い方がわからない」ぐらいでナースコールを押して看護師を呼ぶことは躊躇しますし、患者さん個人の受け取り方によって大きく左右されるため、十分な説明であるとは言えません。

患者さんがきちんと理解できたかどうかを確認することが大切です。

 

memo法律に記されている説明義務(医療法第1条の4、2項)

医師、歯科医師、薬剤師、看護師その他の医療の担い手は医療を提供するにあたり、適切かつ具体的な説明を行い、医療を受ける者の理解を得るように努めなければならない。

 

Point!

  • 患者さんがわかりやすいよう具体的に示そう。
  • 患者さんがきちんと理解できたか、確認しよう。

 

⇒『ナース×医療訴訟』の【総目次】を見る

 


[執筆者]
大磯義一郎
浜松医科大学医学部「医療法学」教室 教授
谷口かおり
浜松医科大学医学部「医療法学」教室 研究員


Illustration:宗本真里奈


著作権について

この連載

  • 褥瘡予防対策は病院の義務!看護師が知っておくべき3つのこと [09/01up]

    体位変換などの褥瘡予防措置は、療養上の世話となります。したがって、褥瘡が発生した際に看護師が訴訟で問われるケースも考えられます。 褥瘡予防措置を適切に行い、訴訟トラブルを避けるためには、①「褥瘡予防・管理ガイドライン」の遵守、②褥... [ 記事を読む ]

  • 体位変換なされず褥瘡が発生!? 患者が病院へ500万円の損害賠償を請求 [09/01up]

    1997年から2009年の判例によると、「褥瘡」に関する訴訟は、原告勝訴率75%でした。しかし、2009年以降は、医療施設内で、「褥瘡」に関する訴訟はありません。ということは、「褥瘡」に関する訴訟はなくなったのでしょうか? 過去の判... [ 記事を読む ]

  • Q&Aでわかる 「何かあればナースコール」では説明不足? [06/22up]

    看護師さんにとって、医療事故や医療訴訟は決して他人事ではありません。 第1話と第2話では、「入浴中に患者さんが熱傷で死亡してしまった事例」を元に解説してきました。 ここでは、看護師の皆さんが、法律について疑問に思うことをQ & ...

  • 療養上の世話で大切な3つの義務 [06/22up]

    看護師さんにとって、医療事故や医療訴訟は決して他人事ではありません。 ここでは、医療事故を起こしてしまったときに看護師さんが知っておくべき医療に関する法律の知識を解説します。 第2話では、「入浴中に患者さんが熱傷で死亡してしまっ... [ 記事を読む ]

  • 入浴中に患者さんが熱傷で死亡! 看護師の判断と注意義務の必要性 [06/22up]

    生命を扱う臨床現場で日夜働く看護師さんにとって、医療事故や医療訴訟は決して他人事ではありません。 前回は、「誤嚥によって、患者さんが窒息死してしまった事例」について紹介しました。 第5回は、「入浴中に、患者さんが熱傷で死亡してし... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 滅菌手袋を装着する際にも衛生的手洗いを行うのはなぜ? [08/25up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は衛生的手洗いと滅菌手袋に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   滅菌手袋を装着する際にも衛生的手洗いを行うのはなぜ? 手袋を装着... [ 記事を読む ]

  • エアウェイの種類と使用方法は? [03/03up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「エアウェイの種類と使用方法」に関するQ&Aです。   露木菜緒 国際医療福祉大学成田病院準備事務局   エアウェイの種類と使用方法は? ... [ 記事を読む ]

  • 感染経路別予防策 [08/18up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は感染経路別予防策について解説します。 江口正信 公立福生病院診療部部長   〈目次〉 接触感染 飛沫感染 空気感染 感染経路別予防策 ... [ 記事を読む ]

  • 無菌操作を行うのはなぜ? [09/01up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は無菌操作に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   無菌操作を行うのはなぜ? 滅菌された器材の滅菌状態を保ち、感染を拡大させないた... [ 記事を読む ]

  • 医師がエコー検査を行っている間、看護師さんにフォローして欲しいこと [02/22up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、看護師さんに知っておいて欲しい「医... [ 記事を読む ]

いちおし記事

根拠はないけど|マンガ・ぴんとこなーす【262】

看護記録に書いた根拠を激ヅメされた新人ナースのサエコちゃん。その記録内容は… [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1397
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1295
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1139
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1120
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
1003
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
853
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
198
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者6732

◆移乗時の問題◆手術が終了した患者さんを手術台からストレッチャーに移乗させる際のライン類の扱いで正しいものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.スタッフが各自でドレーンや点滴を確認して移乗させる。
  • 2.患者さんが麻酔から十分に覚醒していない場合は、ストレッチャーへ移乗させてからドレーン類を整理する。
  • 3.術後は術者や看護師がラインを確認しているため、移乗時にはラインのたるみがないよう、ライン類が伸展してしっかり固定してあるかの確認をする。
  • 4.患者さんに挿入されているライン類はたるみや引っ掛かりがないかを移乗前に確認し、スタッフで共有してからリーダーの声掛けで移乗させる。
今日のクイズに挑戦!