1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 人工呼吸ケアのすべてがわかる>
  4. NO吸入療法の開始及び中止基準は?回路の構造は?

2019年09月12日

NO吸入療法の開始及び中止基準は?回路の構造は?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

今回は「NO吸入療法」に関するQ&Aです。

 

三浦規雅
東京都立小児総合医療センターPICU主任

 

NO吸入療法の開始および中止基準は? 回路の構造は?

NO吸入療法は、効果の得られる最低濃度で行います。減量・中止時は、リバウンド現象に注意が必要です。

 

〈目次〉

 

NO吸入療法

NOは、酸素と反応して強い毒性を有するNO2(二酸化窒素)を発生する。

NO2産生量は、NO濃度、酸素濃度、NOと酸素の接触時間の長さに比例するため、吸入NO濃度は、効果が得られる最低濃度で使用する。

 

NO吸入療法の開始基準

NO吸入量法開始時は、FIO21.0、20ppmで開始し、効果を判定し、効果を得られる最低濃度まで下げていく。

NO濃度は、原則20ppm上限とする。これより高濃度のNO吸入量法での有用性は低いとされている。

 

NO吸入療法の中止基準

急激にNOの減量・中止を行うと、肺高血圧症や低酸素血症の増悪をきたしやすい(リバウンド現象)ため、徐々に減量していく。なるべく低い濃度(1ppm以下)から中止し、中止する際には酸素濃度を一時的に上げる。

平滑筋弛緩に関与しなかったNOは、血管内でHb(ヘモグロビン)と結合し、MetHb(メトヘモグロビン)となる。MetHbからは、酸素結合、運搬機能が失われているため、過剰となると低酸素血症をきたす。

MetHbが1〜2%以上になった状態をメトヘモグロビン血症という。国立成育医療研究センターPICUでは、MetHb2.0%以上でNO吸入療法の中止を検討している。

 

NO吸入療法の回路の構造

アイノベント®・アイノフロー®を用いたNO吸入療法の回路を図1に、工業用一酸化窒素を用いたNO吸入療法の回路を図2に示す。

図1アイノベント®・アイノフロー®を用いたNO吸入療法の回路

 

図2工業用一酸化窒素を用いたNO吸入療法の回路

 

 

 

 


[文献]

  • (1)斉藤修:HFOV.救急・集中治療 2010;22:360.
  • (2)宮坂勝之,中川聡:肺循環障害とNO.CLINICIAN 1996;456:64-70.
  • (3)中村知夫,高田正雄,宮坂勝之:一酸化窒素(NO)と小児肺高血圧症.小児科1995;36:997-1005.
  • (4)志馬信朗,橋本悟,問田千晶:小児ICUマニュアル改訂第6版,永井書店,大阪,2012:50/121-122.
  • (5)坂井裕一:小児ICUにおけるNO吸入療法.ICUとCCU1995;19:1037-1043.

本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

著作権について

この連載

  • ウィーニング時に注意することは?|小児の人工呼吸管理 [09/26up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「ウィーニング時の注意点」に関するQ&Aです。   三浦規雅 東京都立小児総合医療センターPICU主任   ウィーニング時に注意することは? ... [ 記事を読む ]

  • NO吸入療法の看護上の注意点は? [09/19up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「NO吸入療法の看護上の注意点」に関するQ&Aです。   三浦規雅 東京都立小児総合医療センターPICU主任   NO吸入療法の看護上の注意点は... [ 記事を読む ]

  • NO吸入療法の開始及び中止基準は?回路の構造は? [09/12up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「NO吸入療法」に関するQ&Aです。   三浦規雅 東京都立小児総合医療センターPICU主任   NO吸入療法の開始および中止基準は? 回路の構...

  • NO(一酸化窒素)吸入療法の特徴・適応は? [09/05up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「NO(一酸化窒素)吸入療法」に関するQ&Aです。   三浦規雅 東京都立小児総合医療センターPICU主任   NO(一酸化窒素)吸入療法の特徴... [ 記事を読む ]

  • HFOV(高頻度振動換気法)中の看護上の注意点は? [08/29up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「HFOV中の看護上の注意点」に関するQ&Aです。   三浦規雅 東京都立小児総合医療センターPICU主任   HFOV(高頻度振動換気法)中の... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

ベテラン看護師の態度にモヤモヤ

「とあるベテラン看護師と険悪ムードでつらい…」というお悩み。あなたならどうする? [ 記事を読む ]

PaO2?pH?BE?血液ガス分析でどんなことがわかるの?

各検査データからわかることをサクッとおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1372
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1292
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
1194
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
1209
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日

好きなイラストレーターはいる?

投票数:
967
実施期間:
2019年12月10日 2019年12月31日

勝手に命名選手権!

投票数:
758
実施期間:
2019年12月13日 2020年01月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1149

◆がん看護の問題◆「がん薬物療法における職業性曝露対策ガイドライン 2019年版」において、抗がん剤の曝露対策として誤っているものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.抗がん剤の投与時には、揮発した抗がん剤を吸入したり、手指に付着した抗がん剤を経口摂取したりしてしまうなどで医療者が曝露しないようにする。
  • 2.抗がん剤の投与時には、二重手袋、ガウン、フェイスシールド、マスク、吸入器防護具(N95マスクなど)の使用が望ましい。
  • 3.抗がん剤投与終了後24時間は曝露のリスクがあるとされているため、患者さんの体液や排泄物は注意して扱う。
  • 4.経口抗がん剤を在宅で内服する患者さんには、できる限り患者さん以外が薬剤に触れないよう指導する。
今日のクイズに挑戦!