1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 人工呼吸ケアのすべてがわかる>
  4. HFOV(高頻度振動換気法)中の看護上の注意点は?

2019年08月29日

HFOV(高頻度振動換気法)中の看護上の注意点は?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

今回は「HFOV中の看護上の注意点」に関するQ&Aです。

 

三浦規雅
東京都立小児総合医療センターPICU主任

 

HFOV(高頻度振動換気法)中の看護上の注意点は?

高い胸腔内圧による循環器系・神経系障害や、重くて固い呼吸器回路による弊害に留意する必要があります。

 

〈目次〉

 

体位の管理

1頭位挙上の維持

HFOVの特徴は、CMVに比べて持続的に高い気道内圧がかかることである。したがって、胸腔内圧上昇による静脈還流障害から頭蓋内圧亢進をきたす恐れがあるため、頭位挙上として静脈還流の改善を図るとともに、頭蓋内圧亢進所見に注意する。

頭位挙上は、横隔膜を下げ、肺容量の改善にもつながる。肺容量の改善には、胃管のビューロー式減圧による腹部減圧も有効である(図1)。

図1HFOV中の体位管理

 

2回路の固定・取り回し

HFOVの呼吸器回路は、回路内での振動の減衰を抑えるために、CMVの呼吸器回路に比べて固く重い。

したがって、気管チューブが屈曲しやすく、固定がゆるみやすく、気管チューブの位置のずれが生じやすいため、呼吸器回路の固定や取り回しに工夫を要する(図2)。

図2HFOV回路の固定法(例)

 

3体位変換

HFOV施行中も体位変換は可能であるが、回路の特性上、ある程度の制約は生じる。

HFOV施行中の褥瘡好発部位は、後頭部、側頭部、介部、後頸部、肩甲骨部である。体圧分散寝具や皮膚保護材などを用いて、褥瘡予防を図る(図3)。

図3褥瘡予防

 

体位変換は、安全に配慮して複数名で行い、体位変換後は胸部の振動状態やSpO2から呼吸状態を評価し、必要であればSIをかけて、肺胞の再拡張を図る。

 

バイタルサイン測定法

HFOV施行中は、心音を聴取することがしばしば困難となるため、必要であれば手動式換気中に聴取する。脈は、触知またはドップラーにて聴取することができる。

HFOV施行中は、上肢による血圧測定は不安定で、高く測定されることもある。その場合には、下肢での測定が安定している。

HFOV施行中は、静脈還流障害から心拍出量の減少が生じる。特に、SIをかける場合は血圧低下が顕著であるためモニタリングしながら行い、状況に応じてSIをかける秒数も調整する必要がある。

 


[文献]

  • (1)斉藤修:HFOV.救急・集中治療 2010;22:360.
  • (2)宮坂勝之,中川聡:肺循環障害とNO.CLINICIAN 1996;456:64-70.
  • (3)中村知夫,高田正雄,宮坂勝之:一酸化窒素(NO)と小児肺高血圧症.小児科1995;36:997-1005.
  • (4)志馬信朗,橋本悟,問田千晶:小児ICUマニュアル改訂第6版,永井書店,大阪,2012:50/121-122.
  • (5)坂井裕一:小児ICUにおけるNO吸入療法.ICUとCCU1995;19:1037-1043.

本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

著作権について

この連載

  • NO吸入療法の開始及び中止基準は?回路の構造は? [09/12up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「NO吸入療法」に関するQ&Aです。   三浦規雅 東京都立小児総合医療センターPICU主任   NO吸入療法の開始および中止基準は? 回路の構... [ 記事を読む ]

  • NO(一酸化窒素)吸入療法の特徴・適応は? [09/05up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「NO(一酸化窒素)吸入療法」に関するQ&Aです。   三浦規雅 東京都立小児総合医療センターPICU主任   NO(一酸化窒素)吸入療法の特徴... [ 記事を読む ]

  • HFOV(高頻度振動換気法)中の看護上の注意点は? [08/29up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「HFOV中の看護上の注意点」に関するQ&Aです。   三浦規雅 東京都立小児総合医療センターPICU主任   HFOV(高頻度振動換気法)中の...

  • HFOV(高頻度振動換気法)中の気道管理と注意点は? [08/22up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「HFOV中の気道管理」に関するQ&Aです。   三浦規雅 東京都立小児総合医療センターPICU主任   HFOV(高頻度振動換気法)中の気道管... [ 記事を読む ]

  • HFOV(高頻度振動換気法)の特徴・適応は? [08/15up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「HFOV(高頻度振動換気法)の特徴・適応」に関するQ&Aです。   三浦規雅 東京都立小児総合医療センターPICU主任   HFOV(高頻度振... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(1)

【水曜連載】父のがん発見をきっかけに、「死」について考えるエッセイマンガ。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

今期のドラマ、何が楽しみ?

投票数:
2393
実施期間:
2019年10月25日 2019年11月15日

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1217
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1128
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
969
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
880
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
409
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者833

◆転倒・転落のアセスメントの問題◆誤嚥性肺炎で入院となった83歳男性。末梢の持続点滴と経鼻での酸素投与中で、ポータブルトイレでの排泄の安静制限があります。入院前のADLは自立していましたが、前立腺肥大のため頻尿で、日中は8回、夜間2回程度の排尿がみられます。この患者さんの転倒・転落のアセスメントの対応として適切なものはどれでしょうか?

  • 1.夜間に十分な睡眠ができるように長時間作用型の睡眠薬を投与する。
  • 2.ベッドから立ち上がる際は、オーバーテーブルにつかまって立ち上がるよう指導する。
  • 3.夜間は一人で動くと危ないので身体抑制を行ってもよいか、本人とご家族に尋ねる。
  • 4.患者さんの排泄パターンを観察し、トイレに誘導する。
今日のクイズに挑戦!