1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 人工呼吸ケアのすべてがわかる>
  4. HFOV(高頻度振動換気法)中の気道管理と注意点は?

2019年08月22日

HFOV(高頻度振動換気法)中の気道管理と注意点は?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

今回は「HFOV中の気道管理」に関するQ&Aです。

 

三浦規雅
東京都立小児総合医療センターPICU主任

 

HFOV(高頻度振動換気法)中の気道管理と注意点は?

HFOVで有効な酸素化・換気を得るには、肺胞が開存し、振動が肺胞に達している必要があります。

 

〈目次〉

 

HFOVの利点

HFOVの利点は、圧振幅が非常に小さいままに高い平均気道内圧を保ち、酸素化と換気を図ることができる点にある。

HFOVの利点を活かすには、十分に肺容量があること、振動が肺胞に達していることが前提となる。つまり、虚脱している肺や、分泌物の貯留している状態では、有効なガス交換を行うことはできない。

 

HFOV中の気道管理のポイント

1アセスメント

聴診

HFOV中の呼吸音聴取は困難だが、聴診により音の高低を判断することはできる。

比較的高音あるいはくぐもった音

液状成分が多く、換気の悪い肺区域

比較的低音

換気のよい肺区域

 

振動の確認

HFOV中に、有効に換気を得られているかを外表から評価するには、振動の程度を評価することが有効である。

通常

stroke volumeは腹壁から大腿部まで振動が得られるように設定される。

胸壁の振動の左右差、振動の減弱

分泌物が貯留している可能性がある(図1)。

図1振動の程度の評価

 

2振動減弱時の対応

気管吸引後や、呼吸器回路を一時的に開放した場合などは、肺容量が低下する。その状態で、HFOVを施行しても再拡張は得られず、有効なガス交換を行うことはできないため、SI(sustained inflation/サスティンドインフレーションまたはSigh/サイ)により、一度肺胞を再拡張させる必要がある(図2)。

図2SIの効果

SIの方法には複数あるが、一定時間、気道内圧(設定されたSI圧)を高く保つために、循環動態への影響が生じることから、心拍数血圧中心静脈圧をモニタリングしながら行う必要がある。数秒を2〜3回繰り返す方法が比較的安全で推奨される。

気道の分泌物のほか、呼吸器回路内の結露の貯留、気管チューブの屈曲、呼吸器回路の屈曲などによっても、振動が減弱する。

気管チューブのリークによっても、振動効率が低下することがある。患者の状態によっては、気管チューブを適切なサイズに入れ替える。入れ替えが困難な場合には、口腔や鼻腔にガーゼなどを詰めてリークを最小限に抑え、振動効率の改善を図る。

 


[文献]

  • (1)斉藤修:HFOV.救急・集中治療 2010;22:360.
  • (2)宮坂勝之,中川聡:肺循環障害とNO.CLINICIAN 1996;456:64-70.
  • (3)中村知夫,高田正雄,宮坂勝之:一酸化窒素(NO)と小児肺高血圧症.小児科1995;36:997-1005.
  • (4)志馬信朗,橋本悟,問田千晶:小児ICUマニュアル改訂第6版,永井書店,大阪,2012:50/121-122.
  • (5)坂井裕一:小児ICUにおけるNO吸入療法.ICUとCCU1995;19:1037-1043.

本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

著作権について

この連載

  • NO(一酸化窒素)吸入療法の特徴・適応は? [09/05up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「NO(一酸化窒素)吸入療法」に関するQ&Aです。   三浦規雅 東京都立小児総合医療センターPICU主任   NO(一酸化窒素)吸入療法の特徴... [ 記事を読む ]

  • HFOV(高頻度振動換気法)中の看護上の注意点は? [08/29up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「HFOV中の看護上の注意点」に関するQ&Aです。   三浦規雅 東京都立小児総合医療センターPICU主任   HFOV(高頻度振動換気法)中の... [ 記事を読む ]

  • HFOV(高頻度振動換気法)中の気道管理と注意点は? [08/22up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「HFOV中の気道管理」に関するQ&Aです。   三浦規雅 東京都立小児総合医療センターPICU主任   HFOV(高頻度振動換気法)中の気道管...

  • HFOV(高頻度振動換気法)の特徴・適応は? [08/15up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「HFOV(高頻度振動換気法)の特徴・適応」に関するQ&Aです。   三浦規雅 東京都立小児総合医療センターPICU主任   HFOV(高頻度振... [ 記事を読む ]

  • 月齢別の気管チューブのサイズと固定位置のめやすは?|小児の人工呼吸管理 [08/08up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「月齢別の気管チューブのサイズと 固定位置」に関するQ&Aです。   三浦規雅 東京都立小児総合医療センターPICU主任   月齢別の気管チュー... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 知っておきたい臨床で使う指標【総目次】 [05/25up]

      根本 学 (埼玉医科大学国際医療センター 救命救急科診療部長)   はじめに 臨床現場で使用することの多い指標は、ナースなら知っておきたい知識の一つです。 指標を上手く使いこなすことができると... [ 記事を読む ]

  • 気管挿管患者の口腔ケア あなたは洗浄派?それとも清拭派? [07/13up]

    気管挿管患者への口腔ケアは、単なる清潔ケアという意味だけではなく、VAP(人工呼吸器関連肺炎)などの合併症を防ぐという意味において、重要な看護技術です。   その口腔ケアの重要なポイントの一つ、口腔内ブラッシングを行った... [ 記事を読む ]

  • 正常な呼吸音の特徴|基礎編(6) [04/19up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説します。 構成は、聴診器の使い方から呼吸器の構造を解説した【基礎編】と、疾患の解説と筆者が臨床で遭遇した症例の聴診音を解説した【実践編】の2部に... [ 記事を読む ]

  • 看護師さんにオススメする聴診の勉強会・研究会 [12/20up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第7話は、... [ 記事を読む ]

  • 呼吸音と副雑音の分類|基礎編(5) [04/12up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説します。 構成は、聴診器の使い方から呼吸器の構造を解説した【基礎編】と、疾患の解説と筆者が臨床で遭遇した症例の聴診音を解説した【実践編】の2部に... [ 記事を読む ]

いちおし記事

点滴の留置針交換でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(8)

タイミングの違いに関する3年目ナースのお悩み。あなたの職場ではどんなルールがある? [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1375
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1273
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1120
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1097
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
968
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
795
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者976

◆移乗時の問題◆手術が終了した患者さんを手術台からストレッチャーに移乗させる際のライン類の扱いで正しいものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.スタッフが各自でドレーンや点滴を確認して移乗させる。
  • 2.患者さんが麻酔から十分に覚醒していない場合は、ストレッチャーへ移乗させてからドレーン類を整理する。
  • 3.術後は術者や看護師がラインを確認しているため、移乗時にはラインのたるみがないよう、ライン類が伸展してしっかり固定してあるかの確認をする。
  • 4.患者さんに挿入されているライン類はたるみや引っ掛かりがないかを移乗前に確認し、スタッフで共有してからリーダーの声掛けで移乗させる。
今日のクイズに挑戦!