1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 人工呼吸ケアのすべてがわかる>
  4. 人工呼吸管理中の栄養評価の方法は?

2019年04月23日

人工呼吸管理中の栄養評価の方法は?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

今回は「人工呼吸管理中の栄養評価」に関するQ&Aです。

 

清水孝宏
那覇市立病院看護部看護師長

 

人工呼吸管理中の栄養評価の方法は?

血液データや身体計測などがありますが、病状の回復や患者の活気が出てくることが一番の栄養評価です。

 

〈目次〉

 

データによる栄養状態の評価

健常者であれば、アルブミンや総コレステロール中性脂肪、コリンエステラーゼなどの血液データが栄養状態を反映している。

人工呼吸器を装着している患者の多くが、肺炎や外傷などの侵襲を抱えている。このような病態では、神経内分泌系の賦活化や炎症性サイトカインの産生が多くなっており、体内の代謝亢進している。

身体計測にしても、全身の浮腫が見られる状態では評価が困難である。

 

人工呼管理吸中の栄養評価

人工呼吸管理中の適切な栄養評価は困難といえる。しかし、栄養評価は、栄養量の増量または減量を決定するうえで重要である。そこで、さまざまなデータを組み合わせて総合的に判断することになる。

例えば、侵襲による影響が比較的少ない総コレステロールや中性脂肪、コリンエステラーゼなどから入院前の栄養状態を推測する。

アルブミン値は炎症で上昇するCRP(急性相タンパク)の影響を受けるので、両方の推移を見る。

アルブミン値は半減期が14~20日と比較的前の栄養状態を反映しているため、半減期の短いプレアルブミン(トランスサイレチン)を参考にするのも1つの方法である。

人工呼吸器装着患者の最も妥当な栄養評価は、患者の活動性が増えること、疾病が回復へ向かうことだと考えられる。

 


[文献]

  • (1)飯干泰彦,岡田正:腸粘膜萎縮の病態とその対策静脈栄養時にみられる腸粘膜の形態学的変化.JJPN1995;17:459-462.
  • (2)氏家良人,海塚安郎,佐藤格夫,他:急性呼吸不全による人工呼吸患者の栄養管理ガイドライン2011年版.人工呼吸 2012;29:75-120.
  • (3)McClave SA, Martindale RG, Vanek VW, et al. Guidelines for the Provision and Assessment of Nutrition Support Therapy in the Adult Critically Ill Patient: Society of Critical Care Medicine (SCCM)and AmericanSociety for Parenteral and Enteral Nutrition(ASPEN). JPEN 2009; 33: 277- 316.
  • (4)Clinical Evaluation Research Unit:Practice Guideline 2013, http://www.criticalcarenutrition.com(2014年11月18日閲覧).
  • (5)Singer P, Berger MM, van den Berghe G, et al. ESPEN Guidelines on Parenteral Nutrition: intensive care. Clin Nutr 2009:28:387-400.

本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(1)

【水曜連載】父のがん発見をきっかけに、「死」について考えるエッセイマンガ。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

今期のドラマ、何が楽しみ?

投票数:
2393
実施期間:
2019年10月25日 2019年11月15日

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1217
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1128
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
969
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
880
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
409
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者840

◆転倒・転落のアセスメントの問題◆誤嚥性肺炎で入院となった83歳男性。末梢の持続点滴と経鼻での酸素投与中で、ポータブルトイレでの排泄の安静制限があります。入院前のADLは自立していましたが、前立腺肥大のため頻尿で、日中は8回、夜間2回程度の排尿がみられます。この患者さんの転倒・転落のアセスメントの対応として適切なものはどれでしょうか?

  • 1.夜間に十分な睡眠ができるように長時間作用型の睡眠薬を投与する。
  • 2.ベッドから立ち上がる際は、オーバーテーブルにつかまって立ち上がるよう指導する。
  • 3.夜間は一人で動くと危ないので身体抑制を行ってもよいか、本人とご家族に尋ねる。
  • 4.患者さんの排泄パターンを観察し、トイレに誘導する。
今日のクイズに挑戦!