1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 人工呼吸ケアのすべてがわかる>
  4. 呼吸不全に適した栄養組成や配分は?|人工呼吸管理中の栄養管理

2019年04月16日

呼吸不全に適した栄養組成や配分は?|人工呼吸管理中の栄養管理

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

今回は「呼吸不全に適した栄養組成や配分」に関するQ&Aです。

 

清水孝宏
那覇市立病院看護部看護師長

 

呼吸不全に適した栄養組成や配分は?

水分量を抑えるとともに、二酸化炭素の産生を少なくするような配分や、炎症を抑制し免疫を賦活させる栄養組成が適している可能性があります。

 

〈目次〉

 

水分管理が最も重要

呼吸不全は、肺の酸素化能と二酸化炭素排出能の低下が問題となる。

肺胞実質と肺胞と肺胞の隙間である間質との間に水分が貯留し、肺胞の中にまで水分が浸み出す状態を「肺水腫」という。

肺水腫には、心不全による肺毛細血管の静水圧の上昇によるものと、ARDS(急性呼吸窮迫症候群)のように炎症による血管透過性亢進によるものとがある。

呼吸不全はいずれによっても起こるが、共通する問題は水分の貯留である。水分の貯留をいかに回避するかが管理上きわめて重要であり、時には胸水を除去することや、利尿薬を用いる場合もある。

栄養補給の際は、経腸・経静脈、いずれも水分を入れることになる。呼吸不全患者には、この水分量をできるだけ少なくする栄養投与計画が重要となる。

経腸栄養ならば1.0kcal/mLから2.0kcal/mLの製剤がある。同じ量でも倍のエネルギー補給が可能ならば2.0kcal/mLを選択するメリットがある。

また、経腸栄養剤の量が多ければそれだけ腹部膨満となりうる可能性もある。腹部膨満は横隔膜を上方へ押し上げ、横隔膜の呼吸運動の障害をきたす原因となる。このような水分管理が呼吸不全の栄養管理の基本となる。

 

抗炎症効果が期待される製剤

水分管理以外の呼吸不全に対する栄養組成については、抗炎症作用の期待できるω(オメガ)3系の脂肪を用いた製剤(オキシーパTM)がある。死亡率の低下には至らないが、人工呼吸器装着期間やICU滞在日数の短縮が期待できる。

 

略語

  • ARDS(acute respiratory distress syndrome):急性呼吸窮迫症候群

[文献]

  • (1)飯干泰彦,岡田正:腸粘膜萎縮の病態とその対策静脈栄養時にみられる腸粘膜の形態学的変化.JJPN1995;17:459-462.
  • (2)氏家良人,海塚安郎,佐藤格夫,他:急性呼吸不全による人工呼吸患者の栄養管理ガイドライン2011年版.人工呼吸 2012;29:75-120.
  • (3)McClave SA, Martindale RG, Vanek VW, et al. Guidelines for the Provision and Assessment of Nutrition Support Therapy in the Adult Critically Ill Patient: Society of Critical Care Medicine (SCCM)and AmericanSociety for Parenteral and Enteral Nutrition(ASPEN). JPEN 2009; 33: 277- 316.
  • (4)Clinical Evaluation Research Unit:Practice Guideline 2013, http://www.criticalcarenutrition.com(2014年11月18日閲覧).
  • (5)Singer P, Berger MM, van den Berghe G, et al. ESPEN Guidelines on Parenteral Nutrition: intensive care. Clin Nutr 2009:28:387-400.

本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

ぴんとこ総選挙 結果発表|マンガ・ぴんとこなーす【番外編】

1位は看護のジレンマがテーマのあの話!あなたの推し回はランクインしてる? [ 記事を読む ]

熱中症の応急処置・治療の方法は?

暑さが本格化…!熱中症の対応は万全に! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

ナース・プラクティショナーの制度に賛成?反対?

投票数:
1242
実施期間:
2019年07月30日 2019年08月20日

あなたを癒やしてくれる存在とは?

投票数:
1192
実施期間:
2019年08月02日 2019年08月23日

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1041
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1020
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
895
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
733
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者767

慢性心不全の70歳男性のAさん。外来受診時に、「今度、家族と旅行に行く予定があるが、自宅でトイレに行くときにちょっと息切れが出るので少し不安がある」という訴えがありました。AさんをNYHA分類に当てはめた場合、適切なアドバイスはどれでしょうか?

  • 1.心臓リハビリテーションは中止するよう伝える。
  • 2.入浴はしないほうがよいと伝える。
  • 3.旅行は、長時間かかる電車よりも、移動が短時間で済む飛行機を勧める。
  • 4.毎日体重測定を行うように指導していく。
今日のクイズに挑戦!