1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. エキスパートナース>
  4. 統合失調症|一般病棟でもよく出会う精神疾患・症状の基礎と対応のヒント

2017年08月31日

統合失調症|一般病棟でもよく出会う精神疾患・症状の基礎と対応のヒント

エキスパートナース

『エキスパートナース』2014年10月号<精神症状への対応>より抜粋。
一般病棟でもよく出会う精神疾患のひとつ、総合失調症について、基礎知識と現れやすい症状への対応をまとめました。
治療の場での精神症状へのかかわり方』で解説した基本的なかかわり方を、実際に現場で、どのような言葉かけで生かしていけばいいのかを紹介します。

 

宮内倫也
名古屋大学大学院、刈谷病院 精神科

 

〈目次〉

 

統合失調症の基礎知識

統合失調症の患者さんは小さな変化やノイズを敏感に察知する能力をもっていますが、それに揺さぶられてつらさにもつながります。

“先を案じる”ことに縛られて、湧き上がる不安感に圧倒されます。それを抱えられなくなると“外からやってくるもの”として対処しようとし、その現れが幻聴であり被害妄想です(周りに“わかられている”感覚)。

ほかには、自分の考えが他人に筒抜けになると感じる“思考伝播”、身体の感覚が異常なものにさせられると感じる“身体への影響体験”(体中に配線を入れられている、など)、意欲が出なくて活動が落ちる“自発性の低下”、感情の色合いが単調になる“感情の平坦化”などの症状があります。

総合失調症

 

統合失調症の薬剤治療の進み方

抗精神病薬を用いますが、改善しづらいことがあり幻聴や妄想に苦しむ患者さんも多いです。

副作用は錐体外路症状高プロラクチン血症、抗コリン作用による口渇消化管運動抑制など。発熱や筋強剛や意識障害をきたす“悪性症候群”は致死的になることも。

 

統合失調症の経過観察とアセスメントのポイント

幻覚や妄想が目立たずに自発性の低下が主体の患者さんもいます。患者さんが動かないと何とか動かしたくなりますが、外の世界を怖く感じていることも多いため、無理強いはしないほうがよいかもしれません。また、不眠が続くと容易に症状が悪化します。

注意点は、幻覚や妄想があっても統合失調症とは限らないこと。身体疾患(例えば脳炎やステロイドの副作用)でも起こりますし、どの精神疾患も重症化すると妄想的な部分が強くなってきます。

 

統合失調症の対応のポイント

話すときの距離は少しだけ遠めにとることを意識します。関係性ができていないときに距離が近いと、統合失調症の患者さんは怖さを感じることがあります。

幻聴や妄想に対しては後述しますが、「不思議だねぇ」というくらいの返しで、でも特に被害的な幻聴や妄想は、その奥底に不安や不信があるかもしれないというイメージをもっておきましょう。それだけでも患者さんに伝わる空気は違ってくるように感じます。

接するときは、あまり眼を見ないことが大事。じっと眼を見ることは、統合失調症の患者さんにとって侵襲的になることがあります。

 

こんなとき、ナースに何ができる?:幻聴の訴えがあるとき

幻聴が聞こえてきてつらいときは、ふだんどうやって対処しているのかを聞いてみて、今もそれをできそうか尋ねます。

そしてこちらの対処としては「私は経験してないけど、不思議だねぇ。ずっと続くことはないと思うんだけどね」くらいの感じでいいと思います。

ただ、自分や他人を傷つけるような命令をする幻聴や妄想については「それが間違ってたら取り返しがつかないから、しないでください」と伝えましょう1

また、図1のようにお話しするのも大事です。噛み砕いて紙に書きながら、患者さんに話してみます。「いや、そうじゃない。絶対に違う」と言われたらいったん退く。意地になって説得しようとすると失敗しますから、「不安・不眠・過労・孤立」が症状を悪化させることだけお話しして、ほかはタイミングを見て何回か繰り返してそっと伝えます。

看護のポイントも上記の4つの要素を重点に。

図1幻聴があるときの説明のしかた

●“不安・不眠・過労・孤立”によってこころが限界になると、どんな人も幻を体験します。
●例として雪山の遭難や“マッチ売りの少女”があります。遭難すると嫌な声が聞こえたり山小屋が見えたりするし、マッチ売りの少女は死ぬ前にごちそうや暖炉の幻を見ました。

● そして、他人の声のようだけれども、自分の考えが声として聞こえてくる場合があります。
● そのため、“自分の思うことを言い当てられる”“自分の自信のないところを言われる”と感じます。

●実際の他人の声ではないので、気にかけないでおくのが大事です。
●“不安・不眠・過労・孤立”は幻の声を強くしてしまうため、それらの改善をしましょう。

 

ここが大切!

  • 患者さんに、“いつもの対応”ができそうか尋ねてみましょう。
  • 自分や他人を傷つけるような命令をする幻聴は、「間違っていたら取り返しがつかないから」と止めましょう。

 

こんなとき、ナースに何ができる?:治療拒否や攻撃的態度があるとき

被害妄想が強いと、治療に対しても「毒が入ってるだろ!」「なんでこんなことするんだ!」と言われて難渋することがあります。実際、精神科でもなかなか治療に乗ってくれずに困ってしまうことも……。

まずこんなときは、「先生はあなたの身体の病気が心配で、今はあなたの人生の中で大事なときだと思っています。私も同意見です」としっかりと伝えます。少し興奮が強いときは、身体診察をするとよいとされます。手首の脈を触れて、聴診をする。それで静かになることもままあり、言葉として「あなたはそう思えないかもしれないけど、本当は大丈夫なんですよ」と添えて根底にある不安恐怖をやわらげてあげます。

そして精神科にコンサルトをして、薬剤の調整をしてもらったり、接し方を相談したりしましょう。

ここが大切!

  • 根底にある不安恐怖をやわらげることが大事。
  • 身体診察をするのもよいとされます。

 

こんなとき、ナースに何ができる?:患者さんが錯乱状態にあるとき

統合失調症の患者さんはふだんおとなしくていい人なのですが、追いつめられると“窮鼠(きゅうそ)猫を噛む”的な反撃に転じることがあります。こんなときは適切な鎮静が必要で、薬剤投与にかけましょう。けっして1人で対応せず、複数人で接し、警備員を呼び、かつ精神科にすみやかにお願いをします。

ナースの皆さんがすべて背負う必要はありません。鎮静の治療も“医師”という立場の人間が、患者さんに対して責任をもって行ったほうがシンプルでよいと思います。

 

ここが大切!

  • 適切な鎮静が必要な状況です。
  • 1人で対応せず、警備員や医師、精神科に連絡しましょう。

 


[Profile]
宮内倫也(みやうちともや)
名古屋大学大学院、刈谷病院 精神科
2009年新潟大学医学部医学科卒業。名古屋大学医学部付属病院で初期研修を行い、2011年より名古屋大学医学部附属病院精神科。2013年より名古屋大学大学院、刈谷病院に勤務。

*略歴は掲載時のものです。

(illustration:江田 ななえ)


[引用・参考文献]

  • (1)中井久夫:こんなとき私はどうしてきたか. 医学書院, 東京, 2007.

本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2014照林社
[出典]エキスパートナース2014年10月号

P.83~「治療の場での精神症状へのかかわり方」

この連載

関連記事

  • 認知症の診断と基本的な対応 [10/06up]

    『循環器ナーシング』2015年8月号<循環器疾患を持つ高齢者のメンタルヘルスケア>より抜粋。 認知症の診断と基本的な対応について解説します。   Point 認知症の基礎知識を持とう! 認知症につい... [ 記事を読む ]

  • はじめての精神科病院|マンガ・精神科ナースになったわけ【1】 [04/25up]

    『ナースに会ってきた』『じたばたナース』でおなじみの水谷緑さん。 先日、精神科の現場をリアルに描いたコミックエッセイ『精神科ナースになったわけ』が発売されました。 今回は、その発売を記念して2週連続で看護roo!に出張連載で... [ 記事を読む ]

  • 流産を経験した女性にPTSD発症の危険性 [01/31up]

    流産を経験して間もない女性には、PTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症する危険性が高いといいます。イギリスではなおざりにされてきたという、流産を経験した女性へのメンタルケアについて、この必要性を報じた英BBCニュースの内容をご紹介... [ 記事を読む ]

  • 心理検査|精神科系の検査 [02/16up]

    看護師のための検査本『看護に生かす検査マニュアル』より。 今回は、心理検査について解説します。   〈目次〉 心理検査とはどんな検査か 心理検査の目的 心理検査の実際 心理検査前後の看護の手順 ... [ 記事を読む ]

  • 術後の鎮静スケールは何を使用する? [02/20up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術後の鎮静スケール」に関するQ&Aです。 術後の鎮静スケールは何を使用する? 人工呼吸中の鎮静評価にはRASSの使用が推奨されています... [ 記事を読む ]

いちおし記事

EPA看護師の本音は…

「この制度は失敗」と安易に言われたくないという著者が語ります。 [ 記事を読む ]

スワンガンツカテーテル

先端にバルーンが付いていることが安全の仕組み。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

救急車に乗ったこと、ある?

投票数:
745
実施期間:
2017年09月01日 2017年09月22日

転職してよかった?

投票数:
620
実施期間:
2017年09月05日 2017年09月26日

白衣はパンツ派?スカート派?

投票数:
665
実施期間:
2017年09月08日 2017年09月29日

自宅での看取りを経験したことはありますか?

投票数:
576
実施期間:
2017年09月12日 2017年10月03日

急変対応したことある?

投票数:
537
実施期間:
2017年09月15日 2017年10月06日

プリセプター、何がツラい?

投票数:
795
実施期間:
2017年09月19日 2017年10月10日

プリセプティー、何がつらい?

投票数:
244
実施期間:
2017年09月22日 2017年10月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3191

肺炎による低酸素血症のため、鎮痛薬と鎮静薬を使用しながら人工呼吸器管理を受けているAさん。3日前から、毎朝の鎮静薬を一旦中断し、覚醒を促しながらリハビリテーションを開始しました。今朝のX線検査で、気管チューブが若干浅めではあるが許容範囲内であると医師は判断しています。看護師2人で座位から端座位に移動した時、人工呼吸器のアラームが作動しました。以下の中から、Aさんにとって最も緊急性のあるアラームはどれでしょうか?

  • 1.気道内圧上限アラーム
  • 2.気道内圧下限アラーム
  • 3.分時換気量上限アラーム
  • 4.呼吸回数上限アラーム
今日のクイズに挑戦!