1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A>
  4. 早期経口摂取の注意点は?|術後の栄養管理

2018年09月30日

早期経口摂取の注意点は?|術後の栄養管理

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。
今回は「早期経口摂取」に関するQ&Aです。

井上透
大阪市立総合医療センター消化器外科副部長
編著 西口幸雄
大阪市立十三市民病院病院長

 

早期経口摂取の注意点は?

腸閉塞や蠕動麻痺がないかなど、腹部の状態をよく観察することが重要です。

〈目次〉

 

消化管の閉塞や蠕動麻痺がないかを確認

術後患者の悪心・嘔吐・腹部膨満などの症状に注意し、特に問題がなければ、術翌日に飲水の開始から始めます。

さらに食事開始は、患者の症状だけでなく腹部の状態をよく観察することが重要となります。術後のX線検査も重要な情報です。

できるだけ早期離床を促し、可能な範囲で歩行することも、消化管運動を活発にすることが知られています。

消化管の閉塞や蠕動麻痺を疑う所見(表1)、(図1)がなければ、排ガスが認められなくても、食事を開始します。

表1消化管で注意が必要な所見

  • 悪心・嘔吐の症状が見られる場合
  • 著明な腹部膨満が見られる場合
  • 腹部X線画像でイレウス像が見られる場合
    ( 麻痺性のこともあれば、閉塞性のこともある)
  • 消化管吻合を伴う手術では縫合不全が疑われる場合
    (発熱・強い腹痛・ドレーンからの濁った排液など)

 

図1消化管の閉塞、蠕動麻痺を疑うX線所見

消化管の閉塞、蠕動麻痺を疑うX線所見

 

これらの所見が見られた 場合は、食事を開始せず医師に確認しましょう。

 

注意すべき点として、術後早期には手術による侵襲により、腸管の運動麻痺によるイレウス(腸閉塞)が認められることがあります。

腹膜炎の術後などは、炎症に伴う麻痺がほとんどの場合に認められますし、通常のがんや大腸がんの術後であっても、(図1)に示すような麻痺性イレウスを呈することがあります。

クリニカルパスどおり食事開始ができない症例にいかに対応していくかが、消化器手術術後においては重要です。

 

腸蠕動が回復していれば食事は開始できる

1.排ガスは重要な確認方法だが、必須ではない

消化管の腸蠕動が回復し、消化管に通過障害がないことの確認方法の1つとして、排ガスを確認するのは重要なことです。

しかし、本人の意識なく排ガスしていることもあれば、飲水や食事をすることで消化管運動が改善し、排ガスや排便が食事開始後に見られることもあるため、排ガスを確認していなくても食事摂取を開始することはできます。

 

2.食事開始の時期は、少しずつ早まってきている

消化器の術後管理において、クリニカルパスによる管理が主流となった現在においては、医師および看護師が特に意識なく、飲水から食事という経口摂取の開始をパスどおりに行うことがほとんどです。

しかし、ひと昔前は術後の腸管蠕動の回復は48~72時間経ってからといわれていました。そして、食事も排ガスをはじめとした腸蠕動の回復の確認を待ってから行い、食事内容も段階的に、流動物から固形物へゆっくりと上げていくことが通例でした。

しかし、低侵襲手術といわれる腹腔鏡手術が普及し、鏡視下手術では消化管蠕動の回復が早いことが報告され、食事の開始時期は少しずつ早まってきました。開腹術でも鏡視下手術でも、現在では消化管の術後2日目や3日目には食事開始となるクリニカルパスが多く見られます。

さらに近年注目されている新しい周術期管理であるERASプロトコル(周術期管理を変える"ERAS"とは?参照)の中心の1つとなるのが“術前術後の患者の絶食期間をいかに短くするか”ということです。

できるだけ消化管による栄養吸収を行わない時期を短くすることで、腸管免疫の低下を防ぐことが重要と考えられており、術後翌日からの栄養補助食品を投与することが項目の1つとなっています。

このように、“食事ができるようになってから食事を開始する”というよりは、少量でも食事開始という負荷を消化管に与えることで腸管機能を早期に回復させることが、術後管理において重要であることが示されてきています。

 


[文献]


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典] 『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』 (編著)西口幸雄/2014年5月刊行/ 株式会社照林社

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

  • 異化と同化|栄養と代謝 [10/21up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 三大栄養素の基本的構造|栄養と代謝 今回は、異化と同化について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形... [ 記事を読む ]

  • 胃瘻(胃ろう/PEG)に関する基礎知識 [01/11up]

    『病院から在宅までPEG(胃瘻)ケアの最新技術』より転載。 今回は胃瘻(胃ろう/PEG)に関する基礎知識について説明します。 倉 敏郎 町立長沼病院院長 佐々木宏嘉 町立長沼病院内科・消化器科部長   ... [ 記事を読む ]

  • 栄養剤投与時のトラブルを防ぐ|PEGケア [05/03up]

    『病院から在宅までPEG(胃瘻)ケアの最新技術』より転載。 今回は栄養剤投与時のトラブル防止について説明します。 真井睦子 栗山赤十字病院管理栄養士 児玉佳之 藤田保健衛生大学医学部外科学・緩和医療学講座  ... [ 記事を読む ]

  • 胃瘻の管理:造設~使用開始まで [02/22up]

    『病院から在宅までPEG(胃瘻)ケアの最新技術』より転載。 今回は胃瘻(PEG)の管理:造設~使用開始までについて説明します。 日下部俊朗 医療法人東札幌病院消化器内科副院長   Point ... [ 記事を読む ]

  • 経腸栄養剤の投与について~注入前・注入中・注入後の手技・ケア|PEGケア [04/05up]

    『病院から在宅までPEG(胃瘻)ケアの最新技術』より転載。 今回は栄養剤投与の手技について説明します。 松木みどり 社会医療法人札幌清田病院地域医療連携室看護師長院長補佐 村松博士 医療法人清田病院副院長  ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

患者さんから“深い話”を打ち明けられたとき…。あなたならどう受け止める?

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(12) [ 記事を読む ]

点滴静脈内注射が血管外に漏れたら、どうなるの?

どんな症状が起こるか、どう対応すればよいか解説!観察ポイントがひと目でわかるイラストも紹介! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院でお正月にちなんだ特別なことをした?

投票数:
1455
実施期間:
2020年01月03日 2020年01月24日

2020年の抱負教えて!

投票数:
1338
実施期間:
2020年01月07日 2020年01月28日

インフルエンザにかかったら、有休?欠勤?

投票数:
1266
実施期間:
2020年01月10日 2020年01月31日

あなたの病院で成功した画期的な「働き方改革」はある?

投票数:
1193
実施期間:
2020年01月12日 2020年02月02日

実録!? 私はこう太った!!!!

投票数:
1156
実施期間:
2020年01月14日 2020年02月04日

チェックしてる「勉強垢」ってある?

投票数:
627
実施期間:
2020年01月17日 2020年02月07日

あなたが作り出した「自分史上最低の料理」は?

投票数:
456
実施期間:
2020年01月21日 2020年02月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者804

◆がん看護の問題◆Cさんは40歳代の営業職の仕事を行っている男性です。非小細胞肺がんと診断され、「今後も仕事を継続しながら治療を行いたい」と話しています。
Cさんの治療は、抗がん剤であるビノレルビン酒石酸塩+シスプラチン療法を行うことになりました。
今後、骨髄抑制の副作用が予測されるCさんに対してどのような説明が必要でしょうか?

  • 1.抗がん剤投与から1週間は特に貧血に注意して生活をしてもらう。
  • 2.治療期間中は感染を防ぐため、仕事を控えるように説明する。
  • 3.血小板の減少は抗がん剤投与後3週間程度で起こるが、その時期は、自分で気づきにくい内出血に注意するよう説明する。
  • 4.白血球は抗がん剤投与後7~14日程度で最低値となるため、特にこの期間は感染に注意が必要である。
今日のクイズに挑戦!