2019年03月12日

徒手的呼気介助って?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

今回は「徒手的呼気介助」について説明します。

 

道又元裕
杏林大学医学部付属病院看護部長

 

徒手的呼気介助って?

徒手的呼気介助とは、徒手的に胸郭運動を他動的に介助することである。

胸郭を呼気時に圧迫することで呼気を促進し、相対的に吸気量を増やすことで、換気の改善・気道分泌物の移動・呼吸仕事量の軽減を図るものである。

なお、徒手的呼気介助としばしば混同される手技に、スクイージング(aqueezing)がある。

スクイージングは、排痰体位をとり、気道分泌物の貯留する胸郭を呼気時に圧迫し、急気時に圧迫を開放する手技である。呼気流速の増大によって分泌物を押し出し、気道分泌物の移動・換気の改善・酸素化能や肺コンプライアンスの改善を図るものであり、呼吸理学療法とは一線を画す手技である。

徒手的呼気介助は、排痰援助の第一選択とされるべき手技ではない。

徒手的呼気介助はあくまで換気改善手技として位置づけられていること、排痰効果が科学的に検証されていないこと、不適切な手技による合併症(肋骨骨折、低酸素血症、疼痛、循環動態異常など)が起こりうること、などがその理由である。

排痰援助の基本は「適切な加湿」と「有効な体位変換」である。

徒手的呼気介助の実施が検討されるのは、手技に熟練したスタッフがいる施設で、十分なフィジカルアセスメントの結果、取るべき痰が存在し、体位管理、加湿、吸引を行っても痰が除去できない場合のみと考えられよう。

 


[文献]

  • (1)道又元裕:徒手的呼気介助を安易に選択しない.根拠でわかる人工呼吸ケアベスト・プラクティス.照林社,東京,2008:117-123.
  • (2)矢野雄大:徒手的呼吸介助法.月刊ナーシング2014;34:56-57.

本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

著作権について

この連載

  • 人工呼吸中の栄養管理方法には、どんなものがあるの? [03/26up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「人工呼吸中の栄養管理方法」に関するQ&Aです。   清水孝宏 那覇市立病院看護部看護師長   栄養管理方法には、どんなものがあるの? ... [ 記事を読む ]

  • なぜ、人工呼吸管理中に栄養管理を行うの? [03/19up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「人工呼吸管理中の栄養管理」に関するQ&Aです。   清水孝宏 那覇市立病院看護部看護師長   なぜ、人工呼吸管理中に栄養管理を行うの? ... [ 記事を読む ]

  • 徒手的呼気介助って? [03/12up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「徒手的呼気介助」について説明します。   道又元裕 杏林大学医学部付属病院看護部長   徒手的呼気介助って? 徒手的呼気介助とは、徒手的に胸...

  • 在宅での呼吸リハビリテーションの内容は? [03/05up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「在宅での呼吸リハビリテーション」に関するQ&Aです。   藤田吾郎 東京慈恵会医科大学附属病院リハビリテーション科   在宅での呼吸リハビリテ... [ 記事を読む ]

  • 在宅での呼吸リハビリテーションとは? [02/26up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「在宅での呼吸リハビリテーション」に関するQ&Aです。   藤田吾郎 東京慈恵会医科大学附属病院リハビリテーション科   在宅での呼吸リハビリテ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

点滴の留置針交換でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(8)

タイミングの違いに関する3年目ナースのお悩み。あなたの職場ではどんなルールがある? [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1302
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1204
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1057
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1017
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
802
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
341
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者164

◆栄養の問題◆5大栄養素についての説明で、誤っているのはどれでしょうか?

  • 1.糖質(炭水化物)1gから約4kcaLのエネルギーが得られる。
  • 2.脂質は糖質やタンパク質に比べて1g当たりのエネルギー量が低い。
  • 3.タンパク質は消化・分解されるとペプチドを経てアミノ酸となる。
  • 4.電解質は、脱水や嘔吐、下痢などで喪失しやすい。
今日のクイズに挑戦!