1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 人工呼吸ケアのすべてがわかる>
  4. 在宅での呼吸リハビリテーションとは?

2019年02月26日

在宅での呼吸リハビリテーションとは?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

今回は「在宅での呼吸リハビリテーション」に関するQ&Aです。

在宅での呼吸リハビリテーションとは?

外来リハビリテーション、通所リハビリテーション、訪問リハビリテーション、自主的に行う非監視下でのリハビリテーションがあります。

 

〈目次〉

 

在宅での呼吸リハビリテーション

在宅生活で行われるリハビリテーションの実施方法は、監視下と非監視下に大別される。

監視下

外来リハビリテーション、通所リハビリテーション、訪問リハビリテーション

非監視下

自宅での自主トレーニング

人工呼吸器管理下の患者が参加できる形態は、訪問リハビリテーションと、非監視下で行われる自主トレーニングである。

 

訪問リハビリテーション

訪問リハビリテーションは、通院が不要であり、実生活における問題点を評価し、個々の日常生活の環境に合わせた具体的な指導を行うことができる。

機器や道具が限られるため、運動療法は画一的になりやすい。

多職種による包括的なかかわりが少なくなる点に注意が必要である。

 

自主トレーニング

非監視下で行われる自主トレーニングでは、FITTに基づく適切な運動指導が必要である(『呼吸リハビリテーションにおける運動の際の管理は、どうしたらいいの?』)。

患者が退院する際や外来、訪問リハビリテーションで十分に指導することが重要である。

自主トレーニングでは、内容以上に、運動を継続することが大切である表1)。

表1運動継続を向上させるための実践的な方法

American College of Sports Medicine. ACSM’s Guidelines for Exercise Testing and Prescription, 8th ed. Riversoods: Walter Kluwer Health; 2011.

医療者は、終始プログラムの作成だけにとらわれず、きちんと実践できているか繰り返して評価する。

近年、テレメディスン(遠隔医療)を応用した医療支援の普及に注目が集まっている。

遠隔コミュニケーション技術を用いて、看護を提供するテレナーシングといった領域の研究も進んでおり、今後は在宅呼吸リハビリテーションへの応用も期待される。

 

略語

  • A/C(assist/control mandatory ventilation):補助/調節換気。A/CMVと同義

[文献]

  • (1)American College of Sports Medicine. ACSM’s Guidelines for Exercise Testing and Prescription, 8th ed. Riverwoods, Wolters Kluwer Health, 2011.

[Profile]
藤田吾郎
東京慈恵会医科大学附属病院リハビリテーション科


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典]『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』(編集)道又元裕/2016年1月刊行

新 人工呼吸ケアのすべてがわかる本

著作権について

この連載

  • 徒手的呼気介助って? [03/12up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「徒手的呼気介助」について説明します。 徒手的呼気介助って? 徒手的呼気介助とは、徒手的に胸郭運動を他動的に介助することである。 胸郭を呼気時に圧迫すること... [ 記事を読む ]

  • 在宅での呼吸リハビリテーションの内容は? [03/05up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「在宅での呼吸リハビリテーション」に関するQ&Aです。 在宅での呼吸リハビリテーションの内容は? 患者が安心して在宅生活を送るために行われるすべてのサ... [ 記事を読む ]

  • 在宅での呼吸リハビリテーションとは? [02/26up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「在宅での呼吸リハビリテーション」に関するQ&Aです。 在宅での呼吸リハビリテーションとは? 外来リハビリテーション、通所リハビリテーション、訪問リハ...

  • 呼吸リハビリテーションにおける自己管理と家族管理の指導は、どうしたらいいの? [02/19up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「呼吸リハビリテーションにおける自己管理と家族管理の指導」に関するQ&Aです。 呼吸リハビリテーションにおける自己管理と家族管理の指導は、どうしたらいいの? ... [ 記事を読む ]

  • 呼吸リハビリテーションにおける運動の際の管理は、どうしたらいいの? [02/12up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「呼吸リハビリテーションにおける運動管理」に関するQ&Aです。 呼吸リハビリテーションにおける運動の際の管理は、どうしたらいいの? 運動療法の管理には... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

初戦ボロ負け!婚活大反省会|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌

初デートが失敗に終わった松本ナースに伝授された「恋の鉄則」とは!? [ 記事を読む ]

術前の呼吸訓練

呼吸訓練。やりすぎると逆効果に!? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

術後せん妄について、どれくらい知ってる?

投票数:
1281
実施期間:
2019年03月01日 2019年03月22日

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1182
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1168
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1083
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
914
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
546
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2625

以下の患者さんを、PAT法を使ってトリアージをした場合、適切な評価はどれでしょうか?
50代の女性。呼吸回数24回/分。血圧80/40mmHg。脈拍120回/分。
橈骨動脈微弱で末梢冷感あり。声かけに容易に反応あり。『お腹が痛い』と話している。
右上腹部打撲痕および、右腹部圧痛あり。

  • 1.生理学的評価では循環に異常があるため、カテゴリーは赤。解剖学的評価は腹部圧痛、右上腹部打撲痕があることから、カテゴリーは赤となる。
  • 2.意識レベルは低下していないため、生理学的評価ではカテゴリーは黄。解剖学的評価は、右上腹部に打撲痕があるため、カテゴリーは黄となる。
  • 3.橈骨動脈微弱のため、生理学的評価ではカテゴリーは赤。解剖学的評価は、右上腹部打撲痕があることから、カテゴリーは黄となる。
  • 4.呼吸回数24回/分、意識レベル清明で生理学的評価は黄色のため、最終的な優先順位のカテゴリーは黄となる。
今日のクイズに挑戦!