1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A>
  4. 肺塞栓症は重篤な病態になりやすいけれど、事前に診断できないの?

2018年09月02日

肺塞栓症は重篤な病態になりやすいけれど、事前に診断できないの?

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。
今回は「肺血栓塞栓症(PTE)の事前診断」に関するQ&Aです。

清水貞利
大阪市立総合医療センター肝胆膵外科副部長
編著 西口幸雄
大阪市立十三市民病院病院長

 

肺塞栓症は重篤な病態になりやすいけれど、事前に診断できないの?

D-dimerを測定することにより、DVT(深部静脈血栓症)やPTE(肺血栓塞栓症)の発症を早期に疑うことは可能です。

〈目次〉

 

DVT症状と血液検査で血栓の有無を診断

肺血栓塞栓症(PTE)症例の多くは下肢の深部静脈血栓症(DVT)から続発するとされており、PTEを予防するには、下肢のDVTの時点で発見することが重要です。

下肢DVTの症状としては、左右差のある浮腫や腫脹、足関節背屈時の下腿痛、下腿の把握痛などがあります(図1)。

図1深部静脈血栓症の症状

深部静脈血栓症の症状

 

また、血液検査においてはFDPやD-dimerが血栓症早期発見に有用であるとされています(1)。FDP、D-dimerはいずれもフィブリン関連マーカーであり、D-dimerは術後10μg/mL以上に上昇すれば、血栓症が疑われるといわれています。

血栓症が疑われたら、下肢超音波検査や造影CT検査を施行し、血栓の有無を診断します。

D-dimerが異常値を認めた場合は、その時点で血栓が認められなかった場合でも、下肢の運動を開始する前には血栓の有無について再検することが望ましいと考えられています。

 

PTEを発症してしまったら

PTEを発症してしまった場合は早期に診断し、より重篤な病態に進展しないよう治療を開始することも重要です()。

術後経過中の呼吸苦(SpO2の低下)や頻呼吸、深呼吸や漱、くしゃみ増悪するような胸の痛みなど、何らかの胸部症状を訴えた場合は、常にPTEを念頭におき対応しましょう。

PTEは必ずしもショック状態など生命にかかわる重篤な病態となって発症するわけではない。

 


[文献]

  • (1)松本剛史,和田英夫:DVT/PE の診断・治療マー カー(フィブリン関連マーカーを中心に).血栓 止血誌 2008;19:22-25.
  • (2)循環器病の診断と治療に関するガイドライン.肺 血栓塞栓症および深部静脈血栓症の診断,治療, 予防に関するガイドライン(2009 年改訂版) 2014 年4 月10 日、日本循環器学会HP 閲覧、最 新情報はhttp://www.j-circ.or.jp/guideline/ をご 確認ください。

本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典] 『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』 (編著)西口幸雄/2014年5月刊行/ 株式会社照林社

著作権について

この連載

  • 早期経口摂取の注意点は?|術後の栄養管理 [09/30up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「早期経口摂取」に関するQ&Aです。 井上透 大阪市立総合医療センター消化器外科副部長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ... [ 記事を読む ]

  • 経口摂取の開始時期のめやすは?|術後の栄養管理 [09/16up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「経口摂取の開始時期」に関するQ&Aです。 山本篤 やまもと消化器内視鏡・外科クリニック院長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ... [ 記事を読む ]

  • 肺塞栓症は重篤な病態になりやすいけれど、事前に診断できないの? [09/02up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「肺血栓塞栓症(PTE)の事前診断」に関するQ&Aです。 清水貞利 大阪市立総合医療センター肝胆膵外科副部長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長...

  • 術後、ベッド上での下肢運動は静脈血栓塞栓症予防に効果的? [08/19up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術後のベッド上での下肢運動」に関するQ&Aです。 竹本由香梨 大阪市立総合医療センター看護部 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ... [ 記事を読む ]

  • PAD患者と知らずに弾性ストッキングや間欠的空気圧迫法を行った場合の対策は? [08/05up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「PAD患者に弾性ストッキングや間欠的空気圧迫法を行ってしまった場合」に関するQ&Aです。 清水貞利 大阪市立総合医療センター肝胆膵外科副部長 池田克実 ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

思い残し|マンガ・ぴんとこなーす【253】

看護師として働く中で、ナスさんが思うこと。 [ 記事を読む ]

リフィーディング現象ってなんだっけ?

場合によっては不整脈や心不全を引き起こすことも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

思わずほっこりした「ナースコール」はある?

投票数:
1326
実施期間:
2019年09月27日 2019年10月18日

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1342
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1216
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1094
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
984
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
749
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
170
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3750

◆周術期の問題◆手術中に摘出された検体の取り扱いについて、正しい説明はどれでしょうか?

  • 1.患者情報ラベルはふたに貼る。
  • 2.患者情報ラベルには患者氏名はフルネームで記載し、患者 ID など 2つ以上の情報を記入する。
  • 3.検体を容器に入れた後に患者情報ラベルを貼る。
  • 4.複数の患者検体を同時に扱う。
今日のクイズに挑戦!