1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A>
  4. PAD(末梢動脈疾患)をもつ患者のDVT予防対策は?

2018年07月22日

PAD(末梢動脈疾患)をもつ患者のDVT予防対策は?

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。
今回は「PADをもつ患者のDVT予防対策」に関するQ&Aです。

清水貞利
大阪市立総合医療センター肝胆膵外科副部長
編著 西口幸雄
大阪市立十三市民病院病院長

 

PAD(末梢動脈疾患)をもつ患者のDVT予防対策は?

術直後は足関節の自動または他動運動を中心に行い、術後出血のリスクがなくなればヘパリンを投与します。

〈目次〉

PAD患者の特徴

末梢動脈疾患(peripheral arterial disease:PAD)には、閉塞性動脈硬化症(arteriosclerosis obliterans:ASO)とバージャー病(thromboangitis obliterans:TAO)があります。

PADをもつ患者に術後深部静脈血栓症(DVT)予防として弾性ストッキングや間欠的空気圧迫法を行うと、動脈の血流障害を引き起こす可能性があり、一般的には禁忌であると考えられています。

安静時の下肢痛や間欠性跛行などの症状を認める場合、症状がなくても足関節血圧が80mmHg未満、足関節上腕血圧比(ankle brachial pressure index:ABI)が0.8未満の場合は、特に注意が必要であると考えられています(1)。

PADをもつ患者は一般的に抗凝固薬を内服していることが多く、術前は抗凝固薬を中止しますが、症例によってはヘパリンに変更し術直前まで抗凝固を継続することがあります。術後は出血の危険性がなくなれば(術後24~36時間後とされています)すみやかに、ヘパリンを開始することが望ましいと考えます。

ヘパリンは半減期が短く、中和剤(プロタミン硫酸塩)があり、なかでも低分子ヘパリン製剤は従来の未分画ヘパリン製剤と比べ出血助長作用が特徴です。またヘパリン誘発性血小板減少症(heparin-induced thrombocytopenia:HIT)などは副作用も少ないとされており、比較的安全に使用することができると考えられています。

 

DVT予防はどう行う?

術直後はヘパリンを使用することができないため、足関節の自動もしくは他動運動を積極的に行い、うっ滞を防ぐことが重要です(図1)。

図1PADをもつ患者に対する術後DVT対策

PADをもつ患者に対する術後DVT対策

 

それ以外にも、

  1. 十分な輸液
  2. 下肢挙上
  3. 下腿マッサージ(図2

などがDVT予防対策として挙げられます(2)。

図2下腿マッサージの方法

下腿マッサージの方法

 

これらは、単独での有用性についての報告は認められていないため、組み合わせて慎重に対応することが必要です。

 


[文献]

  • (1)平井正文,岩井武尚編:新 弾性ストッキング・コ ンダクター 静脈疾患・リンパ浮腫における圧迫療 法の基礎と臨床応用.へるす出版,東京,2010.
  • (2)森知子:静脈血栓塞栓症の予防法 1)早期離床 と下肢の運動.特集 静脈血栓塞栓症予防のエビデ ンス,EB NURSING 2007;7:306-311.

本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典] 『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』 (編著)西口幸雄/2014年5月刊行/ 株式会社照林社

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

思い残し|マンガ・ぴんとこなーす【253】

看護師として働く中で、ナスさんが思うこと。 [ 記事を読む ]

「水泡音」ってどんな音?

肺炎患者さんの聴診音「水泡音」を実際に聞いて確認! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1417
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1293
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1173
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1074
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
918
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
703
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5387

◆高齢者の問題◆廃用症候群の予防的介入として、適切なものはどれでしょうか?

  • 1.お茶碗につがれたご飯が自力で食べにくい場合はおにぎりにするなど、患者さんに合わせた工夫をする。
  • 2.身体の安静のためにできるだけ長く尿道留置カテーテルを挿入しておく。
  • 3.患者さんから「なんとなく食欲がない」という訴えがあっても、一時的なものなので特別な対応はしない。
  • 4.患者さんから「動きたくない」と訴えがあれば、なるべくリハビリは行わないようにする。
今日のクイズに挑戦!