1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A>
  4. 高齢者は転倒するリスクが高いので、 術翌日は歩かせないほうがいい?|早期離床

2018年06月10日

高齢者は転倒するリスクが高いので、 術翌日は歩かせないほうがいい?|早期離床

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。
今回は「高齢者の術翌日の離床」に関するQ&Aです。

高齢者は転倒するリスクが高いので、術翌日は歩かせないほうがいい?

いいえ。転倒には十分注意が必要ですが、離床は必要です。

〈目次〉

 

なぜ術後に歩かせたほうがよいのか?

消化器手術の術翌日には多くの場合、腹腔ドレーン、点滴ルート、尿道カテーテル、硬膜外カテーテルなど、多くの管が挿入されています。また術後には創部の痛みもあり、高齢者のなかには術後は安静にしているべきという考え方をもっている患者も少なくありません。

そういった状況で、手術の翌日から歩行を促すといっても、なかなか大変なことであり、早期離床に対する看護介入については、多くの研究が報告されています(1)。

術後の長期臥床は、さまざまな合併症をもたらすといわれています。

排痰ができず肺炎や無気肺を生じたり、下肢静脈血栓の形成から肺塞栓を生じたり、その他にもイレウス(腸閉塞)や術後せん妄を発症する危険性が高まります。高齢者の場合は特に、急速に筋力低下が進み、手術をきっかけに、そのまま寝たきりの状態になるという可能性もあります。

以上のことから、術後早期離床は、術後合併症の予防に大きな役割を果たしているといえるのです。

 

術後はどのようにして歩かせたらよいか?

高齢者の場合には、確かに転倒のリスクがあります。しかし、前述のような理由から、術翌日から歩かせる必要があると考えます。その際、歩行器を使用したり、管が何本もある場合は絡まないように工夫してまとめたり、付き添いのもとで歩行させたり、転倒リスクを少しでも軽減するよう十分に注意しましょう。

また、疼痛コントロールを十分に行っておくことや、周術期の歩行の重要性を患者へ理解してもらうことも、スムーズに歩き出すきっかけとして大切です。

 

早期離床

「手術の後は、しばらく絶対安静が必要」と思っている患者も少なくないようですが、現在では、術後の早期離床は強く推奨されています。その理由は、早期離床によって、さまざまな術後合併症を防ぐことができるからです。

具体的には、①肺炎、無気肺などの肺合併症、②血栓症、褥瘡などの循環合併症、③腸閉塞、④排尿障害、⑤骨・筋肉・関節の機能低下、⑥術後せん妄などが挙げられます。

術後疼痛や、転倒リスクがあるなど、離床を阻害する要因を少しでも軽減させながら、できる限り早期の離床を促すことが、結果として術後の良好な経過をもたらすと考えられています。

 


[文献]

  • (1)岸根奈緒,西野満江,村田かえで,他:消化器疾 患術後患者の早期離床を促す看護介入.山口大学 医学部附属病院看護部 看護研究集録 2012;23: 54-59.

[Profile]
吉井真美
大阪市立総合医療センター消化器外科


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典]『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』(編著)西口幸雄/2014年5月刊行

術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

禁断の呪文

夜勤終わり、ついつい唱えてしまう禁断の呪文とは? [ 記事を読む ]

PEGカテーテルの交換

PEGカテーテル交換時には腹腔内誤挿入に注意が必要です。ナースが知っておきたい介助・観察ポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

患者さんが亡くなってしまったとき、心をどんなふうにケアしてる?

投票数:
827
実施期間:
2018年07月24日 2018年08月21日

「モンスター患者」いますか?

投票数:
757
実施期間:
2018年07月31日 2018年08月21日

今年の猛暑、勤務中に困ったことは?

投票数:
1024
実施期間:
2018年08月03日 2018年08月24日

「これで救急車呼んだの?!」な患者さん、経験ある?

投票数:
737
実施期間:
2018年08月02日 2018年08月24日

「これじゃ寝られない…」ヤバい仮眠室おしえて! 

投票数:
778
実施期間:
2018年08月10日 2018年08月31日

あなたの周りの最短退職者の記録教えて!

投票数:
598
実施期間:
2018年08月14日 2018年09月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者363

産後出血の多かったAさん。出産翌日に赤血球製剤の輸血が必要となりました。妊娠中は検診などで特に異常はなく、また、出産時も妊娠周期や新生児の体重などに異常はありませんでした。以下のうち、輸血準備をする上で適切でないものはどれでしょうか?

  • 1.Aさんに交差適合試験(クロスマッチテスト)用採血を実施後、検体を提出し、結果が陽性であれば輸血が可能である。
  • 2.輸血時に行う書類のダブルチェックは、輸血製剤受け渡し時、輸血準備時、輸血実施時の最低3回は必要である。
  • 3.赤血球製剤を受領後、すぐに輸血できない場合、輸血専用の2~6℃に設定した冷蔵庫で保管する。
  • 4.輸血セットに接続する前に、血液バックを静かに左右または上下に振る。
今日のクイズに挑戦!