1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A>
  4. 家族などの面会に、ガウンの着用やガウンテクニックは必要?|感染対策

2018年04月15日

家族などの面会に、ガウンの着用やガウンテクニックは必要?|感染対策

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。
今回は「家族などの面会時」に関するQ&Aです。

家族などの面会に、ガウンの着用やガウンテクニックは必要?

必要ないと考えられます。むしろ確実な手指消毒のほうが重要です。

〈目次〉

 

面会時のガウンやエプロンは不要

患者と家族などの面会時のガウンテクニックやエプロンの着用について、該当する研究や、具体的にガイドラインに詳細が記されたものは見受けられませんでした。しかし、ICUや一般病棟においても、家族の面会には「ガウン」の着用や「ガウンテクニック」は必要ないと考えられます。

標準予防策としてガウンやエプロンが必要なのではないかと考える方もいるかもしれませんが、基本的には、患者の家族や面会者は、私たちケア提供者のように他患者に接触する機会がないからです。

入院患者は、疾患や投与されている薬剤によって免疫機能が低下している状態にあります。医療者は多くの患者の処置やケアを行っており、感染を伝播してしまう可能性があるため、患者から医療者、医療者から他患者への感染の機会を防ぐためにエプロンやガウンを必要とします。

しかし、面会者は1個人に対する面会であり、他患者への接触はありません。そのため、ガウン・エプロンを着用しても、他患者への感染性微生物の伝播に関して大きな役割は果たさないため、不必要といえるでしょう。

 

ガウンより確実な手指消毒を

一方、手洗いの重要性は、『医療現場における手指衛生のためのCDCガイドライン』でも明確に記載されています。院内感染の多くは、医療器具の汚染や患者の皮膚、創傷部位などに付着している細菌に、医療者の手が接触することが要因であるとされています(1)。

面会者に関しては、他患者との接触はありませんが、感染源を持ち込む可能性があります。面会者の免疫機能に異常がなければ、たとえ保菌していても発症しませんが、入院患者は免疫機能が低下している場合が多く、感染を起こすと重篤化してしまう可能性もあります。また逆に、感染源を持ち帰らないように、手指衛生を行うことは必要といえるでしょう。

手指洗浄の目的は、汚れや一過性の微生物などを除去することにあります。手指にある肉眼で確認できないような汚れは、擦式消毒用アルコール製剤を用いて手指消毒を行い、肉眼的に確認できる汚れに対しては、石けんと流水で除去した後に擦式消毒用アルコール製剤を用いて手指消毒を行うことが推奨されています(表1)。

表1手指衛生の方法と、必要な場面

手指衛生の方法と、必要な場面

 

これらのことから、面会者は「ガウン」の着用や「ガウンテクニック」を行う必要はないと考えられ、むしろ、手指消毒を確実に行ってもらうことのほうが重要といえます。

面会者に風邪などの症状が ある場合はどうすればよいでしょうか?

感染症状のある場合は、面会を差し控え、どうしても面会しなければならないのであれば、サージカルマスク(不織布製のマスク)を使用することが望ましいです。ガーゼマスクはフィルター効果が十分でないため、感染対策にはなりません。

 

コラム医療者のエプロン・ガウン着用の意義

医療者がガウン等を着用する意味

・ 患者からケア提供者へ、ケア提供者から患者への感染防止の意味で必要になります。

・ 患者の粘膜や創傷部位、カテーテルなどに 接触するときに、皮膚や着衣を保護する目的で着用します。

 

CDCガイドラインでの扱い

・ 普遍的に手袋やガウンを着用するという勧告はありません。

・ 多剤耐性菌の予防策については、患者と医療者の接触の程度や他の患者のリスクなどに従い、日常生活の全面介助が伝播を予防するために適切な防護用具を使用するとされています。

 


[文献]

  • (1)大久保憲,小林寬伊監訳:医療現場における手指 衛生のためのCDC ガイドライン.メディカ出版. 大阪,2003:91-92,133.
  • (2)大湾知子,藤田次郎編:もっといい方法がみつか る 目からウロコの感染対策. 南江堂, 東京, 2012:8-23.

[Profile]
宮原聡子
大阪市立総合医療センター集中治療部 主任、集中ケア認定看護師


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典]『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』(編著)西口幸雄/2014年5月刊行

術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100

著作権について

この連載

  • 術後、身体を動かすと腸蠕動の回復に効果があるというのは本当?|早期離床 [05/13up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「腸蠕動の回復」に関するQ&Aです。 身体を動かすと腸蠕動の回復に効果があるというのは本当? エビデンスは不十分ですが、一般的には効果がある... [ 記事を読む ]

  • 術後のギャッチアップはどのような効果があるの?|早期離床 [04/29up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術後のギャッチアップ」に関するQ&Aです。 術後のギャッチアップはどのような効果があるの? 早期離床の第一歩であり、臥床が要因となるさまざ... [ 記事を読む ]

  • 家族などの面会に、ガウンの着用やガウンテクニックは必要?|感染対策 [04/15up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「家族などの面会時」に関するQ&Aです。 家族などの面会に、ガウンの着用やガウンテクニックは必要? 必要ないと考えられます。むしろ確実な手指...

  • 中心静脈カテーテル刺入部の皮膚に発赤がなければ感染はない? [04/01up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「カテーテル関連血流感染症(CRBSI)」に関するQ&Aです。 中心静脈カテーテル刺入部の皮膚に発赤がなければ感染はない? いいえ。刺入... [ 記事を読む ]

  • 発熱時の血液培養は本当に必要? [03/18up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「発熱時の血液培養」に関するQ&Aです。 発熱時の血液培養は本当に必要? はい。血液培養は、重篤な病態である「敗血症」を診断するための唯... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

寄り添う看護

みなさんが思う「患者さんに寄り添う看護」はどんなもの? [ 記事を読む ]

ドレーンの種類と管理方法

ドレーン排液の異常や固定部のずれ、ゆるみの有無を観察しましょう! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

看護や医療系の1日セミナー、いくらまでなら自腹で参加費を支払う?

投票数:
1170
実施期間:
2018年11月23日 2018年12月14日

看護師辞めようかと思うほどに怖かったインシデント、経験ある?

投票数:
1035
実施期間:
2018年11月27日 2018年12月18日

最初の患者さんのこと、覚えてる?

投票数:
1035
実施期間:
2018年11月29日 2018年12月20日

【クリスマス】サンタにお願いしたいプレゼントは?

投票数:
1089
実施期間:
2018年11月30日 2018年12月21日

人生で一番号泣した作品は?

投票数:
960
実施期間:
2018年12月04日 2018年12月25日

感情を一生出せないとしたらどれが一番つらい?

投票数:
899
実施期間:
2018年12月07日 2018年12月28日

安楽死に賛成?反対?

投票数:
606
実施期間:
2018年12月11日 2019年01月01日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者575

がん末期の79歳の女性患者さん。自分の人生は残り少ないので、どうしても家に帰りたいと希望しています。ご家族は女性患者さんの希望を受け入れてあげたいと思っていますが、自宅で介護する自信がなく、どうしたらいいのか悩んでいます。そこで、女性患者さんと家族の双方の思いを酌んだ在宅移行ができないか、退院調整のスタッフから相談を受けました。以下、退院調整スタッフへの回答として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.訪問看護を利用し、ご家族は女性患者さんの思いを受け入れて、介護指導を受けながら精一杯頑張るよう説得するべきだと提案した。
  • 2.ご家族の不安が大きいので、訪問看護を利用するか、ホスピスへの移行を提案した。
  • 3.介護負担が増大しないように、訪問看護と泊まりのサービスを定期的に利用することのできる看護小規模多機能型居宅介護の利用を提案した。
  • 4.介護負担が増大しないように、訪問看護と泊まりのサービスを定期的に利用することのできる居宅療養管理指導の利用を提案した。
今日のクイズに挑戦!