1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 聴診スキル講座>
  4. 小児用聴診器を成人患者さんに使用する意外な活用法|聴診スキル講座

2017年03月21日

小児用聴診器を成人患者さんに使用する意外な活用法

聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。
今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。

コラムの第9話は、「小児用聴診器の意外な活用法」をお届けします。

 

皿谷 健
(杏林大学医学部付属病院呼吸器内科講師)

 

そういえば、聴診器は何本持っていますか?

一本だけですけど、何本も持つ必要があるんですか?

いえいえ。
一本持っていれば十分ですが、実は聴診器は、用途によって2種類あるの知ってました?

え!? 1種類じゃないんですか?
・・・う~ん、もしかして、小児用とかがあるとか・・・?

お、正解です!
ここで成人用聴診器と小児用聴診器の違いと、ちょっとしたコツを紹介しますね。

 

〈目次〉

 

聴診器には成人用聴診器と小児用聴診器の2種類がある

普段、私たちが使用している聴診器に、成人用と小児用(新生児用)の違いがあることはご存知でしょうか? おそらく皆さんが使用しているのは成人用聴診器だと思います。

小児用聴診器は、成人用聴診器に比べて、身体に当てる膜型やベル型の面が小さいのが特徴です。身体の小さい小児(新生児)には、成人用聴診器では皮膚に聴診器を当てることが難しいため、このような専用の聴診器があります(図1)。

図1成人用聴診器と小児用聴診器の違い

成人用聴診器と小児用聴診器の違い

A:ベル型の比較、B:膜型の比較。
成人用聴診器(右)に比べ、小児用聴診器(左)のチェストピースの大きさが小さいことが一目でわかります。

(写真提供:翼工業株式会社

 

痩せている成人には小児用聴診器がオススメ

実は、この小児(新生児)用の聴診器を成人にも利用するテクニックがあります。それは、痩せている成人に使用することです。

特に、体格の小さい高齢者では肋間が狭く、成人用の聴診器の膜型、ベル型のどちらを使用しても皮膚に聴診器をぴったり当てることが難しくなります。この場合、肋骨が邪魔になり、聴診器が肋骨と肋骨の間に浮いた状態になってしまいます。おそらく、皆さんも経験したことがあるでしょう。

この場合に、小児用聴診器の膜型を使用するのがポイントです。小児用聴診器が肋間にすっぽりとはまりこんで、普段と変わりなく聴診できることが多いです(図2)。

図2痩せている高齢患者さんに対する小児用聴診器の活用法

痩せている高齢患者さんに対する小児用聴診器の活用法

A:成人用聴診器を使用した場合、B:小児用聴診器を使用した場合。
成人用聴診器では肋骨が邪魔でしたが、小児用聴診器であれば肋骨の間に入り、ピッタリと皮膚に聴診器の面を当てられます。

 

聴診器を外来に置いておく場合は、一本でも小児用聴診器があると重宝します。

 

 


[執筆者]
皿谷 健
杏林大学医学部付属病院呼吸器内科講師

[監 修](50音順)
喜舎場朝雄
沖縄県立中部病院呼吸器内科部長
工藤翔二
公益財団法人結核予防会理事長、日本医科大学名誉教授、肺音(呼吸音)研究会会長
滝澤 始
杏林大学医学部付属病院呼吸器内科教授


Illustration:田中博志


協力:翼工業株式会社


著作権について

この連載

  • 小児用聴診器を成人患者さんに使用する意外な活用法 [03/21up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第9話は、...

  • 看護師さんにオススメする聴診の勉強会・研究会 その2 [02/14up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第8話は、... [ 記事を読む ]

  • 看護師さんにオススメする聴診の勉強会・研究会 [12/20up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第7話は、... [ 記事を読む ]

  • 聴診器が医師の命を救った!? 聴診器がもたらした200年 [12/13up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第6話は、... [ 記事を読む ]

  • 気胸の疾患解説 [11/22up]

    この【実践編】では、呼吸器内科専門医の筆者が、疾患の解説と、聴診音をもとに聴診のポイントを解説していきます。 ここで紹介する聴診音は、筆者が臨床現場で録音したものです。眼と耳で理解できる解説になっているので、必見・必聴です! よ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 胆嚢壁肥厚は胆嚢炎のサイン [09/14up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、「胆嚢壁肥厚は胆嚢炎のサイン」につ... [ 記事を読む ]

  • 気管チューブの種類は、用途によって異なるの? [03/14up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「気管チューブの種類と用途」に関するQ&Aです。 気管チューブの種類は、用途によって異なるの? 気管チューブでは、両肺を換気する一般用チューブと、分離... [ 記事を読む ]

  • 総目次:初めてのエコー(超音波)検査 [07/13up]

      はじめに エコー(超音波)検査は、患者さんに与える負担が少なく、簡便に行える検査として、非常に汎用性の高い画像検査です。このため、看護師として働いている皆さんの多くが、入院してくる患者さんの現病歴や申し送りの... [ 記事を読む ]

  • FASTで外傷患者の緊急処置の必要性を判断 [10/12up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、「FASTで外傷患者の緊急処置の必... [ 記事を読む ]

  • 視診と触診|循環器ナースのためのフィジカルアセスメント講座 [07/29up]

    『循環器ナーシング』2014年4月号<まずはここから!循環器ナースのためのフィジカルアセスメント講座>より抜粋。 循環器での視診と触診について解説します。 Point 初診の場合は,全身をくまなく観察! ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

国家試験の不適切問題どうなる?

不適切と考えられる23問の問題とその理由をまとめました。 [ 記事を読む ]

気胸に関するQ&A

気胸の3大症状は、突然起こる胸痛、乾性咳嗽、呼吸困難です。ケアのポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

もし新卒時に戻れるなら何科で働きたい?

投票数:
304
実施期間:
2017年03月14日 2017年04月04日

「寝坊したことある?」そのあとどうした?

投票数:
280
実施期間:
2017年03月17日 2017年04月06日

就職活動をした(応募した)病院はいくつ?

投票数:
254
実施期間:
2017年03月21日 2017年04月10日

国試の合格発表、最初に誰に知らせた(る)?

投票数:
205
実施期間:
2017年03月24日 2017年04月13日
もっと見る