1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 聴診スキル講座>
  4. 小児用聴診器を成人患者さんに使用する意外な活用法|聴診スキル講座

2017年03月21日

小児用聴診器を成人患者さんに使用する意外な活用法

聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。
今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。

コラムの第9話は、「小児用聴診器の意外な活用法」をお届けします。

 

皿谷 健
(杏林大学医学部付属病院呼吸器内科講師)

 

そういえば、聴診器は何本持っていますか?

一本だけですけど、何本も持つ必要があるんですか?

いえいえ。
一本持っていれば十分ですが、実は聴診器は、用途によって2種類あるの知ってました?

え!? 1種類じゃないんですか?
・・・う~ん、もしかして、小児用とかがあるとか・・・?

お、正解です!
ここで成人用聴診器と小児用聴診器の違いと、ちょっとしたコツを紹介しますね。

 

〈目次〉

 

聴診器には成人用聴診器と小児用聴診器の2種類がある

普段、私たちが使用している聴診器に、成人用と小児用(新生児用)の違いがあることはご存知でしょうか? おそらく皆さんが使用しているのは成人用聴診器だと思います。

小児用聴診器は、成人用聴診器に比べて、身体に当てる膜型やベル型の面が小さいのが特徴です。身体の小さい小児(新生児)には、成人用聴診器では皮膚に聴診器を当てることが難しいため、このような専用の聴診器があります(図1)。

図1成人用聴診器と小児用聴診器の違い

成人用聴診器と小児用聴診器の違い

A:ベル型の比較、B:膜型の比較。
成人用聴診器(右)に比べ、小児用聴診器(左)のチェストピースの大きさが小さいことが一目でわかります。

(写真提供:翼工業株式会社

 

痩せている成人には小児用聴診器がオススメ

実は、この小児(新生児)用の聴診器を成人にも利用するテクニックがあります。それは、痩せている成人に使用することです。

特に、体格の小さい高齢者では肋間が狭く、成人用の聴診器の膜型、ベル型のどちらを使用しても皮膚に聴診器をぴったり当てることが難しくなります。この場合、肋骨が邪魔になり、聴診器が肋骨と肋骨の間に浮いた状態になってしまいます。おそらく、皆さんも経験したことがあるでしょう。

この場合に、小児用聴診器の膜型を使用するのがポイントです。小児用聴診器が肋間にすっぽりとはまりこんで、普段と変わりなく聴診できることが多いです(図2)。

図2痩せている高齢患者さんに対する小児用聴診器の活用法

痩せている高齢患者さんに対する小児用聴診器の活用法

A:成人用聴診器を使用した場合、B:小児用聴診器を使用した場合。
成人用聴診器では肋骨が邪魔でしたが、小児用聴診器であれば肋骨の間に入り、ピッタリと皮膚に聴診器の面を当てられます。

 

聴診器を外来に置いておく場合は、一本でも小児用聴診器があると重宝します。

 

 


[執筆者]
皿谷 健
杏林大学医学部付属病院呼吸器内科講師

[監 修](50音順)
喜舎場朝雄
沖縄県立中部病院呼吸器内科部長
工藤翔二
公益財団法人結核予防会理事長、日本医科大学名誉教授、肺音(呼吸音)研究会会長
滝澤 始
杏林大学医学部付属病院呼吸器内科教授


Illustration:田中博志


協力:翼工業株式会社


著作権について

この連載

  • 小児用聴診器を成人患者さんに使用する意外な活用法 [03/21up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第9話は、...

  • 看護師さんにオススメする聴診の勉強会・研究会 その2 [02/14up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第8話は、... [ 記事を読む ]

  • 看護師さんにオススメする聴診の勉強会・研究会 [12/20up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第7話は、... [ 記事を読む ]

  • 聴診器が医師の命を救った!? 聴診器がもたらした200年 [12/13up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第6話は、... [ 記事を読む ]

  • 結核性胸膜炎の疾患解説 [06/27up]

    この【実践編】では、呼吸器内科専門医の筆者が、疾患の解説と、聴診音をもとに聴診のポイントを解説していきます。 ここで紹介する聴診音は、筆者が臨床現場で録音したものです。眼と耳で理解できる解説になっているので、必見・必聴です! 初... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

看護師の結婚の悩みは?

結婚式の招待客は…?旦那さんが動いてくれない…をマンガにしました。 [ 記事を読む ]

熱中症の起こり方

熱中症の病態と対応をまとめました [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

ナースシューズを手入れする頻度は?

投票数:
580
実施期間:
2017年06月09日 2017年06月30日

どのくらいの頻度で映画館に行く?

投票数:
555
実施期間:
2017年06月13日 2017年07月04日

「これが欲しい!」切実に思う“力”は?

投票数:
876
実施期間:
2017年06月16日 2017年07月07日

夜勤明けの天気、どっちが好き?

投票数:
492
実施期間:
2017年06月20日 2017年07月11日

大人気医療ドラマ「コード・ブルー」見る?

投票数:
482
実施期間:
2017年06月23日 2017年07月14日

休憩中の食事、どうしてる?

投票数:
391
実施期間:
2017年06月27日 2017年07月18日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3380

67歳女性のAさん。朝になっても起きてこないので、家族が様子を見に行くと、いつもと様子が違うのに気付き、自家用車で救急外来を受診しました。Aさんは目を閉じていますが、大きな声で呼びかけると開眼します。こちらからの質問に答えはありませんが、ぶつぶつと独り言を話しています。「手を握ってもらえますか?」などの命令に応じることはできませんが、痛み刺激を与えると、左手で払いのける動作を示します。グラスゴー・コーマ・スケール(GCS)を使って、Aさんの意識レベルを評価してください。

  • 1.E2 V4 M6 合計12
  • 2.E3 V3 M5 合計11
  • 3.E3 V1 M5 合計9
  • 4.E3 V3 M1 合計7
今日のクイズに挑戦!