1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A>
  4. 中心静脈カテーテル刺入部の皮膚に発赤がなければ感染はない?

2018年04月01日

中心静脈カテーテル刺入部の皮膚に発赤がなければ感染はない?

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。

今回は「カテーテル関連血流感染症(CRBSI)」に関するQ&Aです。

白野倫徳
大阪市立総合医療センター感染症内科医長
編著 西口幸雄
大阪市立十三市民病院病院長

 

中心静脈カテーテル刺入部の皮膚に発赤がなければ感染はない?

いいえ。刺入部に発赤がなくても、カテーテル関連血流感染症(CRBSI)は否定できません。

〈目次〉

 

なぜ刺入部の発赤の有無だけで否定してはいけない?

アメリカ感染症学会(Infectious Diseases Society of America:IDSA)により2009年に発表された血管内カテーテル感染症の診断と治療のガイドライン(1)によると、刺入部の発赤や膿の存在は、カテーテル関連血流感染症(catheter related blood stream infection:CRBSI)の診断に際し特異度は高いですが、感度は乏しいとされています。

つまり、発赤や膿などの所見があればCRBSIである確率は高くなりますが、所見がないからといってCRBSIの否定にはならないということです。

 

刺入部の発赤の有無だけで否定してはいけない根拠は?

中心静脈カテーテル(central venous catheter:CVC)留置中における微生物の侵入門戸は、刺入部の汚染以外にもさまざまなものがあります(図1)。

図1血管内カテーテル留置中の患者における微生物汚染源

血管内カテーテル留置中の患者における微生物汚染源

 

CRBSI(カテーテル関連血流感染症)の原因の1つに、CVC挿入時に皮膚や周囲に存在している微生物を押し込み、それが血管内においてカテーテル表面で増殖することにより血流感染を起こすことが挙げられます。また、薬液そのものやルート接続部、三方活栓などが汚染された場合は、カテーテル内部に微生物が侵入することになります。これらの場合、刺入部には変化は現れません。

 

カテーテル関連血流感染症(CRBSI)を予防するための、適切な管理は?

まず、CVCの挿入時に微生物を押し込まないため、マキシマル・バリアプリコーション(高度無菌遮断予防策)が重要になります(図2)。

図2中心静脈カテーテル挿入時の  マキシマル・バリアプリコーション

中心静脈カテーテル挿入時の  マキシマル・バリアプリコーション

点滴の調整時、実施時の手指衛生など標準予防策はいうまでもありません。日々の刺入部の観察も大切ですが、発赤がなくても発熱や急なバイタルサインの変化があれば、CRBSI(カテーテル関連血流感染症)を疑って血液培養を2セット実施し、可能ならばCVCを抜去し、カテーテル先端も培養検査に提出することが重要です。

 

 



本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』 (編著)西口幸雄/2014年5月刊行/ 株式会社照林社

著作権について

この連載

  • 術後のギャッチアップはどのような効果があるの?|早期離床 [04/29up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術後のギャッチアップ」に関するQ&Aです。 竹本由香梨 大阪市立総合医療センター看護部 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ... [ 記事を読む ]

  • 家族などの面会に、ガウンの着用やガウンテクニックは必要?|感染対策 [04/15up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「家族などの面会時」に関するQ&Aです。 宮原聡子 大阪市立総合医療センター医療安全管理部主査 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ... [ 記事を読む ]

  • 中心静脈カテーテル刺入部の皮膚に発赤がなければ感染はない? [04/01up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「カテーテル関連血流感染症(CRBSI)」に関するQ&Aです。 白野倫徳 大阪市立総合医療センター感染症内科医長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病...

  • 発熱時の血液培養は本当に必要? [03/18up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「発熱時の血液培養」に関するQ&Aです。 白野倫徳 大阪市立総合医療センター感染症内科医長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ... [ 記事を読む ]

  • 術中の抗菌薬追加投与のタイミングは? [03/04up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術中の抗菌薬追加投与」に関するQ&Aです。 白野倫徳 大阪市立総合医療センター感染症内科医長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長  ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

「ドクターX」に学ぶ肺塞栓症とパンコースト型肺がん

人気ドラマ「ドクターX」を題材に、医療知識をたのしく学ぶ! [ 記事を読む ]

摘便のコツは?体位や禁忌など注意点は?

摘便のコツや注意点をイラストでわかりやすく解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1409
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1293
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1196
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
1097
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
999
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日

思わず聞いてあげたくなる♡かわいいお願い選手権

投票数:
690
実施期間:
2019年10月22日 2019年11月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4664

◆小児看護の問題◆虐待が疑われる子どもへの対応について正しいものはどれでしょうか?

  • 1.子どもの恐怖心が助長されないように「大丈夫だよ」などの声掛けを行い、信頼関係を構築する。
  • 2.おねしょや指しゃぶりなどが見られる場合、すぐに年齢に応じた成長段階になるよう対策を講じる。
  • 3.子どもが入院する際には親に付き添いを依頼する。
  • 4.子どもの治療に積極的な親であれば、虐待の可能性は低いと判断できる。
今日のクイズに挑戦!