1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A>
  4. 術中の抗菌薬追加投与のタイミングは?

2018年03月04日

術中の抗菌薬追加投与のタイミングは?

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。

今回は「術中の抗菌薬追加投与」に関するQ&Aです。

白野倫徳
大阪市立総合医療センター感染症内科医長
編著 西口幸雄
大阪市立十三市民病院病院長

 

術中の抗菌薬追加投与のタイミングは?

おおむね3時間ごとの追加投与が推奨されています。

〈目次〉

 

抗菌薬の追加投与のタイミングは?

予防抗菌薬の目的は手術部位での細菌の増殖を抑えることであり、抗菌薬の血中濃度が低下してくるような長時間の手術では、追加投与が必要となります。

頻用されるセファゾリンナトリウムやセフメタゾールナトリウム、セフォチアム塩酸塩では、腎機能が正常(クレアチニン・クリアランスが50mL/分以上)の場合はおおむね3時間ごとの追加投与が推奨されます(1),(2)。また、半減期の長いバンコマイシン塩酸塩およびニューキノロン系抗菌薬の場合は、おおむね6時間ごとの追加投与が推奨されます。

なお、手術中に大量の出血が起こった場合、抗菌薬の有効な血中濃度を維持することができない可能性があり、定められた再投与の時間を待たずに追加投与を行う必要があります(3)。この場合の具体的な出血量のめやすや追加投与のタイミングは定められておらず、ケースバイケースで判断することになります。

 

抗菌薬の投与期間は?

これまで、抗菌薬の適切な投与期間についての定まった基準はありませんでした。

わが国では手術当日を含めて3〜4日以内の投与が推奨されてきましたが、抗菌薬の投与期間が長くなれば耐性菌出現のリスクが高まることや、24時間以内に終了した場合でもSSIのリスクは増加しなかったという研究などから、欧米では24時間以内(心臓手術では48時間以内)に終了することが望ましいとされています。

わが国でも日本外科感染症学会を中心に、予防抗菌薬の投与期間についての無作為化比較試験(1日vs3日)が実施されており、今後の方向性が定まっていくものと考えられます(4)。

また、予防的な抗菌薬の投与期間延長によりより高い術後感染予防効果が得られるわけではなく、SSIの発生が疑われる場合は、そのフォーカスや推定される起炎菌に応じて、治療的な抗菌薬を選択する必要があります。

 


[文献]


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』 (編著)西口幸雄/2014年5月刊行/ 株式会社照林社

著作権について

この連載

  • 中心静脈カテーテル刺入部の皮膚に発赤がなければ感染はない? [04/01up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「カテーテル関連血流感染症(CRBSI)」に関するQ&Aです。 白野倫徳 大阪市立総合医療センター感染症内科医長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病... [ 記事を読む ]

  • 発熱時の血液培養は本当に必要? [03/18up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「発熱時の血液培養」に関するQ&Aです。 白野倫徳 大阪市立総合医療センター感染症内科医長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ... [ 記事を読む ]

  • 術中の抗菌薬追加投与のタイミングは? [03/04up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術中の抗菌薬追加投与」に関するQ&Aです。 白野倫徳 大阪市立総合医療センター感染症内科医長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長  ...

  • 術前抗菌薬投与はSSI のみを対象としているの? [02/18up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術前の抗菌薬投与」に関するQ&Aです。 白野倫徳 大阪市立総合医療センター感染症内科医長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ... [ 記事を読む ]

  • 抗菌薬は、どのタイミングで投与するの?|術前・術後ケア  [02/04up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「抗菌薬投与のタイミング」に関するQ&Aです。 白野倫徳 大阪市立総合医療センター感染症内科医長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長 ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 手術部位感染(SSI) [01/08up]

    『WOC Nursing』2015年9月号<創傷と細菌感染を考える~細菌感染を考慮した創傷管理~>より抜粋。 手術部位感染(SSI)について解説します。 Point 手術部位感染(surgical site ... [ 記事を読む ]

  • 要チェック!!薬剤耐性菌の新リスト [08/19up]

    諸外国に比べて抗微生物薬(抗生物質)の使用頻度が高いといわれる日本。そのため、薬剤耐性菌の問題は決して他人事ではありません。   今回は、世界保健機関(WHO)がまとめた新規抗菌薬が緊急に必要とされる薬剤耐性菌のリストに... [ 記事を読む ]

  • 耐性菌とは [11/27up]

    (『キャラ勉!抗菌薬データ』より転載) 抗菌薬に対して感受性が低く、高濃度の抗菌薬が存在しても生育できる菌のことを耐性菌といいます。 不適正な抗菌薬の使用により、耐性菌が増加することがあります。 〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

  • 肺炎【疾患解説編】|気をつけておきたい季節の疾患【21】 [11/30up]

    来院された患者さんの疾患を見て季節を感じる…なんて経験ありませんか? 本連載では、その時期・季節特有の疾患について、治療法や必要な検査、注意点などを解説します。また、ナースであれば知っておいてほしいポイントや、その疾患の患者さんに... [ 記事を読む ]

  • バンコマイシン注|キャラ勉!抗菌薬データ [11/27up]

    (『キャラ勉!抗菌薬データ』より転載) 本記事では、よく使用される抗菌薬をキャラクターで表現しています。 バンコマイシンの適応、投与方法、注意事項、作用などをアイコン化して理解しやすくしています。   バンコ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

看護師的ナイスフォロー!気が利く同僚たちをご紹介|看護師の本音アンケート

「めちゃくちゃ助かる!ありがとう!」と感激した同僚エピソード。みんなも経験ある? [ 記事を読む ]

患者さんが転倒骨折! 要介護5になった責任はどこに?

実際の医療訴訟をもとにナースが気をつけるポイントを解説。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
1316
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日

結婚するなら、同じ医療者がいい?それとも、医療者以外がいい?

投票数:
1292
実施期間:
2019年11月22日 2019年12月13日

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1121
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1028
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
800
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
612
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者466

◆災害医療の問題◆惨事ストレスについて正しい説明は以下のうちどれでしょうか?

  • 1.惨事ストレスは、通常、経験しない急激、かつ衝撃的な問題や脅威に直面した場合に生じる。
  • 2.交通事故や火災などの人為的災害時に、惨事ストレスは発症しやすくなる。
  • 3.惨事ストレスとは、小規模の事故や事件で起こるストレス反応ではなく、大規模災害時に起こるストレス反応のことを指す。
  • 4.現場での救援活動を職務とするレスキュー隊員には惨事ストレスは生じにくい。
今日のクイズに挑戦!