1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A>
  4. 術前抗菌薬投与はSSI のみを対象としているの?

2018年02月18日

術前抗菌薬投与はSSI のみを対象としているの?

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。
今回は「術前の抗菌薬投与」に関するQ&Aです。

白野倫徳
大阪市立総合医療センター感染症内科医長
編著 西口幸雄
大阪市立十三市民病院病院長

 

術前抗菌薬投与はSSIのみを対象としているの?

はい。(狭義の)術前抗菌薬投与はSSIのみを対象としています。

〈目次〉

 

抗菌薬予防投与の対象

抗菌薬の予防投与の目的はSSI(手術部位感染)の予防であり、遠隔部位感染(remote infection:RI)は対象ではありません。

RIには呼吸器感染症、尿路感染症、カテーテル関連血流感染症(catheter related blood stream infection:CRBSI)、抗菌薬関連下痢症など、手術に関連はあるものの手術侵襲が直接加わっていない部位の感染症が含まれます(1)。

RIに対しては、推定される感染部位に応じて血液、喀痰、尿、膿などの培養検査を行い、その結果に応じて適切な抗菌薬の選択を行う必要があります。

 

対象となる細菌と抗菌薬の選択は?

抗菌薬予防投与の目的は、手術部位での細菌の増殖を抑えることです。したがって、手術部位に常在する細菌が対象となります。

具体的には、大部分の手術の皮膚切開においては皮膚に常在する黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌が問題となりますので、セファゾリンナトリウムなどの第1世代セフェム系抗菌薬が選択されます。また、下部消化管の切開を伴う手術では腸内細菌も問題となりますので、これらをカバーするセフメタゾールナトリウムやフロモキセフナトリウムなど第2世代セフェム系が選択されます。

そのほか、体外衝撃波破砕術など一部の泌尿器科手術においては、ニューキノロン系抗菌薬(シプロフロキシサン、レブフロキシサシン水和物)やスルファメトキサゾール・トリメトプソム(ST合剤)が用いられることもあります。

セフェム系抗菌薬を含むβラクタム系抗菌薬にアレルギーがある場合や、はじめからMRSA(meticillin-resistant Staphylococcus aureus:メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)を保菌している患者に対する手術ではバンコマイシン塩酸塩を選択することもありますが、ルーチンにバンコマイシン塩酸塩を投与することは推奨されません。

 


[文献]

  • (1)楠正人,小林美奈子:予防抗菌薬1 適応,薬剤選択. 日本外科感染症学会編,周術期感染管理テキスト, 診断と治療社,東京,2012:73-77.
  • (2)岩田健太郎監修,岡秀昭監訳:感染予防,そして コントロールのマニュアル.メディカル・サイエ ンス・インターナショナル,東京,2013:271-291.

本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典] 『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』 (編著)西口幸雄/2014年5月刊行/ 株式会社照林社

著作権について

この連載

  • 発熱時の血液培養は本当に必要? [03/18up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「発熱時の血液培養」に関するQ&Aです。 白野倫徳 大阪市立総合医療センター感染症内科医長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ... [ 記事を読む ]

  • 術中の抗菌薬追加投与のタイミングは? [03/04up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術中の抗菌薬追加投与」に関するQ&Aです。 白野倫徳 大阪市立総合医療センター感染症内科医長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長  ... [ 記事を読む ]

  • 術前抗菌薬投与はSSI のみを対象としているの? [02/18up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術前の抗菌薬投与」に関するQ&Aです。 白野倫徳 大阪市立総合医療センター感染症内科医長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ...

  • 抗菌薬は、どのタイミングで投与するの?|術前・術後ケア  [02/04up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「抗菌薬投与のタイミング」に関するQ&Aです。 白野倫徳 大阪市立総合医療センター感染症内科医長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長 ... [ 記事を読む ]

  • シャワー、入浴はドレーンが 抜けるまでだめ? [12/24up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「ドレーン挿入時期のシャワー、入浴」に関するQ&Aです。 黒岩志津 大阪市立総合医療センター看護部 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長 ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 術前からの不安緊張とせん妄に関連はありますか?どのようなケアをすればよいですか? [12/26up]

    『せん妄のスタンダードケア Q&A100』より転載。 今回は、手術とせん妄の関連について解説します。 術前からの不安緊張とせん妄に関連はありますか? どのようなケアをすればよいですか? 不安緊張が強い患者... [ 記事を読む ]

  • 手術部位感染(SSI) [01/08up]

    『WOC Nursing』2015年9月号<創傷と細菌感染を考える~細菌感染を考慮した創傷管理~>より抜粋。 手術部位感染(SSI)について解説します。 Point 手術部位感染(surgical site ... [ 記事を読む ]

  • 耐性菌とは [11/27up]

    (『キャラ勉!抗菌薬データ』より転載) 抗菌薬に対して感受性が低く、高濃度の抗菌薬が存在しても生育できる菌のことを耐性菌といいます。 不適正な抗菌薬の使用により、耐性菌が増加することがあります。 〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

  • 医療ドラマあるある!間違い探し【2】~術後患者編~ [03/09up]

    毎クール必ず1本は放映される医療ドラマ。看護師の皆さんは「ありえない~!」とツッコミながら観るのも楽しいのではないでしょうか? そこで、医療ドラマのあるあるシーンで間違い探しを作成しました!楽しんでみてください! 【ライ... [ 記事を読む ]

  • 要チェック!!薬剤耐性菌の新リスト [08/19up]

    諸外国に比べて抗微生物薬(抗生物質)の使用頻度が高いといわれる日本。そのため、薬剤耐性菌の問題は決して他人事ではありません。   今回は、世界保健機関(WHO)がまとめた新規抗菌薬が緊急に必要とされる薬剤耐性菌のリストに... [ 記事を読む ]

いちおし記事

モジャ先生との優しい時間|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(104)

「相談したいことがある」とモジャ先生を食事に誘ったもも子は… [ 記事を読む ]

リフィーディング現象ってなんだっけ?

場合によっては不整脈や心不全を引き起こすことも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

思わずほっこりした「ナースコール」はある?

投票数:
1296
実施期間:
2019年09月27日 2019年10月18日

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1311
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1189
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1051
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
924
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
570
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者6523

◆皮膚ケアの問題◆80歳代男性Aさん。右大腿骨頸部骨折のため入院となりました。観血的整復固定術が行われ、現在のADLは、体動はゆっくりではありますが、介助があれば車いすへの移動が可能です。ベッド上での自力での体位変換は不十分な状態です。Aさんの褥瘡予防ケアについて、適正なケアはどれでしょうか?

  • 1.手術後よりリスクアセスメント・スケールを用いて、褥瘡の評価を行った。
  • 2.現在もベッド上での自力での体位変換が不十分なため、体圧分散寝具の使用や体位変換介助を継続した。
  • 3.車いすに乗るときは、円座(ドーナッツ状クッション)を使用するよう伝えた。
  • 4.仙骨部などの骨突出部にマッサージを行った。
今日のクイズに挑戦!