1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 人工呼吸ケアのすべてがわかる>
  4. 人工呼吸器装着患者に対する過度の安静は、なぜ悪いの?

2018年12月18日

人工呼吸器装着患者に対する過度の安静は、なぜ悪いの?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。
今回は「人工呼吸器装着患者に対する過度の安静」に関するQ&Aです。

人工呼吸器装着患者に対する過度の安静は、なぜ悪いの?

過度の安静は、呼吸機能や循環機能の低下、抗重力筋の低下などの廃用症候群を招くだけでなく、ICU在室日数や在院日数の延長、退院時のADL能力を低下させる恐れがあります。

 

人工呼吸器装着患者に対する過度な安静の害

過度な安静は廃用症候群を引き起こし、呼吸器系や循環器系だけでなく、骨格筋や骨、患者の精神面にまで影響を与え、結果的に患者の回復を遅らせることになる(表1)。

表1過度な安静の害

心血管系 心機能低下、血栓塞栓症、起立性低血圧
呼吸器系 肺肝機能障害、上気道感染、誤嚥性肺炎、排痰能低下
筋骨格系 筋力低下、関節拘縮、筋萎縮、骨粗鬆症
尿路系 尿路感染症尿路結石
消化器系 便秘、食欲減退
神経系 神経反応性低下、協調運動障害
内分泌系 尿量増加、細胞外液変化、電解質異常
皮膚 褥瘡

 

患者がICU退室後の病棟生活や退院後の日常生活へと円滑に移行するためにも、過度な安静は避けるべきである。

仰臥位などの安静臥床による呼吸機能低下のメカニズムとして、FRC(機能的残気量)の減少が挙げられる図1)。

図1姿勢の違いによる呼吸機能の変化

 

鎮静薬を使用した人工呼吸器管理下では、背側の横隔膜運動が減少し、重力の影響による換気血流比の不均衡分布が生じ、下側の肺障害(荷重側肺障害:dependent lung disease)などの二次的合併症を引き起こすリスクがある(図2)。

図2下側肺障害

 

 

 

海外における報告では、人工呼吸器装着患者に対する早期離床チームの介入によりICUの在室日数や入院期間が短縮するとされ、積極的な離床は早期のICU退室、退院に有利に働くとされている。

2013年の人工呼吸器装着患者に対する早期リハビリテーションの研究報告をまとめたシステマティックレビューにおいても、早期離床の効果として身体機能の向上や退院時の能力に好影響をもたらすことが明らかとなっている

 

略語

  • FRC(functional residual capacity):機能的残気量

[文献]


[Profile]
下地大輔
東京慈恵会医科大学附属病院リハビリテーション科


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典]『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』(編集)道又元裕/2016年1月刊行

新 人工呼吸ケアのすべてがわかる本

著作権について

この連載

  • 人工呼吸器装着患者でも、ADLは拡大できるの? [01/01up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「人工呼吸器装着患者におけるADLの拡大」に関するQ&Aです。 人工呼吸器装着患者でも、ADLは拡大できるの? ADLの拡大は可能です。 チームでアプロ... [ 記事を読む ]

  • ICU-AWってなに? [12/25up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「ICU-AW」に関するQ&Aです。 ICU-AWってなに? ICU-acquired weaknessの略で、人工呼吸器管理を要する重症な患者に発生する... [ 記事を読む ]

  • 人工呼吸器装着患者に対する過度の安静は、なぜ悪いの? [12/18up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「人工呼吸器装着患者に対する過度の安静」に関するQ&Aです。 人工呼吸器装着患者に対する過度の安静は、なぜ悪いの? 過度の安静は、呼吸機能や循環機能の低下...

  • 呼吸リハビリテーションの評価は、どんなことをすればいいの? [12/11up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「呼吸リハビリテーションの評価」に関するQ&Aです。 呼吸リハビリテーションの評価は、どんなことをすればいいの? 基本的なフィジカルアセスメントや呼吸器系... [ 記事を読む ]

  • 呼吸リハビリテーションは、誰が行うの? [12/04up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「呼吸リハビリテーション」に関するQ&Aです。 呼吸リハビリテーションは、誰が行うの? 医師、看護師、理学療法士、作業療法士など、患者にかかわる医療チーム... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

看護roo!サロンで楽しくおしゃべり♪

【謝礼5000円】他の病院のナースと話せる貴重な機会♡謝礼もゲット! [ 記事を読む ]

せん妄はどうやって予防する?発症したらどうする?

せん妄の発現や重症化を抑え、せん妄期間を短縮するには,原因に対する迅速な管理が重要です. [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1314
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1246
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
1128
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
987
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日

生理痛で困ってない?

投票数:
952
実施期間:
2019年03月21日 2019年04月11日

一番好きな看護業務は?

投票数:
477
実施期間:
2019年03月26日 2019年04月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者199

介護施設に入所している80歳女性。重度の認知症があり自室のベッドのそばで倒れているところを発見されました。ベッドからの転落が疑われます。前頭部挫創部を圧迫止血された状態で病院到着となりました。意識はあり、指先は動かせますが肘は曲がった状態です。以下のうち、看護師のあなたがとるべき対応として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.最終健在時刻・発見時刻を施設職員から聴取し、転倒の原因についてのアセスメントを最優先に行った。
  • 2.頸椎・頸髄損傷の可能性を考えて、全身の神経学的所見や呼吸形式を観察した。
  • 3.退院後は転落のリスクを考えて、抑制帯を使用して再発防止策をとるように施設職員に伝えた。
  • 4.退院後はベッドからの転落防止のため、必ず施設職員の目の届く部屋にし、常に患者さんに付き添いを行うように施設職員に伝えた。
今日のクイズに挑戦!