1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 人工呼吸ケアのすべてがわかる>
  4. 呼吸リハビリテーションの評価は、どんなことをすればいいの?

2018年12月11日

呼吸リハビリテーションの評価は、どんなことをすればいいの?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。
今回は「呼吸リハビリテーションの評価」に関するQ&Aです。

呼吸リハビリテーションの評価は、どんなことをすればいいの?

基本的なフィジカルアセスメントや呼吸器系の検査所見に加え、動作能力にかかわる評価や、人工呼吸器が提示するデータの評価が必要です。

 

〈目次〉

 

呼吸リハビリテーションの評価

呼吸リハビリテーションのプログラムには、患者への教育・指導として、疾患に関する指導、禁煙指導および環境因子の改善、薬物療法の指導、感染予防の指導、患者の生活に合わせた動作の工夫、栄養指導、在宅酸素療法や在宅人工呼吸両方の指導、疾患の自己管理、心理面の援助、社会福祉サービスの利用、そして呼吸理学療法運動療法が含まれる。

したがって本来は、包括的評価として、臨床的所見やデータだけではなく、社会的背景も含めた情報を収集しなくてはならない。

呼吸理学療法と運動療法に関する評価項目については「呼吸リハビリテーションに関するステートメント」において表1のように勧告されている。

表1呼吸リハビリテーションに関する評価項目

A 必須の評価 問診および身体所見、スパイロメトリー、心電図、胸部X線写真、呼吸困難感(安静時、労作時)、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO
B 行うことが望ましい評価 パルスオキシメータを使った時間内歩行テスト(6分間歩行テストなど)
C 可能であれば行う評価 QOL評価(一般的、疾患特異的)、運動負荷試験、肺気量分画、呼吸筋力、動脈血液ガス分析、心理的評価
日本呼吸管理学会,日本呼吸器学会編:呼吸リハビリテーションに関するステートメント.2001,http://www.jrs.or.jp/quicklink/guidelines/statement/pdf/rehabilitation.pdf(2014年11月 18日閲覧).より引用

 

人工呼吸器装着患者に対する呼吸リハビリテーションの評価

人工呼吸器を装着している患者の呼吸リハビリテーションでは、表1の項目に加え、ベッドレストやICU−AWに伴う筋力低下などの筋骨格系の機能の評価や、栄養管理に関する評価も必要となる。

人工呼吸器管理下で運動を行うため、機器が提示する各種のパラメータや、状況によっては鎮痛・鎮静、せん妄などの評価も必須である。

集中治療管理下の患者の状態は刻々と変化するため、リハビリテーションを行う際には定期的に再評価を行わなければならない。

急性期や維持期といったステージによって状況はまったく異なるため、患者の状態に応じた評価項目の選択が求められる。関連する評価項目を表2に示す。

表2呼吸リハビリテーションに必要な評価

基本的情報 現病歴既往歴家族歴喫煙歴(Blinkman指数)、職業歴、併発疾患、治療薬剤
身体所見 バイタルサイン、視診(呼吸回数と深さ、呼吸パターン、呼吸補助筋、胸廓や脊柱の形状、皮膚温、チアノーゼ、ばち状指、頸静脈怒張、浮腫)、触診(胸廓の柔軟性、呼吸筋の筋緊張)、打診、聴診
臨床症状 呼吸困難感(VAS、OCD、Borg CR-10 Scale、mMRC Scale 、BDITDI、痰
検査所見 肺機能検査(スパイロメトリー、肺気量分画、肺拡散能など)、動脈血液ガス分析、動脈血酸素飽和度、カプノメトリー、胸部X線、胸部CT、肺血流・換気シンチグラフィー、心電図、心エコー、肺動脈カテーテル検査、最大吸気筋力(口腔内圧)、運動耐用能(6分間歩行試験、シャトルウォーキングテスト、心肺運動負荷試験)
栄養評価 身長体重、BMI、FFM、血清アルブミンなどの栄養関連データ、栄養管理方法
筋骨格系・身体活動関連 徒手筋力検査、握力、関節可動域検査、痛み、身体活動量、EIHの有無
ADL P-ADL、NRADL
QOL CRQ、SGRQ、CAT
心理社会的評価 HADS、CES-D、GHQ
精神・神経症状 意識レベル(GCS、JCS)、鎮痛(VAS、NRS、フェイス・スケール)、鎮静(Ramsay Score、SAS)、せん妄(CAM-ICU
人工呼吸器関連の各種パラメータ モードなど各種設定、肺メカニクス、グラフィック波形、加温加湿、回路・接続部の状況

略語

  • ICU−AW(ICU-acquired weakness)
  • VAS(visual analogue scale)
  • OCD(oxygen cost diagram)
  • CR-10(category-ratio10)
  • mMRC(modified medical research council)
  • BDI(baseline dyspnea index)
  • TDI(transition dyspnea index)
  • BMI(body mass index)
  • FFM(fat-free mass):除脂肪体重
  • EIH(exercise induced hypoxemia):運動誘発性低酸素血症
  • P-ADL(pulmonary emphysema-ADL):肺気腫患者用ADL評価表
  • NRADL(Nagasaki university respiratory activities of daily living questionnaire):長崎大学呼吸器日常生活評価表
  • CRQ(chronic respiratory disease questionnaire)
  • SGRQ(St. George’s respiratory questionnaire)
  • CAT(COPD assessment test)
  • HADS(hospital anxiety and depression scale):不安・抑うつ測定尺度
  • CES-D(center for epidemiologic scale of depression):うつ病自己評価尺度
  • GHQ(general health questionnaire):精神健康調査
  • GCS(Glasgow Coma Scale):グラスゴーコーマスケール
  • JCS(Japan Coma Scale):ジャパンコーマスケール
  • VAS(visual analog scale):ビジュアルアナログスケール
  • NRS(numeral rating scale):数値評価スケール
  • SAS(sedation-agitation scale)
  • CAM-ICU(confusion assessment method for the ICU)

[Profile]
藤田吾郎
東京慈恵会医科大学附属病院リハビリテーション科


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典]『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』(編集)道又元裕/2016年1月刊行

新 人工呼吸ケアのすべてがわかる本

著作権について

この連載

  • ICU-AWってなに? [12/25up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「ICU-AW」に関するQ&Aです。 ICU-AWってなに? ICU-acquired weaknessの略で、人工呼吸器管理を要する重症な患者に発生する... [ 記事を読む ]

  • 人工呼吸器装着患者に対する過度の安静は、なぜ悪いの? [12/18up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「人工呼吸器装着患者に対する過度の安静」に関するQ&Aです。 人工呼吸器装着患者に対する過度の安静は、なぜ悪いの? 過度の安静は、呼吸機能や循環機能の低下... [ 記事を読む ]

  • 呼吸リハビリテーションの評価は、どんなことをすればいいの? [12/11up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「呼吸リハビリテーションの評価」に関するQ&Aです。 呼吸リハビリテーションの評価は、どんなことをすればいいの? 基本的なフィジカルアセスメントや呼吸器系...

  • 呼吸リハビリテーションは、誰が行うの? [12/04up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「呼吸リハビリテーション」に関するQ&Aです。 呼吸リハビリテーションは、誰が行うの? 医師、看護師、理学療法士、作業療法士など、患者にかかわる医療チーム... [ 記事を読む ]

  • 呼吸リハビリテーションは、どんな人に対して行うの? [11/27up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「呼吸リハビリテーション」に関するQ&Aです。 呼吸リハビリテーションは、どんな人に対して行うの? 呼吸障害をもつ(もつ可能性のある)患者と、その家族... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

2025年のナース、病院は97万人 訪看は2.5倍必要!?

止まらない看護師不足。この数字、あなたはどう思う? [ 記事を読む ]

ペースメーカーの心電図

各モードごとの心電図を解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

2019年に「がんばりたいこと」は何ですか?

投票数:
1280
実施期間:
2019年01月04日 2019年01月25日

同期との差感じたことあった?

投票数:
1152
実施期間:
2019年01月08日 2019年01月29日

成人式、参加した?

投票数:
1219
実施期間:
2019年01月11日 2019年02月01日

我が家独特の食事メニューある?

投票数:
1004
実施期間:
2019年01月15日 2019年02月05日

薬剤のミキシングのとき、手袋はする?しない?

投票数:
881
実施期間:
2019年01月18日 2019年02月08日

マスクのこだわり、何かある?

投票数:
434
実施期間:
2019年01月22日 2019年02月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者140

「ロコモティブシンドローム」の予備軍は増えており、要介護状態や寝たきりを招くとされています。以下のロコモティブシンドロームの説明で、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.ロコモティブシンドロームは、「生活習慣病」を指す言葉であり、高齢者が健康な生活を送れるように厚生労働省が提唱した概念である。
  • 2.ロコモティブシンドロームかどうかをチェックする「ロコチェック」には、7つのチェック項目がある。
  • 3.「ロコチェック」に当てはまったので、関節運動や筋力トレーニングなどの10項目からなる「ロコトレ」を毎日行う。
  • 4.「ロコモ度テスト」は認知機能を評価するテストであり、3つのテストから判断する。
今日のクイズに挑戦!