1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A>
  4. 膀胱訓練は不要と聞くけれど、いつでも不要?|術前・術後ケア

2017年11月12日

膀胱訓練は不要と聞くけれど、いつでも不要?|術前・術後ケア

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。

今回は「膀胱訓練」に関するQ&Aです。

羽阪友宏
大阪市立総合医療センター泌尿器科
編著 西口幸雄
大阪市立十三市民病院病院長

 

膀胱訓練は不要と聞くけれど、いつでも不要?

膀胱訓練(クランプテスト)は、どのような場合でも不要です。

〈目次〉

 

膀胱訓練は1つではない

周術期看護領域での「膀胱訓練」とは、いわゆるクランプテストのことです。施設により方法はさまざまですが、尿道カテーテルをクランプ後、3~5時間経過するか、尿意の訴えがあるまでクランプしておくことで、膀胱容量を改善させたり、尿意の有無を確認することを意図しているようです。

一方、泌尿器科領域では、切迫性尿失禁頻尿の患者に、尿意を少しがまんしてもらって排尿間隔を引き延ばす行動療法がありますが、これが本来の「膀胱訓練」です。

用語の整理と周知に関しては今後の課題ですが、ここでの膀胱訓練とは、前者のクランプテストのことを指します。

 

膀胱訓練はなぜ不要といえるか

膀胱訓練が必要かもしれないと考えうる状況には、

  1. 尿道カテーテル留置が長期になったとき
  2. 膀胱に関する神経を損傷した可能性があるとき

が挙げられます。

術後、やむを得ず尿道カテーテル留置が長期になったときは、膀胱容量が小さくなっている可能性がありますが、尿道カテーテル抜去後、蓄尿を続けていれば通常、膀胱容量は自然に改善してきます。膀胱訓練の有無にかかわらず結果は同じであり、膀胱訓練は不要といえます(図1)。

図1尿道カテーテル留置が長期になったとき

尿道カテーテル留置が長期になったとき

 

手術や外傷により、膀胱に関する神経を損傷した可能性があるときは、膀胱訓練により、尿意の喪失を確認することはできますが、その場合、尿道カテーテルを抜去して導尿などの適切な治療を開始しなければなりません。膀胱訓練の有無にかかわらず治療方針は同じであり、やはり膀胱訓練は不要といえます(図2)。

図2膀胱に関する神経を損傷した可能性があるとき

膀胱に関する神経を損傷した可能性があるとき

 

文献をふまえての考察

CDCの「カテーテル関連尿路感染症予防ガイドライン」(1)では、カテゴリーⅡ(弱い勧告)であるものの、バルーン抜去前にクランプは不要である、とされています。

また、113人の股関節骨折患者での検討(2)では、正常の膀胱機能に戻るまでの期間、尿道カテーテル再留置を要した症例数、入院期間の項目で、膀胱訓練の優劣は認められませんでした。

ほかに、60人の脳卒中患者での検討(3)では、初尿までの時間、初尿の量や、残尿量などに有意な違いはなく、それどころか、膀胱訓練群で、3人(7.5%)で症候性尿路感染を認めたとされています。

文献からは、術後尿道カテーテル抜去前の膀胱訓練に優位性はなく、むしろデメリットがあるようです。調べた限りでは報告はないものの、クランプ解除が遅れることによる事故の発生も懸念されます。

以上より、膀胱訓練はどのような場合でも不要と考えられます。

 



本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』 (編著)西口幸雄/2014年5月刊行/ 株式会社照林社

著作権について

この連載

  • シャワー、入浴はドレーンが 抜けるまでだめ? [12/24up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「ドレーン挿入時期のシャワー、入浴」に関するQ&Aです。 黒岩志津 大阪市立総合医療センター看護部 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長 ... [ 記事を読む ]

  • ドレーン抜去時期が早くなっている気がするけれど、抜去の基準は? [12/10up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「ドレーン抜去時期の判断基準」に関するQ&Aです。 玉森 豊 大阪市立総合医療センター消化器外科副部長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長 ... [ 記事を読む ]

  • 膀胱訓練は不要と聞くけれど、いつでも不要?|術前・術後ケア [11/12up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「膀胱訓練」に関するQ&Aです。 羽阪友宏 大阪市立総合医療センター泌尿器科 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   膀胱訓...

  • 尿道カテーテル留置が長期になる 場合、定期的な交換が必要? [10/29up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「尿道カテーテルの留置」に関するQ&Aです。 上川禎則 大阪市立総合医療センター泌尿器科部長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ... [ 記事を読む ]

  • 離床の際、現在はドレーンをクランプしないって本当? [10/15up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「離床の際のドレーンのクランプ」に関するQ&Aです。 黒岩志津 大阪市立総合医療センター看護部 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長  ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

「ドクターX」に学ぶ肺塞栓症とパンコースト型肺がん

人気ドラマ「ドクターX」を題材に、医療知識をたのしく学ぶ! [ 記事を読む ]

摘便のコツは?体位や禁忌など注意点は?

摘便のコツや注意点をイラストでわかりやすく解説! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1384
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1266
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1170
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
1064
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
951
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日

思わず聞いてあげたくなる♡かわいいお願い選手権

投票数:
556
実施期間:
2019年10月22日 2019年11月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者6226

◆周術期の問題◆あなたは明日、腹腔鏡下胃全摘術の手術を受ける67歳男性の術前訪問に来ています。以下のうち、術前訪問について誤った行動はどれでしょうか?

  • 1.過度の不安は麻酔に影響するため、術式、手術体位などは患者さんから聞かれない場合は説明しない。
  • 2.手術を受けるに当たって不安はないか確認する。
  • 3.自己紹介を行い、手術を担当する受け持ち看護師であることを伝える。
  • 4.術前訪問では、アレルギーや既往歴などのAMPLE聴取を行う。
今日のクイズに挑戦!