1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ナース×医療訴訟>
  4. 看護師の業務は療養上の世話と診療の補助! 緊急時には例外も|ナース×医療訴訟

2017年05月10日

看護師の業務は療養上の世話と診療の補助! 緊急時には例外も

看護師さんにとって、医療事故や医療訴訟は決して他人事ではありません。
ここでは、医療事故を起こしてしまったときに看護師さんが知っておくべき医療に関する法律の知識を解説します。
第2話では、「誤嚥によって窒息死してしまった事例」から学ぶ、「看護師として求められる医行為」についてのお話です。

 

 

大磯義一郎、森 亘平、谷口かおり
(浜松医科大学医学部「医療法学」教室)

 

第1話では、『誤嚥によって窒息死してしまった事例』を紹介しましたが、ホームヘルパーの真由美さんが誤嚥に気付き、それ相応の処置をすべきだったか、看護師である咲子さんに早期に連絡をすべきだったかが、問題になりました。

大切なポイントは、専門職によって求められている医療水準が異なるという点でしたよね。

その通りです。
それでは、看護師の皆さんには、看護師としてどのような行為が求められているのでしょうか?
今回は、その点を確認してみましょう。

 

〈目次〉

 

看護師の業務は、「療養上の世話」と「診療の補助」

看護師の業務は、「療養上の世話」と「診療の補助」

看護師さんの業務は、『保健師助産師看護師法(保助看法)』に定められていますが、大きく分けると、2つになります。

1つは、何ら制限なく行うことのできる「療養上の世話」です。そして、もう1つは、あくまで補助としての制限が加わる「診療の補助」があります。つまり、「療養上の世話」は看護師が独断で行うことができるのに対して、「診療」はあくまで補助としてしか行うことはできません。

 

看護師が行える「診療の補助」はどんなものがあるのか?

保助看法では、医師や歯科医師の指示があった場合を除き、看護師さんが単独で、患者さんの身体に危害が加わる可能性がある行為を行うことを禁止しています。つまり、裏を返せば、医師や歯科医師の指示があれば、看護師さんが行うことのできる医行為自体には、制限がありません。

なお、看護師さんが行った医行為が「診療の補助」にあたるかどうかは、その行為を全体として評価して、判断する必要があります。医師が行っている診療の補助と評価できるか否かがポイントになります。そのため、あくまでも医師の補助であれば、臨床現場での行為は「診療の補助」に該当します。

 

memo看護師の医行為について記載された保助看法第37条

主治の医師又は歯科医師の指示があった場合を除くほか、診療機械を使用し、医薬品を授与し、医薬品について指示をしその他医師又は歯科医師が行うのでなければ衛生上危害を生ずるおそれのある行為をしてはならない。

 

保助看法に記載された業務以外にも、例外がある

緊急の場合や助産師の業務

看護師さんが医師の指示がなく単独で医行為を行うことは保助看法(第37条)で禁止されていますが、例外が認められている2つの場合があります。

①臨時応急の手当て時

②(助産師の場合)へその緒を切り、浣腸を施し、そのほか助産師の業務に当然に付随する行為の時

上記のような場合には、医師や歯科医師の指示を必要としません。このような緊急の場合には、看護師は医師と同等の行為を行うことが可能です。

 

特定行為研修を受けて行う特定行為

また、緊急時や助産師の業務以外でも、例外があります。それは、特定行為です。

特定行為は、あくまでも診療の補助ですが、「看護師さんが手順書により行う場合には,実践的な理解力,思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能が特に必要とされるものとして厚生労働省令で定めるもの」と規定されています。

特定行為の内容は多岐にわたりますが、具体的には、以下のような行為などが該当します。

①経口用気管チューブ、または経鼻用気管チューブの位置の調整

②経皮的心肺補助装置の操作、および管理

③橈骨動脈ラインの確保

④硬膜外カテーテルによる鎮痛剤の投与、および投与量の調整

⑤抗けいれん剤の臨時の投与

上記の手技の内容を見て、高度な医療だと感じる人もいるかもしれません。

これらの手技は、看護教育において十分な教育がされていないため、研修が義務付けられています。そして、この研修を受けた看護師さんであれば、手順書(医師が看護師に診療の補助を行わせるために、その指示として作成する文書)に基づいて特定行為を行うことが認められています。

なお、これらの特定行為については、保助看法第37条に定められています。

 

まとめ

保助看法では、あくまで医行為の範囲を広く規定し、看護師さんは「診療の補助」ができるという原則が設定されています。緊急時や特定行為などは、看護師さんが行う医行為として認められています。

もし、保助看法に違反した場合は、刑事罰や行政処分が科される場合もありますので、日常の臨床現場で普段行わない行為をする場合には、医師に指示を求めるか、先輩看護師に相談するようにしましょう。

 

〈次回〉

第3話:Q&Aでわかる 「医行為」と「非医行為」の違いは?

⇒『ナース×医療訴訟』の【総目次】を見る

 


[執筆者]
大磯義一郎
浜松医科大学医学部「医療法学」教室 教授
森 亘平
浜松医科大学医学部「医療法学」教室 研究員
谷口かおり
浜松医科大学医学部「医療法学」教室 研究員


Illustration:宗本真里奈


著作権について

この連載

  • 入浴中に患者さんが熱傷で死亡! 看護師の判断と注意義務の必要性 [06/22up]

    生命を扱う臨床現場で日夜働く看護師さんにとって、医療事故や医療訴訟は決して他人事ではありません。 前回は、「誤嚥によって、患者さんが窒息死してしまった事例」について紹介しました。 第5回は、「入浴中に、患者さんが熱傷で死亡してし... [ 記事を読む ]

  • Q&Aでわかる 「医行為」と「非医行為」の違いは? [05/10up]

    看護師さんにとって、医療事故や医療訴訟は決して他人事ではありません。 第1話と第2話では、「患者さんが誤嚥によって窒息死してしまった事例」を元に医療事故の対応方法や、看護師が知っておくべき医療に関する法律について、解説してきました... [ 記事を読む ]

  • 看護師の業務は療養上の世話と診療の補助! 緊急時には例外も [05/10up]

    看護師さんにとって、医療事故や医療訴訟は決して他人事ではありません。 ここでは、医療事故を起こしてしまったときに看護師さんが知っておくべき医療に関する法律の知識を解説します。 第2話では、「誤嚥によって窒息死してしまった事例」か...

  • 窒息事故死は誤嚥が半数を占める! 医療事故と訴訟を防ぐポイントは? [05/10up]

    生命を扱う臨床現場で日夜働く看護師さんにとって、医療事故や医療訴訟は決して他人事ではありません。 前回は、「転倒のおそれのある患者さんの身体拘束」について紹介しました。 第4回は、「誤嚥によって、患者さんが窒息死してしまった事例... [ 記事を読む ]

  • Q&Aでわかる これって身体拘束? 身体拘束にあたる基準とは [03/27up]

    看護師さんにとって、医療事故や医療訴訟は決して他人事ではありません。 第1話と第2話では、「転倒のおそれがある患者さんを身体拘束した事例」を元に医療事故の対応方法や、看護師が知っておくべき医療に関する法律について、解説してきました... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

看護roo!サロンで楽しくおしゃべり♪

【謝礼5000円】他の病院のナースと話せる貴重な機会♡謝礼もゲット! [ 記事を読む ]

せん妄はどうやって予防する?発症したらどうする?

せん妄の発現や重症化を抑え、せん妄期間を短縮するには,原因に対する迅速な管理が重要です. [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1298
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1292
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1221
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
1103
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
956
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日

生理痛で困ってない?

投票数:
896
実施期間:
2019年03月21日 2019年04月11日

一番好きな看護業務は?

投票数:
96
実施期間:
2019年03月26日 2019年04月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者566

経腸栄養投与についての説明で、正しいのは次のうちどれでしょうか?

  • 1.経腸栄養を行っている気管挿管患者さんでは、経腸栄養投与中の体位はどのような体位でもよい。
  • 2.重症患者の経腸栄養は、1日の投与量が同じであれば、間欠投与でも持続投与でも構わない。
  • 3.経腸栄養で使用する栄養チューブの口径は、細い方がよい。
  • 4.胃管を留置後は、X線撮影による確認を行う。
今日のクイズに挑戦!