1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A>
  4. 離床の際、現在はドレーンをクランプしないって本当?

2017年10月15日

離床の際、現在はドレーンをクランプしないって本当?

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。

今回は「離床の際のドレーンのクランプ」に関するQ&Aです。

黒岩志津
大阪市立総合医療センター看護部
編著 西口幸雄
大阪市立十三市民病院病院長

 

離床の際、現在はドレーンクランプしないって本当?

本当です。離床の際、消化器外科で使用するドレーンにおいては、クランプの必要はありません。

〈目次〉

 

ドレーンをクランプをしない根拠は?

以前は移動時・体位変換時などのドレーン排液逆流予防のため、クランプすることがありました。移動時や体位変換時に、一時的にドレーンを持ち上げるときにクランプを必要とすると書かれた文献もありますが、排液バッグに接続されたドレーンからは、ドレーン内の排液の移動が多少あるものの、排液バッグ内の液が腹腔内に逆流することはないので、基本的にクランプは必要ありません。

また、胸腔ドレーンの場合もクランプは行いません。クランプすることで緊張性気胸が起こる場合があるからです。

 

離床時の注意点は?

ドレーンは落差でドレナージするため、排液バッグをドレーン先端から低い位置に置きます。ルートを引っ張らないよう事故(自己)抜去予防に留意することが大切です。

ドレーンは皮膚挿入部、ドレーンの接続部、排液バッグの排液口などで細菌が混入する危険性があります。逆行性感染予防のためにも、挿入部から上に持ち上げないよう、患者にも指導することが必要です。事故抜去が起こることで治癒が遅れたり感染のリスクが高まったりするため、未然に防ぐよう心がけましょう。

また、離床時には、排液バッグを袋に入れて点滴台につるす(図1)など、人目に配慮する工夫や、チェスト・ドレーン・バックにおいては点滴台に固定することが必要です。患者が動いたことで固定テープが剥がれることがあるので、剥がれに気づいたらナースコールするよう説明しておきます。移動時・体位変換時には、ドレーンの屈曲や接続のゆるみがないかを確認しましょう。

図1排液バッグの設置方法

排液バッグの設置方法

 


[文献]

  • (1)竹末芳生,藤野智子編:エキスパートナース・ガイド術後ケアとドレーン管理.照林社,東京,2009.

本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典] 『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』 (編著)西口幸雄/2014年5月刊行/ 株式会社照林社

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

根拠はないけど|マンガ・ぴんとこなーす【262】

看護記録に書いた根拠を激ヅメされた新人ナースのサエコちゃん。その記録内容は… [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1330
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1175
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1160
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
1050
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
920
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
600
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2298

◆消化器の問題◆以下のうち、胃瘻管理中の患者さんに対する看護として、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.胃瘻を造設している患者さんはシャワーや入浴はできない。
  • 2.栄養剤を投与する際は、仰臥位で投与しても問題ない。
  • 3.ボタン型はチューブ型に比べて自己抜去のリスクが高い。
  • 4.胃瘻管理中は、出血・発赤・腫脹など局所の感染徴候がないか、創部の観察を行う。
今日のクイズに挑戦!