1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A>
  4. 離床の際、現在はドレーンをクランプしないって本当?

2017年10月15日

離床の際、現在はドレーンをクランプしないって本当?

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。

今回は「離床の際のドレーンのクランプ」に関するQ&Aです。

黒岩志津
大阪市立総合医療センター看護部
編著 西口幸雄
大阪市立十三市民病院病院長

 

離床の際、現在はドレーンクランプしないって本当?

本当です。離床の際、消化器外科で使用するドレーンにおいては、クランプの必要はありません。

〈目次〉

 

ドレーンをクランプをしない根拠は?

以前は移動時・体位変換時などのドレーン排液逆流予防のため、クランプすることがありました。移動時や体位変換時に、一時的にドレーンを持ち上げるときにクランプを必要とすると書かれた文献もありますが、排液バッグに接続されたドレーンからは、ドレーン内の排液の移動が多少あるものの、排液バッグ内の液が腹腔内に逆流することはないので、基本的にクランプは必要ありません。

また、胸腔ドレーンの場合もクランプは行いません。クランプすることで緊張性気胸が起こる場合があるからです。

 

離床時の注意点は?

ドレーンは落差でドレナージするため、排液バッグをドレーン先端から低い位置に置きます。ルートを引っ張らないよう事故(自己)抜去予防に留意することが大切です。

ドレーンは皮膚挿入部、ドレーンの接続部、排液バッグの排液口などで細菌が混入する危険性があります。逆行性感染予防のためにも、挿入部から上に持ち上げないよう、患者にも指導することが必要です。事故抜去が起こることで治癒が遅れたり感染のリスクが高まったりするため、未然に防ぐよう心がけましょう。

また、離床時には、排液バッグを袋に入れて点滴台につるす(図1)など、人目に配慮する工夫や、チェスト・ドレーン・バックにおいては点滴台に固定することが必要です。患者が動いたことで固定テープが剥がれることがあるので、剥がれに気づいたらナースコールするよう説明しておきます。移動時・体位変換時には、ドレーンの屈曲や接続のゆるみがないかを確認しましょう。

図1排液バッグの設置方法

排液バッグの設置方法

 


[文献]

  • (1)竹末芳生,藤野智子編:エキスパートナース・ガイド術後ケアとドレーン管理.照林社,東京,2009.

本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典] 『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』 (編著)西口幸雄/2014年5月刊行/ 株式会社照林社

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

【マンガ】それでも看護をする理由~Case.2 みお~(7)

「プリが悪い」「新人が悪い」「先輩が悪い」で終わりいい? 指導をめぐるさまざまな立場の想い。 [ 記事を読む ]

胃瘻に関する基礎知識

胃瘻の目的や禁忌をわかりやすく解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「職場で言われたハイセンスな嫌味」選手権

投票数:
1383
実施期間:
2019年08月27日 2019年09月17日

payサービス使ってる?

投票数:
1713
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1292
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1185
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1041
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
903
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
234
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4069

あなたはリーダー看護師より、輸血管理部門へ行き、「照射赤血球濃厚液(RCC)」と融解前の「新鮮凍結血漿(FFP)」とを受け取ってくるように依頼を受けました。搬送中および病棟での管理で最も正しいものは、次のうちどれでしょうか?

  • 1.「照射赤血球濃厚液(RCC)」は温度管理が不適切になると、機能低下が生じるため、冷凍した保冷剤を入れた保冷搬送容器を用いて搬送した。
  • 2.「照射赤血球濃厚液(RCC)」と「新鮮凍結血漿(FFP)」を1つの保冷搬送容器に梱包して丁寧に搬送した。
  • 3.「新鮮凍結血漿(FFP)」は、温度管理が不適切になると、機能低下が生じるため、保冷剤を入れた保冷搬送容器で搬送した。
  • 4.病棟では、「照射赤血球濃厚液(RCC)」は一般用冷蔵庫へ、「新鮮凍結血漿(FFP)」は一般用冷凍庫へ分けて収納した。
今日のクイズに挑戦!