1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 人工呼吸ケアのすべてがわかる>
  4. 人工呼吸中の器械的トラブルは、どのように予防するの?

2018年10月30日

人工呼吸中の器械的トラブルは、どのように予防するの?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。
今回は「人工呼吸中の器械的トラブル」に関するQ&Aです。

 

塚原大輔
日本看護協会看護研修学校認定看護師教育課程特定行為研修担当教員

 

人工呼吸中の器械的トラブルは、どのように予防するの?

管理体制を整えるだけでなく、緊急事態への対応も可能な教育などのリスクマネジメントを行います。

 

〈目次〉

 

人工呼吸管理

人工呼吸管理は、呼吸不全患者の酸素化と換気の改善を目的として使用されている。

呼吸サポートチームの活動が広まり、安全管理体制や医療スタッフの教育など、ハード面・ソフト面両方が少しずつ整ってきているが、日本医療機能評価機構の医療事故情報収集等事業医療安全報告「人工呼吸器の配管の接続忘れ」(No.92,2014)により重大な事故が報告されている。

日本呼吸療法医学会は「人工呼吸器安全使用のための指針(第2版)」を発表し、人工呼吸管理を行う施設のめざすべき内容を示している。以下に、その概要を示す。

 

安全管理体制

1人工呼吸安全対策委員会の設置

人工呼吸療法に関与する施設管理者、医師、看護師、臨床工学技士などで構成する委員会を設置し、安全対策を講じること。

 

2教育システムの整備

人工呼吸器に直接かかわる医師、看護師、臨床工学技士に対する取り扱い教育、安全管理教育を系統的かつ定期的に実施すること。

特に、医師、看護師は、患者の呼吸のアセスメント能力の向上に努めること。

 

人工呼吸管理を施行する部署

人工呼吸療法を施行する部署は、集中治療施設基準を満たすことが望ましい。

 

警報装置およびモニタ

1警報設定

人工呼吸器の各警報装置は、それぞれの意義(表1)を理解し、それぞれ適正値に設定すべきである。

表1人工呼吸器の警報の意義

人工呼吸器の警報の意義

  • 最低分時換気量、最低気道内圧、無呼吸、低電圧の警報は、救命的警報であることを認識し、設定すること
  • 最高気道内圧、最高分時換気量、頻呼吸の警報は、合併症予防の警報装置であることを認識すること
  • 呼吸回路への一時的な操作(加温加湿器やネブライザーへの蒸留水・薬液の補充、気管吸引など)によって警報が作動しても警報装置の設定を解除しないこと
  • 人工呼吸療法の継続中に、人工呼吸器作動の一時的な中止に伴って警報解除を行った場合には、その場で必ず復旧させること

日本呼吸療法医学会:人工呼吸器安全使用のための指針第2版.人工呼吸2011;28(2):68.より引用

 

警報の設定値だけでなく、設定値を外れた場合に確実に作動することの確認が必要である。

 

2モニタ

人工呼吸療法中は患者の呼吸に関するモニタリングが不可欠である。余裕があればその他の生体情報をモニタリングすることが望ましい。

モニタリング情報は、一定期間記録・保存できることが望ましい。

 

緊急事態への対応

停電、人工呼吸器の故障、呼吸回路の損傷などの緊急事態に備えて、酸素投与下の手動式換気装置一式(蘇生バッグ、ジャクソンリース回路など)、気管挿管用器材一式、蘇生用薬剤をベッドサイドに常備しなければならない。

担当看護師が異常事態を随時把握できるシステムであること、医師が即応できる体制であることが望まれる。担当医師、担当看護師はACLS(二次救命処置)・BLS(一次救命処置)に習熟していることが望ましい。

 

人工呼吸器の定期点検

耐用年数を超えた人工呼吸器の定期点検、使用頻度の低い人工呼吸器の定期点検は、頻回にしかも綿密に行うべきである。

 

略語

  • ACLS(advanced cardiac life support):二次救命処置
  • BLS(basic life support):一次救命処置

[文献]

  • (1)日本呼吸療法医学会:人工呼吸器安全使用のための指針第2版.人工呼吸2011;28(2):68-69.

本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

著作権について

この連載

  • 呼吸リハビリテーションってなに? [11/06up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「呼吸リハビリテーション」に関するQ&Aです。   小松由佳 杏林大学医学部付属病院看護部   呼吸リハビリテーションってなに? ... [ 記事を読む ]

  • 人工呼吸器の機種別モード一覧 [08/21up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「人工呼吸器の機種別モード」について説明します。   石井宣大 東京慈恵会医科大学葛飾医療センター臨床工学部技士長   人工呼吸器の機種別モード ... [ 記事を読む ]

  • 人工呼吸中の器械的トラブルは、どのように予防するの? [10/30up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「人工呼吸中の器械的トラブル」に関するQ&Aです。   塚原大輔 日本看護協会看護研修学校認定看護師教育課程特定行為研修担当教員   人工呼吸中の器...

  • 人工呼吸中に圧外傷が起こってしまったら、どうする? [10/23up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「人工呼吸中の圧外傷」に関するQ&Aです。   塚原大輔 日本看護協会看護研修学校認定看護師教育課程特定行為研修担当教員   圧外傷が起こってしまっ... [ 記事を読む ]

  • 人工呼吸器による圧外傷の発見のために必要なフィジカルアセスメントは? [10/16up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「人工呼吸中の圧外傷の予防」に関するQ&Aです。   塚原大輔 日本看護協会看護研修学校認定看護師教育課程特定行為研修担当教員   圧外傷は、ど... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 知っておきたい臨床で使う指標【総目次】 [05/25up]

      根本 学 (埼玉医科大学国際医療センター 救命救急科診療部長)   はじめに 臨床現場で使用することの多い指標は、ナースなら知っておきたい知識の一つです。 指標を上手く使いこなすことができると... [ 記事を読む ]

  • 気管挿管患者の口腔ケア あなたは洗浄派?それとも清拭派? [07/13up]

    気管挿管患者への口腔ケアは、単なる清潔ケアという意味だけではなく、VAP(人工呼吸器関連肺炎)などの合併症を防ぐという意味において、重要な看護技術です。   その口腔ケアの重要なポイントの一つ、口腔内ブラッシングを行った... [ 記事を読む ]

  • 急性間質性肺炎の疑いのある患者さんの聴診音 [09/27up]

    この【実践編】では、呼吸器内科専門医の筆者が、疾患の解説と、聴診音をもとに聴診のポイントを解説していきます。 ここで紹介する聴診音は、筆者が臨床現場で録音したものです。眼と耳で理解できる解説になっているので、必見・必聴です! 初... [ 記事を読む ]

  • 肺癌患者さんの聴診音 [06/21up]

    この【実践編】では、呼吸器内科専門医の筆者が、疾患の解説と、聴診音をもとに聴診のポイントを解説していきます。 ここで紹介する聴診音は、筆者が臨床現場で録音したものです。眼と耳で理解できる解説になっているので、必見・必聴です! よ... [ 記事を読む ]

  • 聴診をする際に役立つ医療器具 [09/06up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 ここでは、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第4話は... [ 記事を読む ]

いちおし記事

思い残し|マンガ・ぴんとこなーす【253】

看護師として働く中で、ナスさんが思うこと。 [ 記事を読む ]

「水泡音」ってどんな音?

肺炎患者さんの聴診音「水泡音」を実際に聞いて確認! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1426
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1303
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1182
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1081
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
935
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
735
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者8456

◆高齢者の問題◆廃用症候群の予防的介入として、適切なものはどれでしょうか?

  • 1.お茶碗につがれたご飯が自力で食べにくい場合はおにぎりにするなど、患者さんに合わせた工夫をする。
  • 2.身体の安静のためにできるだけ長く尿道留置カテーテルを挿入しておく。
  • 3.患者さんから「なんとなく食欲がない」という訴えがあっても、一時的なものなので特別な対応はしない。
  • 4.患者さんから「動きたくない」と訴えがあれば、なるべくリハビリは行わないようにする。
今日のクイズに挑戦!