1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 人工呼吸ケアのすべてがわかる>
  4. 人工呼吸器による圧外傷の発見のために必要なフィジカルアセスメントは?

2018年10月16日

人工呼吸器による圧外傷の発見のために必要なフィジカルアセスメントは?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

今回は「人工呼吸中の圧外傷の予防」に関するQ&Aです。

 

塚原大輔
日本看護協会看護研修学校認定看護師教育課程特定行為研修担当教員

 

圧外傷は、どのように予防すればいいの?

肺胞の過伸展を防ぐ肺保護戦略(一回換気量とプラトー圧の制限)と、肺胞の虚脱・再開通を防ぐオープンラングアプローチ(適切なPEEPをかけること)により、圧外傷を回避します。

 

〈目次〉

 

人工呼吸器による圧外傷

圧外傷は、肺保護戦略など十分なリスク管理を行ったとしても100%予防できるものではない。そのため、患者の治療にあたる医療スタッフが1つのチームとしてカンファレンスなどを行い、圧外傷のリスクに関する共通認識をもつことが必要となる。

毎日の観察のなかでフィジカルアセスメントを行うことで異常の早期発見が可能となり、患者の予後改善につなげることができる。

 

人工呼吸中のフィジカルアセスメント

フィジカルアセスメントとは、患者の主観的・客観的情報を収集し、これらの情報を統合することによって患者の状態を評価することである。

人工呼吸管理を要する患者は、鎮静・鎮痛管理が行われているが、鎮静深度によっては意思疎通が困難な状況にある(ただし、現在は、鎮静より鎮痛を優先して行うことや日中の鎮静中断が推奨されている)。

このような状況において患者の状態を評価するためには、身体診察(フィジカルイグザミネーション)の技術が重要となる(表1)。

表1呼吸のフィジカルイグザミネーション

視診
  • 胸郭の形状・動き
  • 呼吸様式・呼吸パターン
触診
  • 胸郭の動き
  • 胸郭の柔軟性
  • 横隔膜の動き・呼吸補助筋の評価
聴診
  • 聴診部位による呼吸音の評価
打診
  • 打診音の評価

 

フィジカルイグザミネーションと血液検査データ、生体情報モニタ、人工呼吸器のグラフィックモニタなどの情報を統合することにより、患者の呼吸状態を全身状態と関連づけてアセスメントすることが可能となる。

圧外傷発見時に見られる異常所見を表2に示す。

表2圧外傷発生時に見られる異常所見

身体所見
モニタ所見

 


[文献]

  • (1)Hess DR,Kackmarek RM著,新井正康監訳:人 工呼吸ブック.メディカル・サイエンス・インター ナショナル,東京,2007:281.

本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

著作権について

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

著作権について

この連載

  • 人工呼吸中の器械的トラブルは、どのように予防するの? [10/30up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「人工呼吸中の器械的トラブル」に関するQ&Aです。   塚原大輔 日本看護協会看護研修学校認定看護師教育課程特定行為研修担当教員   人工呼吸中の器... [ 記事を読む ]

  • 人工呼吸中に圧外傷が起こってしまったら、どうする? [10/23up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「人工呼吸中の圧外傷」に関するQ&Aです。   塚原大輔 日本看護協会看護研修学校認定看護師教育課程特定行為研修担当教員   圧外傷が起こってしまっ... [ 記事を読む ]

  • 人工呼吸器による圧外傷の発見のために必要なフィジカルアセスメントは? [10/16up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「人工呼吸中の圧外傷の予防」に関するQ&Aです。   塚原大輔 日本看護協会看護研修学校認定看護師教育課程特定行為研修担当教員   圧外傷は、ど...

  • 人工呼吸中の圧外傷は、どのように予防すればいいの? [10/09up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「人工呼吸中の圧外傷の予防」に関するQ&Aです。   塚原大輔 日本看護協会看護研修学校認定看護師教育課程特定行為研修担当教員   圧外傷は、ど... [ 記事を読む ]

  • 圧外傷ってなに?どうしておこるの?|人工呼吸中の合併症 [10/02up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「圧外傷」に関するQ&Aです。   塚原大輔 日本看護協会看護研修学校認定看護師教育課程特定行為研修担当教員   圧外傷ってなに? どうして起こ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

看護師的ナイスフォロー!気が利く同僚たちをご紹介|看護師の本音アンケート

「めちゃくちゃ助かる!ありがとう!」と感激した同僚エピソード。みんなも経験ある? [ 記事を読む ]

患者さんが転倒骨折! 要介護5になった責任はどこに?

実際の医療訴訟をもとにナースが気をつけるポイントを解説。 [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
1404
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日

結婚するなら、同じ医療者がいい?それとも、医療者以外がいい?

投票数:
1386
実施期間:
2019年11月22日 2019年12月13日

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1198
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1128
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
993
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
928
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者774

◆摂食・嚥下の問題◆摂食嚥下の5期モデルの説明で誤っているのはどれか?

  • 1.先行期は食べ物を咀嚼し食塊にする時期である。
  • 2.口腔期は食塊を咽頭に送り込む時期である。
  • 3.咽頭期は食塊を嚥下反射により中咽頭から食道入口部に送り込む時期である。
  • 4.食道期は食塊を蠕動運動により胃の噴門部に送り込む時期である。
今日のクイズに挑戦!