1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A>
  4. 胸腔ドレーンをクランプするとき、 どうしてエアリークを確認するの?

2017年10月01日

胸腔ドレーンをクランプするとき、 どうしてエアリークを確認するの?

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。

今回は「胸腔ドレーンのクランプ」に関するQ&Aです。

吉井真美
大阪市立総合医療センター消化器外科
編著 西口幸雄
大阪市立十三市民病院病院長

 

胸腔ドレーンクランプするとき、どうしてエアリークを確認するの?

エアリークのある状態でクランプすると、緊張性気胸を起こす危険性があるからです。

〈目次〉

 

胸腔ドレーンを挿入する目的は?

胸腔内に気体(気胸)や液体(胸水や血胸、膿胸)が貯留している場合、それによって肺が圧排され、肺の膨張が妨げられて呼吸困難などに陥ります。

胸腔ドレーンは、そのような状態を防ぐため、貯留物を体外へドレナージすることを目的に挿入します(図1)。

図1気胸に対する胸腔ドレナージ

気胸に対する胸腔ドレナージ

 

胸腔ドレーン留置中には、排液の性状や量をはじめ、エアリークの有無、呼吸性移動の有無、ドレナージ経路(チューブ屈曲の有無や接続部)について、定期的な観察が必要です。

 

どのようにエアリークを確認するか?

例えば、気胸に対して胸腔ドレーンを挿入した場合にはエアリークが認められますが、その有無は、排液バッグ(チェスト・ドレーン・バック、)の水封室にブクブクと泡が出ることで確認できます(図2)。

図2チェスト・ドレーン・バックの構造

チェスト・ドレーン・バックの構造

 

ただし、エアリークを認めた場合には、まずその空気漏れがどこで起きているかを見きわめる必要があります。患者の胸腔内ではなく、ドレナージユニットのどこかで空気が漏れていることもあるので、必ずチェックが必要です。

 

なぜエアリークの確認が必要なのか?

胸腔ドレーンをクランプするということは、ドレナージをストップさせることと同じであり、もしもエアリークが持続している状態でクランプすると、空気を体外へ出すことができなくなるため、胸腔内にどんどん空気が貯留します。緊張性気胸を生じ、非常に危険です。

したがって、クランプする際には、必ずエアリークのないことを確認してから行わなければなりません。

 


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典] 『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』 (編著)西口幸雄/2014年5月刊行/ 株式会社照林社

著作権について

この連載

  • 尿道カテーテル留置が長期になる 場合、定期的な交換が必要? [10/29up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「尿道カテーテルの留置」に関するQ&Aです。 上川禎則 大阪市立総合医療センター泌尿器科部長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ... [ 記事を読む ]

  • 離床の際、現在はドレーンをクランプしないって本当? [10/15up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「離床の際のドレーンのクランプ」に関するQ&Aです。 黒岩志津 大阪市立総合医療センター看護部 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長  ... [ 記事を読む ]

  • 胸腔ドレーンをクランプするとき、 どうしてエアリークを確認するの? [10/01up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「胸腔ドレーンのクランプ」に関するQ&Aです。 吉井真美 大阪市立総合医療センター消化器外科 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ...

  • ドレーンのミルキングは 行っていいの?悪いの? [09/17up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「ドレーンのミルキング」に関するQ&Aです。 中島隆善 医療法人明和病院外科医長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ド... [ 記事を読む ]

  • 持続吸引ドレーン挿入時、貯留液(血液)がどのくらい増えたら危険? [09/03up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「接続吸引ドレーン挿入時の貯留液」に関するQ&Aです。 池田克実 大阪市立総合医療センター乳腺外科担当部長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

点滴の留置針交換でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(8)

タイミングの違いに関する3年目ナースのお悩み。あなたの職場ではどんなルールがある? [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1303
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1206
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1058
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1018
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
803
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
349
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者304

◆栄養の問題◆5大栄養素についての説明で、誤っているのはどれでしょうか?

  • 1.糖質(炭水化物)1gから約4kcaLのエネルギーが得られる。
  • 2.脂質は糖質やタンパク質に比べて1g当たりのエネルギー量が低い。
  • 3.タンパク質は消化・分解されるとペプチドを経てアミノ酸となる。
  • 4.電解質は、脱水や嘔吐、下痢などで喪失しやすい。
今日のクイズに挑戦!