1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A>
  4. 持続吸引ドレーン挿入時、貯留液(血液)がどのくらい増えたら危険?

2017年09月03日

持続吸引ドレーン挿入時、貯留液(血液)がどのくらい増えたら危険?

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。

今回は「接続吸引ドレーン挿入時の貯留液」に関するQ&Aです。

池田克実
大阪市立総合医療センター乳腺外科担当部長
編著 西口幸雄
大阪市立十三市民病院病院長

 

持続吸引ドレーン挿入時、貯留液(血液)がどのくらい増えたら危険?

一般的には、1時間あたり100mL以上の“血性”排液が続く場合は危険です。

〈目次〉

 

なぜ“血性”排液は危険?

持続吸引ドレーン(J-VAC ドレナージシステム、SBバックスリムなど、)は、術部での出血の有無を知るための情報(インフォメーション)ドレーンの役割を果たします。

排液の量も重要な情報ですが、排液の性状もきわめて大切な情報です。

通常は、ドレーンの排液は、術直後は血性から淡血性ですが、しだいに淡黄色(漿液性)に変化していくものです。

ドレーンからの排液は、出血だけでなくリンパ液や組織からの滲出液もありますので、1時間あたり100mL以上の排液量であっても血性の場合と淡血性や漿液性の場合では意味合いが異なります。一般的に、血性で100mL/時以上の排液が持続している場合は、術後出血を考慮します(1),(2)。

しかし、体位変換などにより、十分吸引できなかった術部の貯留液が急に出てくる場合もあり、一時的に排液量が増加することもあるので、その量が持続するかどうか、その後の性状(血性が淡くなっていくか)にも留意する必要があります。

 

術後出血の確認はどのように行う?

術後出血している場合には、凝血塊にてすぐにドレーンが閉塞してしまうこともあります。特にJ-VACドレナージシステムやSBバックスリムは細いので、閉塞しやすい欠点があります。閉塞の場合、ドレーン排液量は、出血量推定の参考にはなりません。

ドレーンが閉塞し、かつ出血が持続している場合には、乳がん術後などでは前胸部、腹部の手術では腹腔内に凝血塊と血液が溢れ、創部の腫脹や疼痛、皮下出血斑(前胸部など体表面の場合)の出現や腹部膨隆、腹痛を生じます。また、出血量に応じ血圧低下、脈拍数の増加、四肢の冷感、顔面蒼白、冷や汗などバイタルサインにも影響が出てきます。

出血の有無は、ドレーン排液量・性状だけでなく、バイタルチェックはもちろんですが、ドレーン挿入部、皮膚の色調、局所の腫脹、膨張の有無、疼痛の増強の有無などを総合して判断することが大切です。

 


[文献]

  • (1)小畑智子,鹿子嶋有子,有森寿子,他:見逃してはいけない創部ドレーンの危険なサイン.特集整形外科ナースの創部ドレーン管理ココをおさらいしておこう!,整形外科看護2012;17:934-938.
  • (2)平尾知美,中山美代子:バイタルサイン,ドレーン管理.特集今さら聞けない消化器外科看護のお悩み解決Q&A,消化器外科ナーシング2012;17:782-798.

本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典] 『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』 (編著)西口幸雄/2014年5月刊行/ 株式会社照林社

著作権について

この連載

  • 胸腔ドレーンをクランプするとき、 どうしてエアリークを確認するの? [10/01up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「胸腔ドレーンのクランプ」に関するQ&Aです。 吉井真美 大阪市立総合医療センター消化器外科 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ... [ 記事を読む ]

  • ドレーンのミルキングは 行っていいの?悪いの? [09/17up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「ドレーンのミルキング」に関するQ&Aです。 中島隆善 医療法人明和病院外科医長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ド... [ 記事を読む ]

  • 持続吸引ドレーン挿入時、貯留液(血液)がどのくらい増えたら危険? [09/03up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「接続吸引ドレーン挿入時の貯留液」に関するQ&Aです。 池田克実 大阪市立総合医療センター乳腺外科担当部長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院...

  • 腹腔ドレーンの排液の観察ポイントって何? [08/20up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「腹腔ドレーン排液」に関するQ&Aです。 山中英治 若草第一病院院長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   腹腔ドレーン排... [ 記事を読む ]

  • 術後、ドレーン排液の色調が変化するのはなぜ? [08/06up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「ドレーン排液の色調」に関するQ&Aです。 中島隆善 医療法人明和病院外科医長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   術後... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

【マンガ】それでも看護をする理由~Case.2 みお~(7)

「プリが悪い」「新人が悪い」「先輩が悪い」で終わりでいい? 指導をめぐるさまざまな立場の想い。 [ 記事を読む ]

胃瘻に関する基礎知識

胃瘻の目的や禁忌をわかりやすく解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

payサービス使ってる?

投票数:
1832
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1370
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1258
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1131
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
1039
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
716
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者941

以下のうち、抗がん剤と放射線治療とを併用する化学放射線療法で期待される効果はどれでしょうか?

  • 1.放射線が当たらない部位にある病巣の制御
  • 2.制吐作用
  • 3.抗がん剤の血中濃度の上昇
  • 4.抗腫瘍性サイトカインの増加
今日のクイズに挑戦!