1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A>
  4. 持続吸引ドレーン挿入時、貯留液(血液)がどのくらい増えたら危険?

2017年09月03日

持続吸引ドレーン挿入時、貯留液(血液)がどのくらい増えたら危険?

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。

今回は「接続吸引ドレーン挿入時の貯留液」に関するQ&Aです。

池田克実
大阪市立総合医療センター乳腺外科担当部長
編著 西口幸雄
大阪市立十三市民病院病院長

 

持続吸引ドレーン挿入時、貯留液(血液)がどのくらい増えたら危険?

一般的には、1時間あたり100mL以上の“血性”排液が続く場合は危険です。

〈目次〉

 

なぜ“血性”排液は危険?

持続吸引ドレーン(J-VAC ドレナージシステム、SBバックスリムなど、)は、術部での出血の有無を知るための情報(インフォメーション)ドレーンの役割を果たします。

排液の量も重要な情報ですが、排液の性状もきわめて大切な情報です。

通常は、ドレーンの排液は、術直後は血性から淡血性ですが、しだいに淡黄色(漿液性)に変化していくものです。

ドレーンからの排液は、出血だけでなくリンパ液や組織からの滲出液もありますので、1時間あたり100mL以上の排液量であっても血性の場合と淡血性や漿液性の場合では意味合いが異なります。一般的に、血性で100mL/時以上の排液が持続している場合は、術後出血を考慮します(1),(2)。

しかし、体位変換などにより、十分吸引できなかった術部の貯留液が急に出てくる場合もあり、一時的に排液量が増加することもあるので、その量が持続するかどうか、その後の性状(血性が淡くなっていくか)にも留意する必要があります。

 

術後出血の確認はどのように行う?

術後出血している場合には、凝血塊にてすぐにドレーンが閉塞してしまうこともあります。特にJ-VACドレナージシステムやSBバックスリムは細いので、閉塞しやすい欠点があります。閉塞の場合、ドレーン排液量は、出血量推定の参考にはなりません。

ドレーンが閉塞し、かつ出血が持続している場合には、乳がん術後などでは前胸部、腹部の手術では腹腔内に凝血塊と血液が溢れ、創部の腫脹や疼痛、皮下出血斑(前胸部など体表面の場合)の出現や腹部膨隆、腹痛を生じます。また、出血量に応じ血圧低下、脈拍数の増加、四肢の冷感、顔面蒼白、冷や汗などバイタルサインにも影響が出てきます。

出血の有無は、ドレーン排液量・性状だけでなく、バイタルチェックはもちろんですが、ドレーン挿入部、皮膚の色調、局所の腫脹、膨張の有無、疼痛の増強の有無などを総合して判断することが大切です。

 


[文献]

  • (1)小畑智子,鹿子嶋有子,有森寿子,他:見逃してはいけない創部ドレーンの危険なサイン.特集整形外科ナースの創部ドレーン管理ココをおさらいしておこう!,整形外科看護2012;17:934-938.
  • (2)平尾知美,中山美代子:バイタルサイン,ドレーン管理.特集今さら聞けない消化器外科看護のお悩み解決Q&A,消化器外科ナーシング2012;17:782-798.

本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典] 『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』 (編著)西口幸雄/2014年5月刊行/ 株式会社照林社

著作権について

この連載

  • 胸腔ドレーンをクランプするとき、 どうしてエアリークを確認するの? [10/01up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「胸腔ドレーンのクランプ」に関するQ&Aです。 吉井真美 大阪市立総合医療センター消化器外科 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ... [ 記事を読む ]

  • ドレーンのミルキングは 行っていいの?悪いの? [09/17up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「ドレーンのミルキング」に関するQ&Aです。 中島隆善 医療法人明和病院外科医長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ド... [ 記事を読む ]

  • 持続吸引ドレーン挿入時、貯留液(血液)がどのくらい増えたら危険? [09/03up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「接続吸引ドレーン挿入時の貯留液」に関するQ&Aです。 池田克実 大阪市立総合医療センター乳腺外科担当部長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院...

  • 腹腔ドレーンの排液の観察ポイントって何? [08/20up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「腹腔ドレーン排液」に関するQ&Aです。 山中英治 若草第一病院院長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   腹腔ドレーン排... [ 記事を読む ]

  • 術後、ドレーン排液の色調が変化するのはなぜ? [08/06up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「ドレーン排液の色調」に関するQ&Aです。 中島隆善 医療法人明和病院外科医長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   術後... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(1)

【水曜連載】父のがん発見をきっかけに、「死」について考えるエッセイマンガ。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

今期のドラマ、何が楽しみ?

投票数:
2393
実施期間:
2019年10月25日 2019年11月15日

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1217
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1128
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
969
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
880
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
409
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者834

◆転倒・転落のアセスメントの問題◆誤嚥性肺炎で入院となった83歳男性。末梢の持続点滴と経鼻での酸素投与中で、ポータブルトイレでの排泄の安静制限があります。入院前のADLは自立していましたが、前立腺肥大のため頻尿で、日中は8回、夜間2回程度の排尿がみられます。この患者さんの転倒・転落のアセスメントの対応として適切なものはどれでしょうか?

  • 1.夜間に十分な睡眠ができるように長時間作用型の睡眠薬を投与する。
  • 2.ベッドから立ち上がる際は、オーバーテーブルにつかまって立ち上がるよう指導する。
  • 3.夜間は一人で動くと危ないので身体抑制を行ってもよいか、本人とご家族に尋ねる。
  • 4.患者さんの排泄パターンを観察し、トイレに誘導する。
今日のクイズに挑戦!