1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護技術のなぜ?>
  4. 不用意に床に膝を立てて作業をしてはいけないのはなぜ?|ベッドメーキング

2019年08月02日

不用意に床に膝を立てて作業をしてはいけないのはなぜ?|ベッドメーキング

看護技術のなぜ?ガイドブック

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

今回はベッドメーキング中の注意事項に関するQ&Aです。

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

不用意に床に膝を立てて作業をしてはいけないのはなぜ?

不用意な行動によって、患者を感染の危険にさらさないようにするためです。

病室の床は、患者の分泌物や薬剤によって汚染されている可能性があります。ベッドメーキングをする時に、不用意に床に膝をつくと、看護師自身が媒体になってほかの患者へ感染させてしまう危険性があるということを、常に意識しながら動くようにしましょう。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2016照林社

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 皮膚が汚れるのはなぜ?|清潔援助 [08/07up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は皮膚の汚れに関するQ&Aです。 大川美千代 群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授   皮膚が汚れるのはなぜ? 皮膚が汚れるのは、常に汗や皮脂を分泌す... [ 記事を読む ]

  • 清潔援助を行うのはなぜ? [08/05up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は清潔援助に関するQ&Aです。 大川美千代 群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授   清潔援助を行うのはなぜ? 体を清潔に保つことは、生理学的にも日常... [ 記事を読む ]

  • 不用意に床に膝を立てて作業をしてはいけないのはなぜ?|ベッドメーキング [08/02up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回はベッドメーキング中の注意事項に関するQ&Aです。 大川美千代 群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授   不用意に床に膝を立てて作業をしてはいけないのはなぜ...

  • 作業中、ボディメカニクスを意識する必要があるのはなぜ?|ベッドメーキング [07/31up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は作業中のボディメカニクス(ベッドメーキング)に関するQ&Aです。 大川美千代 群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授   作業中、ボディメカニクスを意識する... [ 記事を読む ]

  • 掛けシーツの足元にタックを作っておくのはなぜ?|ベッドメーキング [07/29up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は掛けシーツの足元のタックに関するQ&Aです。 大川美千代 群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授   掛けシーツの足元にタックを作っておくのはなぜ? ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

思い残し|マンガ・ぴんとこなーす【253】

看護師として働く中で、ナスさんが思うこと。 [ 記事を読む ]

「水泡音」ってどんな音?

肺炎患者さんの聴診音「水泡音」を実際に聞いて確認! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1401
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1279
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1157
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1057
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
887
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
649
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2128

◆高齢者の問題◆廃用症候群の予防的介入として、適切なものはどれでしょうか?

  • 1.お茶碗につがれたご飯が自力で食べにくい場合はおにぎりにするなど、患者さんに合わせた工夫をする。
  • 2.身体の安静のためにできるだけ長く尿道留置カテーテルを挿入しておく。
  • 3.患者さんから「なんとなく食欲がない」という訴えがあっても、一時的なものなので特別な対応はしない。
  • 4.患者さんから「動きたくない」と訴えがあれば、なるべくリハビリは行わないようにする。
今日のクイズに挑戦!