1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護技術のなぜ?>
  4. 一般に橈骨動脈で測定することが多いのはなぜ?|脈拍測定

2019年03月23日

一般に橈骨動脈で測定することが多いのはなぜ?|脈拍測定

看護技術のなぜ?ガイドブック

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

今回は橈骨動脈に関するQ&Aです。

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

一般に橈骨動脈で測定することが多いのはなぜ?

橈骨(とうこつ)動脈は皮膚に近い部分にあり、脈拍が弱い場合でも体表から拍動に触れやすいためです。

手関節の側(母指に近い部分)は皮下脂肪が薄く、血管も皮下組織の浅い部分にあります。また、総頚動脈、上腕動脈に次いで心臓に近い位置にあり、心臓より遠いほかの部位の動脈より脈拍が触れやすいことも、第一選択の理由の1つです。

脈拍を触れることができる血管は、橈骨動脈のほか、頚動脈、上腕動脈、大腿動脈、膝窩(しっか)動脈、後橈骨動脈、足背(そくはい)動脈などがあります。しかし、これらの血管のほとんどは、触れる部位と触れ方に個人差があります。特に足背動脈では、約10%の人は脈拍が触れません。

橈骨動脈は走行部位の個人差が比較的少なく、正常な状態で橈骨動脈の脈拍が触れないことはほとんどありません。

また、わざわざ衣服を脱がなくても測定できるため、緊急時にも即座に脈拍の測定を行うことができます。

 

 

MEMO脈拍の正常値

脈拍は年齢によって変化します。安静時の健康な成人は70~80回/分ですが、新生児では120~140回にもなります。高齢になると60回くらいの人もみられます。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2016照林社

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 食後や入浴後30分以内を避けるのはなぜ?|脈拍測定 [04/06up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は脈拍測定のタイミングに関するQ&Aです。 大川美千代 群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授   食後や入浴後30分以内を避けるのはなぜ? 食事や入浴... [ 記事を読む ]

  • 3本の指(示指、中指、薬指)で測定するのはなぜ?|脈拍測定 [03/30up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は脈拍測定方法に関するQ&Aです。 大川美千代 群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授   3本の指(示指、中指、薬指)で測定するのはなぜ? 脈拍数やリ... [ 記事を読む ]

  • 一般に橈骨動脈で測定することが多いのはなぜ?|脈拍測定 [03/23up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は橈骨動脈に関するQ&Aです。 大川美千代 群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授   一般に橈骨動脈で測定することが多いのはなぜ? 橈骨(とうこつ)動...

  • 激しい運動などで、呼吸が速く深くなるのはなぜ? [03/16up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は運動と呼吸に関するQ&Aです。 大川美千代 群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授   激しい運動などで、呼吸が速く深くなるのはなぜ? 運動をすること... [ 記事を読む ]

  • 男性は腹式、女性は胸式呼吸が多いのはなぜ? [03/09up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は男女の呼吸法に関するQ&Aです。 大川美千代 群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授   男性は腹式、女性は胸式呼吸が多いのはなぜ? 一般に、女性は腹... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

思い残し|マンガ・ぴんとこなーす【253】

看護師として働く中で、ナスさんが思うこと。 [ 記事を読む ]

「水泡音」ってどんな音?

肺炎患者さんの聴診音「水泡音」を実際に聞いて確認! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1423
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1300
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1178
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1078
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
928
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
720
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者7422

◆高齢者の問題◆廃用症候群の予防的介入として、適切なものはどれでしょうか?

  • 1.お茶碗につがれたご飯が自力で食べにくい場合はおにぎりにするなど、患者さんに合わせた工夫をする。
  • 2.身体の安静のためにできるだけ長く尿道留置カテーテルを挿入しておく。
  • 3.患者さんから「なんとなく食欲がない」という訴えがあっても、一時的なものなので特別な対応はしない。
  • 4.患者さんから「動きたくない」と訴えがあれば、なるべくリハビリは行わないようにする。
今日のクイズに挑戦!