1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護技術のなぜ?>
  4. 一般に橈骨動脈で測定することが多いのはなぜ?|脈拍測定

2019年03月23日

一般に橈骨動脈で測定することが多いのはなぜ?|脈拍測定

看護技術のなぜ?ガイドブック

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

今回は橈骨動脈に関するQ&Aです。

一般に橈骨動脈で測定することが多いのはなぜ?

橈骨(とうこつ)動脈は皮膚に近い部分にあり、脈拍が弱い場合でも体表から拍動に触れやすいためです。

手関節の側(母指に近い部分)は皮下脂肪が薄く、血管も皮下組織の浅い部分にあります。また、総頚動脈、上腕動脈に次いで心臓に近い位置にあり、心臓より遠いほかの部位の動脈より脈拍が触れやすいことも、第一選択の理由の1つです。

脈拍を触れることができる血管は、橈骨動脈のほか、頚動脈、上腕動脈、大腿動脈、膝窩(しっか)動脈、後橈骨動脈、足背(そくはい)動脈などがあります。しかし、これらの血管のほとんどは、触れる部位と触れ方に個人差があります。特に足背動脈では、約10%の人は脈拍が触れません。

橈骨動脈は走行部位の個人差が比較的少なく、正常な状態で橈骨動脈の脈拍が触れないことはほとんどありません。

また、わざわざ衣服を脱がなくても測定できるため、緊急時にも即座に脈拍の測定を行うことができます。

 

 

MEMO脈拍の正常値

脈拍は年齢によって変化します。安静時の健康な成人は70~80回/分ですが、新生児では120~140回にもなります。高齢になると60回くらいの人もみられます。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2016照林社

[出典]『看護技術のなぜ?ガイドブック』(監修)大川美千代/2016年3月刊行

参考文献

著作権について

この連載

  • 食後や入浴後30分以内を避けるのはなぜ?|脈拍測定 [04/06up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は脈拍測定のタイミングに関するQ&Aです。 食後や入浴後30分以内を避けるのはなぜ? 食事や入浴、運動などを行うと、自律神経の興奮によって心臓の拍動数が変化し、脈拍数... [ 記事を読む ]

  • 3本の指(示指、中指、薬指)で測定するのはなぜ?|脈拍測定 [03/30up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は脈拍測定方法に関するQ&Aです。 3本の指(示指、中指、薬指)で測定するのはなぜ? 脈拍数やリズムを、より正確に知るためです。そのためには、測定者自身の拍動と患者の... [ 記事を読む ]

  • 一般に橈骨動脈で測定することが多いのはなぜ?|脈拍測定 [03/23up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は橈骨動脈に関するQ&Aです。 一般に橈骨動脈で測定することが多いのはなぜ? 橈骨(とうこつ)動脈は皮膚に近い部分にあり、脈拍が弱い場合でも体表から拍動に触れやすいた...

  • 激しい運動などで、呼吸が速く深くなるのはなぜ? [03/16up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は運動と呼吸に関するQ&Aです。 激しい運動などで、呼吸が速く深くなるのはなぜ? 運動をすることで体温が上昇し、血液中の酸素濃度が低下して呼吸中枢の興奮が起きるためで... [ 記事を読む ]

  • 男性は腹式、女性は胸式呼吸が多いのはなぜ? [03/09up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は男女の呼吸法に関するQ&Aです。 男性は腹式、女性は胸式呼吸が多いのはなぜ? 一般に、女性は腹筋群の発達が男性と比べて悪く、体を締めつける衣服の着用が多いことが、男... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

「白衣の戦士!」で学ぶ癒着性腸閉塞の治療とケア

この春始まった新ドラマを題材に、ナースに必要な医学知識を楽しく解説! [ 記事を読む ]

JCSっていつ、どんなときに使うの?

患者さんを見て、すぐに「JCS●点!」って評価できますか? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師の仕事は好きですか?

投票数:
1322
実施期間:
2019年04月05日 2019年04月26日

腰が痛くて困ったことはありますか?

投票数:
850
実施期間:
2019年04月12日 2019年05月03日

職場の飲み会でお酌しますか?

投票数:
841
実施期間:
2019年04月16日 2019年05月07日

【転職経験者さん限定】前の病院と違っていて驚いたことありますか?

投票数:
249
実施期間:
2019年04月19日 2019年05月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3079

糖尿病の検査法の一つに経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)があります。この検査で用いられる糖の負荷量は何gでしょうか?

  • 1.15g
  • 2.45g
  • 3.75g
  • 4.105g
今日のクイズに挑戦!