1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護技術のなぜ?>
  4. 男性は腹式、女性は胸式呼吸が多いのはなぜ?

2019年03月09日

男性は腹式、女性は胸式呼吸が多いのはなぜ?

看護技術のなぜ?ガイドブック

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

今回は男女の呼吸法に関するQ&Aです。

男性は腹式、女性は胸式呼吸が多いのはなぜ?

一般に、女性は腹筋群の発達が男性と比べて悪く、体を締めつける衣服の着用が多いことが、男性と女性の呼吸法の違いを生んだと考えられます。

呼吸の型には、腹式呼吸と胸式呼吸があります。腹式呼吸は横隔膜を上下させることによって、胸式呼吸は肋間筋の働きで胸郭を広げることによって、呼吸運動を行います。普通は、この2つを組み合わせた胸腹式呼吸を行っていますが、腹筋群が発達している男性は腹式呼吸の傾向が強くなりがちです。

ちなみに、新生児や乳児も腹式呼吸を行いますが、これは肋骨の走行が水平に近く、呼吸に関する筋肉が発達していないので横隔膜の働きだけで呼吸をしているためです。

一方、女性は腹筋群や衣服の関係で、横隔膜の上下運動をしなければならない腹式呼吸が行いにくくなり、胸式呼吸の傾向が強くなります。また、妊娠時に胎児の成長で横隔膜が圧迫されると腹式呼吸が難しくなり、胸式呼吸に傾くようになります。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2016照林社

[出典]『看護技術のなぜ?ガイドブック』(監修)大川美千代/2016年3月刊行

参考文献

著作権について

この連載

  • 一般に橈骨動脈で測定することが多いのはなぜ?|脈拍測定 [03/23up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は橈骨動脈に関するQ&Aです。 一般に橈骨動脈で測定することが多いのはなぜ? 橈骨(とうこつ)動脈は皮膚に近い部分にあり、脈拍が弱い場合でも体表から拍動に触れやすいた... [ 記事を読む ]

  • 激しい運動などで、呼吸が速く深くなるのはなぜ? [03/16up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は運動と呼吸に関するQ&Aです。 激しい運動などで、呼吸が速く深くなるのはなぜ? 運動をすることで体温が上昇し、血液中の酸素濃度が低下して呼吸中枢の興奮が起きるためで... [ 記事を読む ]

  • 男性は腹式、女性は胸式呼吸が多いのはなぜ? [03/09up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は男女の呼吸法に関するQ&Aです。 男性は腹式、女性は胸式呼吸が多いのはなぜ? 一般に、女性は腹筋群の発達が男性と比べて悪く、体を締めつける衣服の着用が多いことが、男...

  • 年齢によって呼吸数が異なるのはなぜ? [03/02up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は呼吸数に関するQ&Aです。 年齢によって呼吸数が異なるのはなぜ? 年齢により、1回の呼吸で換気できる量が異なるため、呼吸数も異なってきます。 新生児は体が小さいの... [ 記事を読む ]

  • 苦しい時、臥位より座位が呼吸が楽なのはなぜ? [02/23up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は呼吸姿勢に関するQ&Aです。 苦しい時、臥位より座位が楽なのはなぜ? 座位や半座位になると横隔膜が下がり、腹部の内臓が重力で下垂するため、横隔膜への圧迫が減少します。そ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

看護roo!サロンで同年代ナースとおしゃべり♪

「他の病院はどうなんだろ?」そんな疑問もお互い話せるチャンス♡ [ 記事を読む ]

血圧測定のときに注意するべきことは?

血圧測定はナースにとってキホンの仕事。だからこそ注意しておきたいポイントを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院で好きな場所はどこ?

投票数:
1307
実施期間:
2019年05月03日 2019年05月24日

自分が描いていた理想の看護師になれている?

投票数:
1122
実施期間:
2019年05月10日 2019年05月31日

【新人限定】「配属先、いつ決まった?」

投票数:
779
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月04日

ケアの優先順位(多重課題)で困った経験はある?

投票数:
1004
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月05日

看護書や医学書で見かける表現で「これどういう意味?」なものある?

投票数:
969
実施期間:
2019年05月17日 2019年06月07日

伸び悩んでる新人、どうやって褒めてる?

投票数:
689
実施期間:
2019年05月21日 2019年06月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2370

90歳代男性、脳血管障害で加療後、肺炎で入院しました。自力で体位変換できず、看護師による体位変換をしています。栄養は経鼻経管栄養です。あなたは、この患者さんの保清中に上腕の皮膚裂傷を発見しました。この患者さんに適していないケアは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.皮膚裂傷を生じているため、皮膚・排泄ケア認定看護師に相談をし、創傷処置を一緒に行う。
  • 2.創傷ケアを行い、体位変換時は四肢を支えながら行った。
  • 3.スキンケアを見直し、皮膚の保湿を重点的に行った。
  • 4.患者さんの栄養について管理栄養士に相談した。
今日のクイズに挑戦!